「伝統」と「最新」が融合したモルディブの極上リゾート!

1904年、型破りな発明家ジョン・ジェイコブ・アスター4世がN.Y.において第一号を世に送り出したセントレジス。100年以上にわたり、革新性と卓越したサービスを提供してきたホテルブランドです。そして2016年11月、モルディブのダール環礁に「セントレジス・モルディヴ・ヴォンムリリゾート」をオープン。こちらはアジアで15番目になります。

モルディブ到着時から、伝統のバトラーサービスの洗礼を受ける

モルディブのマーレ国際空港でホテルスタッフの出迎えを受けた後、高級車ベントレーに乗り込み、リゾートへ渡る水上飛行機の空港へと向かいます。車内で渡されたタブレット端末を操作すると、担当のバトラーが映像でまずはご挨拶。このバトラーが滞在中に細やかなケアを行うことになります。

45分のフライト後にリゾートへ到着すると、映像で見たバトラーがこちらへと迷うことなく歩みより、敬称を付けながらファーストネームで呼びかけてくれます。「どうして、名前を知っているの?」と聞くと、フライト前に撮った記念写真がリゾートへ先に送られてあった、というカラクリでした(その後、写真はフレームに入れて、客室に飾られてありました)。

マーレ国際空港から空路約45分。ダール環礁に2016年11月オープン

海の生物をモチーフにしたデザインに、大人もわくわく

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾートは9ヘクタールの島にヴィラが77棟(アイランド33戸、水上44戸 US$1,667~)。すべてにプライベートプールが付き、140平方メートル以上のゆったりとした間取りになっています。最上位のお部屋は、創始者の名前を冠したジョン・ジェイコブ・アスター・エステート。3ベッドルーム、プールはもちろん、フィトネスやスパもしつらえてあり、広さはなんと1540平方メートル!

水上ヴィラ・ウィズ・プール。こちらで広さ182平方メートル

ヴィラのデザインは、マンタがモチーフ(一見、そうとはわからない……)。ほかにも、ジンベエザメが口を大きく開いたようなバーや、上空から見るとロブスターを模っているスパなど、女性デザイナーがモルディブに訪れ、インスパイアされた海の生物をデザインに取り入れたそうです。

有名なブラッディマリーはジンベエザメをモチーフにしたバーで

メインダイニングの「アルバ」。手前のプールの底はLEDの光が星のまたたきのよう

6か所あるダイニングのうち、メインはビーチサイドにあるモダンイタリアンの「アルバ」。そしてシグネチャーレストランは中国・日本・インド・3か国の料理がそれぞれ分かれたオープンキッチンから供される、アジア料理の「オリエンタル」。

ジンベエザメの口の中からラグーンを眺めているような「ザ・ホエールバー」。名物のアイランドマリーをぜひ!

夕暮れ時に訪れたいのは、「ザ・ホエールバー」。海に張り出したデッキテラスから壮大なサンセットが望めます。カクテルは、ぜひセントレジス名物のブラッディマリーを。各プロパティーでオリジナルのレシピがあり、ここモルディブでは南アジア料理に使われる「カラナマク」というブラックソルトを使い、オウムガイの貝殻に注いだ「アイランドマリー」がいただけます。

ウェルネスやアクティビティのファシリティも最新鋭

「イリディウムスパ」のリラクゼーションエリア

「虹」の意味をもつ「イリディウムスパ」は水上に築かれています。6室のトリートメントルームではナチュラビセを使ったトリートメントのほか、アーユルヴェーダや鍼灸のエキスパートによるパーソナルサービスも受けられます。

心地いい水温の「ブルーホールプール」。スパでトリートメントを受けなくても利用できます

スパと併設した「ブルーホールプール」は、モルディブ最大級の温水の海水プール。水流マッサージが受けられるスポットが点在するプールからは、遮るもののない水平線とラグーンが望めます。

これが「シーボブ」。このまま水中に潜り、スノーケリングで水中を縦横無尽に泳げてごきげん

ダイビングサービスでは「シーボブ」という水中スクーターのような最新マリンアクティビティーが楽しめ、複合レクリエーション施設の「ヴォンムリハウス」内のヨガパビリオンではゼログラビティー・ヨガも体験できます。あらゆる施設で、「最新」や「モルディブ最大」ぞろい。

バトラーさんにスーツケースのパッキングをお願いすると、このようにメッセージも

そして、帰宅後にさらにサプライズが! バトラーにパッキングしてもらったスーツケースを開けると、衣類などが薄紙で包まれ、リボンがかけられています。まるでステキなギフトのよう。そして、バトラーからのメッセージカードも。こういう心づかいに、ギュッとハートを掴まれてしまうのです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子