1月14日(月)から開催された時計界の祭典、SIHH(エスアイエイチエイチ、SALON INTERNATIONAL DE LA HAUTE HORLOGERIE)。

カルティエを筆頭に、A.ランゲ&ゾーネ、ヴァシュロン・コンスタンタン、IWCといったリシュモングループに属するブランドのほか、オーデマ ピゲ、エルメス、リシャール・ミルなどのラグジュアリーメゾンが、今年2019年の新作を発表するこの一大イベントが、1月17日(木)に4日間の会期を終えました。

SIHH会場入り口

ファッションの世界と同じように、時計界にもデザインや素材、色などのトレンドがあります。しかしお洋服と違うのは、時計のトレンドはシーズン、長くても半年ほどという「一過性」ではないということ。各社の新作ウォッチのなかで多く見受けられた潮流は、やがてベーシックへと昇華し、根づいていきます。

SIHH2019を終えて印象に残ったのは、レディスウォッチの華やかな「色使い」!

ケースやダイヤル、ストラップ、またはルビーやカラ―サファイアといった色石によって、ラグジュアリーメゾンが、それぞれのクリエイティビティを開花させていました。

【リシャール・ミル】のポップでキュートな時計5選

リシャール・ミルブースの内観も、時計に合わせてポップな色使いに

まず注目したいのは、これまでのイメージとはまったく異なるポップさを前面に押し出した、新たなコレクションを発表したリシャール・ミル。

リシャール・ミルは、1億円超えも当たり前、1,000万円以下のモデルを探すのが難しい!という、非常に高額な商品展開。それでいながら、全世界的に、発売と同時にほぼ完売してしまい、「売るものがない!」といった状態が続いている、近年最も成功している新興ブランドです。

男性の時計愛好家の間では、成功を象徴する、いい意味での「ドヤ時計」の極み的存在として、羨望の視線を集めています。

そのリシャール・ミルが、2019年は女性をメインターゲットにした新作を発表するという事前情報が、ジャーナリストの間に流れたのは2018年末のことでした。それを受けて私たちが予想していたのは、メンズモデルを踏襲したトゥールビヨンなどの複雑機構を搭載し、そこにふんだんにジュエリーをあしらう――といったアプローチ。

しかしフタをあけてみると、これまでのリシャール・ミルのイメージからは想像もできなかった、ポップでキュートな世界が!

ブースにあしらわれた小物も、アイスクリームやフルーツを想起させるものばかり

『ボンボンコレクション』と名付けられたこの新コレクションは、「フルーツ」と「スウィーツ」のふたつのラインでの展開。オフィシャルには「ユニセックスコレクション」ということですが、グラフィカルでカラフルな表現を用いて探求した「甘くておいしい」新境地は、ラブリーなブースの雰囲気からして、女性ユーザーを想定しているマーケット戦略は明らかです。

「大人かわいい」という新境地を開拓したリシャール・ミル。予定価格は¥14,200,000~¥18,400,000と、お値段だけはかわいくありませんが、10種類・各30本世界限定の時計は、ほどなく完売しそうです。

■1:桜色が印象的!「リシャール・ミル ボンボンコレクション スリーズ(さくらんぼ)」

手作業によるアクリルペイントや、「グランフーエナメル」といった芸術的技巧を駆使して、スケルトン仕様のダイヤルにロリポップやフルーツで大人の遊び心を表現。ツイストロリポップをイメージしたリュウズなど、細かいディテールまでとびきりポップ! カーボンTPT、クオーツTPT®というリシャール・ミル独自の特殊素材のケースは、傷つきにくくタフな上に調軽量で、この素材自体がアイコンのひとつに。●時計『RM 37-01 リシャール・ミル ボンボンコレクション スリーズ(さくらんぼ)』 予価¥16,000,000 ●ケース:カーボンTPT®×クオーツTPT® ●ケースサイズ:縦52.65×横34.40㎜ ●ストラップ:ラバー ●自動巻き ※世界限定30本、2019年夏発売予定(リシャール・ミル ジャパン)

■2:やわらかいパステルカラーに気分が上がる!「リシャール・ミル ボンボンコレクション マシュマロ」

カラフルなマシュマロがギュっとつまったようなダイヤルがインパクト大! カップケーキのようなリュウズも、思わず笑みがこぼれるような愛らしさを振りまく。●時計『RM 07-03 リシャール・ミル ボンボンコレクション マシュマロ』 予価¥17,200,000 ●ケース:セラミックス×ローズゴールド ●ケースサイズ:縦45.32×横32.30㎜ ●ストラップ:エナメル ●自動巻き ※世界限定30本、2019年夏発売予定(リシャール・ミル ジャパン)

■3:棒付きキャンディ入り!?「リシャール・ミル ボンボンコレクション ミルティユ(ブルーベリー)」

●時計『RM 07-03 リシャール・ミル ボンボンコレクション ミルティユ(ブルーベリー)』 予価¥14,200,000 ●ケース:カーボンTPT®×クオーツTPT® ●ケースサイズ:縦45.32×横32.30㎜ ●ストラップ:ラバー ●自動巻き ※世界限定30本、2019年夏発売予定(リシャール・ミル ジャパン)

