クルーズの乗船を予定している人も、憧れている人も、初めてであればいろいろと不安がありますよね。また、すでに乗ったことのある人も、もっとクルーズを楽しむ方法が知りたいということもあるでしょう。

今回は「クルーズ乗船中の過ごし方」を、クルーズ・ジャーナリストの藤原暢子さんに教わります。

イベント盛りだくさんなクルージング旅、代表的な楽しみ方6つ

クルーズ初心者にとって、クルーズ船上で起こることはワクワク・ドキドキの連続であると同時に、未知なる世界に身を置いて何をすればいいか戸惑うことも。船の上ではどんな風に過ごすことができるのでしょうか。

「船の上ではとにかく自由に過ごすことができます。クルーズの旅といえば寄港地ツアーやショッピングも楽しみですが、どの寄港地にも寄らない『航海日』というものが、1クルーズで1~2回は設けられています。そんなクルーズ船上で過ごす1日も、退屈せずに十分楽しめます。

また、寄港地の陸の上で過ごす日も、夕方には食事のために船に戻ってきて、夕食後は劇場でショーの鑑賞や免税店でのショッピング、さらにはカジノやバーなどで楽しめば、あっという間に夜が更けていきます。とにかくアクティビティーが多すぎて、退屈どころかどれを選ぶか迷ってしまうほど。みなさん、思い思いのことを楽しんでいますよ。決まりはないので、興味があることを行ってみましょう」

クルーズ船で楽しめるのは、次のようなエンターテインメント、アクティビティ、イベントが代表的です。

■1:エンターテインメント

夜の過ごし方で人気なのがカジノ

劇場でショーの鑑賞、映画館で映画鑑賞、免税店でのショッピング、カジノやバー、ディスコなど。

■2:スポーツ

F1シュミレーターのあるクルーズ船も

ヨガやテニス、ダンス、ミニゴルフ、プールにおける水泳、洋上ウォーキング、水中バレー、バスケットボール、卓球などのスポーツ。

■3:リラクゼーション

ルームサービスの朝食

客室のバルコニーでのルームサービスやプールサイドでの憩い、スパ、ビューティーサロンなど。

■4:講座、教室

ワインテイスティング講座

寄港地の歴史・文化についての講座、美容や健康についての講座、ワイン教室、料理教室、ナプキン折り教室、手品教室、手芸教室、語学教室、パソコン教室など。

■5:大会、コンテスト

テニスのトーナメント大会があるクルーズ船も

テニスのトーナメント大会などのスポーツ大会や絵画オークション、ビンゴ大会、カラオケ大会、コンテスト各種など。

「船上イベントは、まさにクルーズ船の醍醐味といえます。航海日の船内新聞を見てみると、多くが無料のスポーツ、教養講座、教室、コンテストなど、さまざまなイベントが開催されているのがわかります。興味があるものにぜひ参加してみましょう。

また、船によって楽しめる施設やイベントは異なります。特に講座については各船のオリジナリティーが活かされたものが豊富にあります。例えば、英国のオックスフォード大学の講義やベルリッツの語学教室の講義を受けられる船や、ボウリング場を備えている船もあるほどです」

■6:寄港地でのツアー

もちろん、寄港地での観光やショッピングもクルーズの旅では欠かせない楽しみです。

イタリアでパン工房を訪れるツアー

「1週間のクルーズの場合、4~5か所は寄港し、街巡りができます。寄港地では観光やショッピングを楽しめます。遺跡やビーチなど、思い思いの場所を訪ねて楽しく旅を満喫。船がホテル代わりになるのです」

フランスに寄港した際にはマルシェを訪れるのが人気

クルーズの旅は、通常の陸上の観光やアクティビティーのほかに、船の上で存分に楽しめる体験が盛りだくさん。すべてを楽しむのは至難の業というくらいで、飽きて退屈することはなさそうですね。

【関連記事:豪華客船でも船酔いする?憧れのクルーズ旅を満喫する方法】
【関連記事:クルーズに行く前に!船のランク&客室の選び方のコツ】
【関連記事:ヨーロッパからアジアまで「クルーズ旅」で行くべきエリアは?

藤原暢子さん
クルーズ・ジャーナリスト
(ふじわら のぶこ)20代で世界一周クルーズを体験後、客船の世界に魅せられる。老舗の客船雑誌『CRUISE』編集長を経て、クルーズ・ジャーナリストに。100隻以上の船で約90か国をめぐる。現在も世界の客船でさまざまなエリアをめぐっている。クルーズはホテルと旅の融合のため、陸のホテルや旅行、美食などについても日々研究中。
クルーズA to B
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利