時代を超えて愛される名品「黒タートル」。そのベーシックさゆえ、冬の定番として、日々のコーディネートに欠かせないアイテムになっています。しかし、そんな普遍的アイテムでも、時代性が反映されていないと、いつの間か古くさい印象になってしまうのです。だからこそ、「黒タートル」にもいくつかのデザインパターンが必要。そこで、ラグジュアリーブランドのなかから、さまざまな「黒タートル」を厳選。インナーはもちろん、アウターにも使える黒タートルの万能性を再確認できるコーディネートとともに、その普遍的な魅力をお伝えします。

時代を超えて愛される、ラグジュアリーブランドの「黒タートル」

■1:黒タートルの代表格、すべてが極上のロロ・ピアーナ

ニット[素材:カシミヤ](ロロ・ピアーナ ジャパン〈ロロ・ピアーナ〉)

程よくフィットするシルエットとヒップレングスで使いやすく、ジャケットのインナーにも最適! カシミヤ2/48という空気のように軽いヤーン糸を使用し、ハイゲージで編んだガーゼのような仕上がり。素材、編み方、すべてが極上の逸品です。

■2:隠れ名品として名高い、グッチ定番のリブ編みタートルニット

ニット[素材:カシミヤ](グッチ ジャパン)

おしゃれ上級者たちが、こぞってリピートし愛用しているという評判の逸品。細やかに編まれたリブ編みで気密性が高くて暖か。ぴったりとしたシルエットなのに体の線にも響きにくいので、すっきりと見せる効果が絶大です。丈長でウエスト部分ももたつかないので、パンツやスカートを合わせてもすっきりと着こなせます。

■3:大人のボディラインを美しく演出する、プラダのベーシックニット

ニット[素材:ウール](プラダ ジャパン〈プラダ〉)

ファッションプロの間でひそかな人気を呼んでいるのが、プラダのベーシックニット。薄手なのでアウターのインにはもちろん、カーディガンをプラスすればアンサンブルとしても活用が可能です。広めにとった首元の切り替えがゆったりとした着心地で、タートル特有の息苦しさを和らげます。毎年登場するベーシックアイテムながら、旬の着こなしに適した丈長シルエットにアップデートされており、スカートにインする着こなしなどにも最適です。

デザイン性の高さが魅力!アウターとしても活用したい「厚手の黒タートル」

上から/ニット[素材:ウール](エミリオ・プッチ カンパニー)、ニット[素材:ウール35%・レーヨン30%・カシミヤ20%・ナイロン15%](マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 

■4:コンパクトなシルエットとビジュー使いで、洗練された印象のエミリオ・プッチ

初のウィンターカプセルコレクションより発表されたスポーティーなニットは、ラグジュアリーなスキーリゾートにぴったり。ざっくりとしたカジュアルなアランニットも、タイトなシルエットなのでスタイリッシュに着こなせ、カラーパンツと合わせてもかっこいい! 前身ごろにはストーンとスパンコールがあしらわれ、シックな黒が華やかに。着るだけで絵になる一枚です。

■5:シンプルな黒に、編地で変化をつけ表情豊かに仕上げたマックスマーラ

一見シンプルなタートルニットは、後ろ身ごろにリブ編みを配した技ありのデザイン。後ろのリブ編みにより背中のシルエットがもたつかず、シルエットがややコンパクトになることで、すっきりとした着こなしが楽しめます。程よい丈感がパンツにもスカートにも合う万能タイプで、カジュアルだけでなく、エレガントなスタイルにもぴったり。

厚手の「黒タートル」を、アウターとして取り入れた着こなしなら…

左/ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、スカート(ショールーム リンクス〈セドリック シャルリエ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、ストール(ADORE)、バッグ(ディ クラッセ/アオイ〈アミシ ロンドン〉)、靴(JIMMY CHOO)
右/ニット(ADORE)、ストラスブルゴのシャツ・マッシモ ピォンボのスカーフ(ストラスブルゴ)、パンツ(アマン〈ノティファイ〉)、コート(マッキントッシュ青山店)、バッグ(アノア〈リヴィアナ・コンティ〉)、靴(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)

左/エレガントなアイテムと相性のよい黒タートル。やわらかなタッチのニットは、しっとりとした大人の雰囲気で、シルバーのプリーツスカートを合わせても違和感のないシックな印象に。バッグやシューズでシルバーをリンクさせ、仕上げにファーをあしらってリッチにドレスアップ!

