有名女優からも絶大な信頼を得るスタイリストの犬走 比佐乃さんが、自身の経験値から大人の女性に必要なファッションの選び方を教えていただく連載。第18回目は、犬走さんが毎年自身の誕生日にプレゼントするCOMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)というブランドの魅力について教えていただきます。

犬走 比佐乃さん(さん付け)
スタイリスト
(いぬばしり ひさの)本誌をはじめ数々の女性誌や女優のスタイリングを手がけ、「マダム犬走」の愛称で多くのファンをもつ。30年以上を誇るキャリアと卓越した審美眼で、セレクト&スタイリングする自身の着こなしも、注目を集める。

なぜだか手に取ってしまうのが「コム デ ギャルソン」。敏腕スタイリストが愛するブランドの魅力とは?

犬走さんは、DCブランド全盛期にコム デ ギャルソンやY’sに憧れて購入していたひとり。スタイリストとしてキャリアを積んだ今でも、不思議とつい手に取ってしまうといいます。2012年に川久保玲さんがディレクションするドーバー ストリート マーケットが銀座にオープンしたことをきっかけに、また訪れる頻度が増えたとか。

「ドーバー ストリート マーケットは店員さんも大人の方が多く、落ち着いた環境でお買い物できるので好きです。近くに行くと立ち寄ることが多いのですが、ギャルソンの洋服ってやっぱりデザインが面白くて…見てしまいますよね」

今年の誕生日はルーズなサルエルパンツを自分へのプレゼントに

気づけば毎年自分の誕生日月にギャルソンのアイテムを買っている自分に気づいたという犬走さん。そんなエピソードからも、ブランドへのリスペクトを感じさせます。

大人コーデ_1
犬走さんが購入した、ブラック コム デ ギャルソンのサルエルパンツ

今年は少し個性的な、BLACK COMME des GARÇONS(ブラック コム デ ギャルソン)のサルエルパンツが気になって購入したといいます。

「このボリューム感、いいですよね。若い頃よりも、歳を重ねた今こそ似合うシルエットのような気がして、試着してみたんです。すると、着心地も意外にラクで、買ってしまいました!(笑) スーツ地で柄もグレンチェックとオーセンティックなので、ジャケットスタイルのハズしとして使える点も購入の決め手になりました」(犬走さん)

【犬走さんの私物コーデを拝見】上半身はコンパクトに、レザージャケットで辛口に引き締めて!

このパンツ、実際に履いてみると、たっぷりとした生地が落ちることで裾に重心が寄り、意外にもスッキリとしたシルエットに整うのが秀逸だとか!

大人コーデ_2
ルーズなパンツをシャープなライダースでスマートにコーディネート(犬走さんの私物)

柔らか且つルーズなシルエットのパンツを引き締めるために、犬走さんは、上半身はできるだけコンパクトにまとめるといいます。お気に入りのスタイルは、レザーのライダースジャケットで辛口に仕上げるコーデ!

「全体的に黒っぽく硬質な印象だったので、フリルのあるブラウスをインナーに。普段はあまり甘いテイストのアイテムを取り入れないのですが、パンツとジャケットが辛口なので中和役にはベター。逆の発想で、甘いアイテムを取り入れたい人は、それ以外を辛めにまとめるとしっくりくるかなと思います」。

今回合わせたライダースジャケットは「ASTRAET(アストラット)」のもの。レザーが柔らかいだけでなく、裾にベルトがなく、レディライクで大人っぽく着こなせるミニマルなデザインが気に入っているとか。


人気スタイリストの犬走比佐乃さんから、大人の女性に必要なファッションの選び方を教えていただく連載。第18回目は、個性的なブラック コム デ ギャルソンのサルエルパンツをご紹介しました。

遊び心に溢れたアイテムだからこそ、ベーシックに傾きがちなコーディネートのハズし役として活躍します。スタイリングにマンネリを感じている人はぜひ挑戦してみてください!

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
黒石あみ(小学館)
STYLIST :
犬走比佐乃
WRITING :
津島千佳
EDIT :
石原あや乃
TAGS: