秋冬にぴったりのカラー「キャメル」を素敵に着こなす女性として思い浮かぶのは、優しさと大人のかわいらしさを漂わせながら、古都・フィレンツェの街を歩く女性たち。ラグジュアリーマガジン『Precious』では、彼女たちにならった好感度抜群の「キャメル」との色合わせを、「フィレンツェ配色」と命名し、 品よくおしゃれな着こなしをお届けしています。今回ご紹介するのは、多彩なイメージを与えつつ洗練された上品さもかなう、きれい色との組み合わせです。

相性抜群!キャメル×きれい色の「フィレンツェ配色」

キャメルは合わせる色でイメージが変化!上級の色合わせで洗練スタイルに

実は、キャメルは、個性の強い色とも相性のよい奥行きのある色。紫を合わせるとノーブルに、赤だと大人かわいく…など、合わせる色により多彩なイメージに仕上がるのもうれしい魅力です。キャメルは、きれい色と合わせることで程よいインパクトが生まれ、優雅に、そしてチャーミングに着映えるのです。

ノーブルな女らしさが際立つ、キャメル×紫の大人配色

カーディガン(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(キートン)、スカート(ストラスブルゴ〈サポート サーフェス〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(showroom SESSION〈アルバス〉)

カーディガンや艶のあるブラウス、タイトスカートといった、正統派アイテム同士の着こなしにこそ、旬のキャメル配色を! 品のよさがより一層高まり、女性らしさも際立つコーディネートが完成します。

大人のかわいらしさを印象づける、キャメル×赤の魔法

エス マックスマーラのニット・マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ステディ スタディ〈ピエール アルディ〉)

キャメルと赤の配色が、カジュアルでありながらエスプリの漂う、魅力的なインパクトを与えます。大人かわいい装いには、バッグと靴に黒を取り入れて、全体のトーンを抑え上品にまとめましょう。


おしゃれ感が際立つ!きれい色との「フィレンツェ配色」コーデ3選

きれい色との組み合わせは、キャメル色をフレッシュに見せ、洗練を印象づける配色。 コンサバになりすぎることなく、好感度の高い着こなしに仕上げるためのポイントは、投入するきれい色を1か所に絞ることです。そして、さらに黒や茶の「締め色」を加えてトーンを抑えること。このふたつをおさえることで、品格漂う大人の「キャメル×きれい色」の装いが完成します。

■1:キャメル×ピンクの幸福感あふれる配色は、ブラウンで締めるのが大人流

エス マックスマーラのダブルフェースのワンピース・マックスマーラのコート(マックスマーラ ジャパン)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ペリーニのバングル(デペッシュモード恵比寿本店)、パイソンのバッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ディ クラッセ/アオイ〈ジャンヴィト ロッシ〉)

リッチなキャメルと甘いピンクの色合わせは、だれからも愛される上品さが。引き締めカラーには黒ではなくブラウンやボルドーを選ぶと、やわらかなトーンを壊さず、優しい印象に仕上がります。

■2:小物で赤を取り入れるだけで、キャメルの装いがハッとするほど印象的に

ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ガウチョパンツ(ADORE)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ)

さまざまなきれい色と相性がよく、主張の強い色も品よく見せるキャメル。そこに、赤のバッグを1点だけプラスして、小粋で華やぎ感のある「フィレンツェ配色」を満喫しましょう。その際、黒の分量を多めにして引き締めると、浮かない着こなしとなります。

■3:好相性のグリーンは、黒で引き締めると仕事シーンでも活躍

ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(アオイ〈トゥイスティー パラレル ユニバース〉、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi for Theory luxe〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉)

洋服でグリーンを投入するときは、ツイードなど生地にニュアンスがあるものを選ぶと無理なく調和します。黒を小物で繰り返すとリズムが生まれ、クラシック&モダンなおしゃれ感漂う装いに!

キャメルときれい色による、好感度抜群の「フィレンツェ配色」の着こなし、いかがでしたでしょうか? きれい色との相性も良いキャメルは、合わせる色により、多彩なイメージを与えつつ洗練された上品さもかなえてくれます。キャメルとともに華やかなきれい色のアイテムを取り入れて、地味になってしまいがちな秋冬コーデに変化をつけてみましょう。

PHOTO :
竹内裕二(S-14/人物)、佐藤 彩(静物) 
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
高橋里奈(Precious専属)
COOPERATION :
横浜赤レンガ倉庫
EDIT&WRITING :
川村有布子、世古京子(Precious)
RECONSTRUCT :
難波寛彦