■4:うねる文字盤が飴の模様のよう。「リシャール・ミル ボンボンコレクション スセット(キャンディ)」

●時計『RM 37-01 リシャール・ミル ボンボンコレクション スセット(キャンディ)』 予価¥18,400,000 ●ケース:セラミックス&ローズゴールド ●ケースサイズ:縦52.65×横34.40㎜ ●ストラップ:エナメル ●自動巻き ※世界限定30本、2019年夏発売予定(リシャール・ミル ジャパン)

■5:フルーツたっぷり、元気になれそうな「リシャール・ミル ボンボンコレクション シトロン(レモン)」

時計『RM 18-01 リシャール・ミル ボンボンコレクション シトロン(レモン)』 予価¥15,400,000 ●ケース:カーボンTPT®×クオーツTPT® ●ケースサイズ:縦50.20×横38.00㎜ ●ストラップ:ラバー ●自動巻き ※世界限定30本、2019年夏発売予定(リシャール・ミル ジャパン)

【オーデマ ピゲ】からは、”レインボーカラー”サファイアをあしらったロイヤル オークが登場

リシャール・ミルがポップにハジけた一方で、オーデマ ピゲやカルティエといった老舗のメゾンは、色鮮やかな宝石使いの妙で風格を示しました。

2019年を最後にSIHHから撤退することが発表されているオーデマ ピゲは、25年ぶりというまったく新しいコレクション『CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ』の13モデルを発表したことがトップニュースですが、不朽のアイコン『ロイヤル オーク』のバリエーションも拡充。

スケルトン仕様によってムーブメントの美しさを愛でることができる本格機械式モデルにも、ケース径37㎜で32個ものバゲットカットのカラーサファイアをあしらった、エレガントな新作が登場しました。

ベゼルにバゲットの”レインボーカラー”サファイアがびっしり!「ロイヤル オーク・フロステッドゴールド・ダブル バランスホイール・オープンワーク」

精緻なムーブメントと、優美なグラデーションを描く“レインボーカラー”サファイアの組み合わせは、大胆でいながら繊細。腕につけるとドキっとするほどセンシュアルにエレガンスが香る。●時計『ロイヤル オーク・フロステッドゴールド・ダブル バランスホイール・オープンワーク』 予価 ¥10,900,000 ●ケース:ホワイトゴールド ●ケース径:37㎜ ●ブレスレット:ホワイトゴールド ●自動巻き ※2019年2月発売予定(オーデマ ピゲ ジャパン)

【カルティエ】からは、中国の寺院がモチーフの「タンク シノワーズ」が久々にお目見え

すでにお伝えしたように、『パンテール ドゥ カルティエ』や『ベニュワール』といった名品の新作を発表したカルティエですが、メゾンのオリジナリティを象徴する『カルティエ リーブル』コレクションからも、珠玉のジュエリーウォッチが誕生しました。

なかでも、古くからのカルティエファンにとっては特別な存在である『タンク シノワーズ』の久しぶりの登場は、心躍るニュースです。ルビーやツァボライトといったプレシャスカラ―ストーンとの組み合わせによって、伝説の名品が新たな表情を宿しました。

1920代に誕生した『タンク シノワーズ』は、中国寺院がモチーフ。当時流行したシノワズリ(中国趣味)と、フランスのエスプリが融合した洗練のフォルムに、今年は色石の艶やかさが加わりエレガンスが加速。●時計『タンク シノワーズ レッド ウォッチ』 予価 ¥8,100,000 ●ケース:ホワイトゴールド ●ケースサイズ:縦41×横16㎜ ●ストラップ:アリゲーター ●クオーツ ※世界限定100本、2019年4月発売予定(カルティエ) Philippe Lacombe © Cartier

2019年3月に開催される時計界のもうひとつの祭典『バーゼルワールド』でも、ラグジュアリーメゾンのカラフルな色使いに注目が集まりそうです。

2019年SIHH速報

この記事の執筆者
TEXT :
岡村佳代さん 時計&ジュエリージャーナリスト
BY :
『Precious11月号』小学館、2017年
東京都出身。大学在学中から雑誌『JJ』などで執筆活動を開始。女性向け本格時計のムックに携わったことから、機械式時計に開眼。『Precious』などの女性誌において、本格時計の魅力を啓蒙した第一人者として知られる。SIHHとバーゼルワールドの取材歴は、女性ジャーナリストとしては屈指のキャリアの持ち主。「時計界の裏探偵ファイル」(WWD JAPAN)、「岡村佳代のおしゃべりトゥールビヨン」(クロノス ファム)などを連載中。 好きなもの:海、ハワイ(特にハワイ島)、伊豆(特に下田)、桑田佳佑様、白い花、シャンパン、純米大吟醸酒、炊きたてのご飯、たまご、“芽乃舎”の野菜だし、“エルメス”のバッグと“シャネル”の靴、グレーのパーカー、温泉、スパ、素敵旅館、村上春樹、宇野千代先生、神社、日本の陶器(特に唐津焼)、朝ドラ、ドラミちゃん、長文のインタビュー原稿