自粛生活が続いていることで運動不足。太ももやヒップのもたつきが気になるし、パンツがキツくなったように感じる…。今回はそんな下半身太りが気になる方におすすめしたい、内転筋を鍛えるトレーニングです。

内転筋とは、脚の付け根から太ももの内側に付着している筋肉で主に脚を閉じるときに働く筋肉ですが、意識して使ったり鍛えたりしないと弱ってしまいます。歩く時は外側の筋肉でカバーできるので、外側の筋肉ばかり使ってしまうことになり、これがO脚になってしまう原因のひとつなんですよ。

つまり内転筋を鍛えることが、O脚を改善し、まっすぐの美脚に変わっていくというわけ。

でもわざわざ筋トレする時間はないし…という人は、この村木さんが教えてくれるメソッドがおすすめ。たった20秒で完了するし、電車待ち、エレベーター待ちなどの隙間時間にこっそりとできるほど簡単だし、ヒップアップにも効くので、ぜひマスターして習慣化してくださいね。

■Step1:つま先を開いて立つ

両足のかかとはつけたまま、つま先を45度以上開いて立ちます。

つま先を開いて立つ
上体は力を抜いてリラックスし、自然な呼吸を続けましょう。

■Step2:両足のかかとをつけたまま、ゆっくり上げ下げする

両足のかかとをつけたまま、ゆっくりと上げてつま先立ちになります。次にゆっくりとかかとを下す、と上げ下げを20回繰り返します。

上げたときは、さらに上体を上へと伸ばすように、1〜2センチほどグッと引き上げるとヒップアップに効きますよ。

両足のかかとをつけたまま、ゆっくり上げ下げする
太ももを内側にキュッと締めるように意識をするようにしましょう。

【まとめ|こっそり鍛えて美脚&美尻に! 20秒でできる、内転筋トレーニング4か条】
1.下半身太りが気になる人は「内転筋」を鍛えるトレーニングがおすすめ。
2.「内転筋」とは脚の付け根から太ももの内側に付着している筋肉。
3.かかとの上げ下げをして内転筋を鍛えることが、O脚を改善してまっすぐの美脚に変わっていく。
4.このメソッドはたった20秒で完了するし、電車待ち、エレベーター待ちなどの隙間時間にできる。

以上、こっそり鍛えて美脚&美尻に! 20秒でできる、内転筋トレーニングを教えていただきました。

セルフケアは続けることが大事。「誰でも簡単に効果テキメン」のアンチエイジングメソッドに限定して、毎週土曜日にテーマを変えてお届けします。

次回は6月5日の更新です。お楽しみに!

村木宏衣さん
エイジングデザイナー
(むらき ひろい)大手ステティックサロン、整体院、美容医療クリニックでの勤務経験を経て、小顔、リフトアップ、むくみ、ボディメイキングなど女性の悩みに対して、独自の「村木式 整筋」メソッドを確立。2018年「クリニックF」内「Amazing♡ beauty」を開設。最新刊は『10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし』(主婦の友社)。 そしてご自身がプロデュースした美顔器「アメージングローラー」も発売中。「村木式整筋」メソッドのテクニックをセルフケアで簡単に再現できると話題に。Instagram
体験者:長尾優子さん
(45歳・サービス業)
「とっても簡単ですが、ちゃんと太ももの内側に効いているのわかりますね。お尻の筋肉にもしっかりと刺激を与えることができるので、続けていれば下半身がすっきりと変わっていきそう。信号待ち、エレベーター待ちのときには絶対にやろうと思います」
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
松原敬子
EDIT&WRITING :
荒川千佳子