右/ざっくりと編んだオフタートルのニットを主役にした、端正なカジュアルスタイル。旬の着こなしポイントは、インナーに白シャツを合わせること。顔周りがぐっと明るく、黒の重量感も軽やかに仕上がります。アクセントとして、ネイビーとイエローも効かせましょう。

シンプルで飽きがこない!インナーとして取り入れたい、薄手の「黒タートル」

左上から反時計回りに/ニット[素材:カシミヤ70%・シルク30%](クルチアーニ 東京ミッドタウン店)、ニット[素材:カシミヤ70%・シルク30%](ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン ブラック レーベル〉)、ニット[素材:ウール70%・カシミヤ30%](VINCE表参道店〈ヴィンス〉)

■6:コンパクトで細身のつくりが、旬のファッションとも相性抜群のクルチアーニ

しなやかで素肌のような着心地が、このうえなくラグジュアリー。4つのパーツを立体的に仕上がるように編み上げ、ていねいに縫うフルファッション製法により、きれいなシルエットが生まれる工夫がなされています。素材には、チベット山羊のうぶ毛のみを採取したカシミヤにシルクを加えた、なめらかで光沢感のあるものを使用。毛玉にもなりにくい、極上の「黒タートル」なのです。

■7:まずは手に入れたい、ラルフ ローレン ブラック レーベルの上質でクセのないシンプルニット

程よい長さのネック、シンプルな袖口と裾のリブ編み、繊細に編み上げたクラシックなニット。ミニマルで品のあるデザインで、ワードローブに一枚は欲しい、洗練されたシンプルさが魅力です。イタリア製のカシミヤとシルクの混紡糸を使用し、光沢感のある素材もエレガント! 薄地なので、細身アウターのインナーにも活躍してくれそうです。

■8:旬の着こなしへと導く、ヴィンスのおしゃれなオフタートルニット

センターシームをポイントに、流れるような編地のシルエットが優美なニット。ゆったりしながらも、適度なフィット感が旬のフォルムを実現しています。ゆったりとしたオフタートルなので、「首周りがきついのは苦手…」という人にもおすすめです。華やかな印象となるノーカラーコートととの組み合わせほか、アウターとして一枚で着ても様になるデザインです。

薄手の「黒タートル」を、インナーとして取り入れた着こなしなら…

左/ニット(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア)、コート(ボウルズ〈ハイク〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(マイキータ ジャパン〈マイキータ〉)、ネックレス(Theory luxe〈kong qi for theory luxe)、手袋(アマン〈アルポ〉)、バッグ(ブランドニュース〈リース ハドソン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉
右/ニット(ドゥロワー 心斎橋店〈ドゥロワー〉)、ジャケット(VINCE表参道店〈ヴィンス〉)、スカート(ADORE)、スカーフ(エミリオ・プッチ カンパニー)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈ソルト〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、手袋(三喜商事〈ストラネス〉)、靴(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

左/ノーカラーコートのインナーには、タートルネックがマスト! 差し色の黒が、明るいキャメルカラーに引き締め効果もプラスしてくれます。赤いネックレスや靴をアクセントに、大人のエレガンスの完成です。

右/旬のグレージュのムートン製ライダースジャケットは、インナーに黒タートルを合わせ、大人の女性にふさわしい着こなしに。シックな黒で顔映りを引き締めることで、エレガントに着こなすことができるのです。合わせるボトムも黒でつなげ、すっきりと着こなしましょう。

永遠の定番アイテム、「黒タートル」も実はバリエーションが豊富。旬のデザインがそろうラグジュアリーブランドのものなら、今っぽい着こなしも臆することなく楽しめます。これからの季節に、「今までとは違う黒タートル」もウィッシュリストのひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
STYLIST :
白井艷美
EDIT&WRITING :
土橋育子、安村 徹
RECONSTRUCT :
難波寛彦