2017年春、女優の桐島かれんさんがクリエイティブディレクターを務める「ハウス オブ ロータス」が、装い新たに再始動。多くのファンが待ち望んでいた、このライフクラフトブランドならではの厳選小物を、展示会に出品されていたもののなかから、いち早くご紹介します。

【関連記事:ハウス オブ ロータス二子玉川店のオープニングの様子】
【関連記事:桐島かれん「ハウス オブ ロータス」2017秋の展示会で新作をチェック!】

ミラノマダムが手がけるゴールドジュエリー

モニカ・カスティリオーニのジュエリーも充実

シンプルすぎず、華美すぎず、個性もある、ミラノのマダムがデザインするモニカ・カスティリオーニのジュエリーたち。これまでのハウス オブ ロータスでもセレクトされていた、桐島かれんさんお気に入りのブランドです。

この華やかなリング、実はふたつのリングが重ねづけされたもの!

モニカ・カスティリオーニのジュエリーも充実! 左/¥22,000、右/33,000(ともに税抜)

ひとつでも印象的で重ねても楽しめる、買い足すのが楽しくなるジュエリーなんです。このほかにも、さまざまなデザインのジュエリーが入荷される予定です。

モニカ・カスティリオーニのジュエリーも充実

春のお出かけが楽しくなる、レザーとカゴが融合した軽快なバッグ

次に気になったのは、レザーとカゴがドッキングした、オリジナルのノスノスバッグ。

オリジナルのノスノスバッグ(かごバッグ)は、洗練されたレザー使いなのにお手ごろプライス

"ノスノス"とは、アラビア語で半分半分という意味。その名のとおり、レザーとカゴがドッキングしています。少しムラのある発色のいいレザーのしっかりしたカゴの組み合わせは、ハンドメイドの温かみがありながらも、仕上がりはスタイリッシュ。ハウスオブロータスならではの、シンプルながら存在感のあるシリーズとなっています。

ノスノスバッグ(かごバッグ)バリエーション

かわいいもの好きな筆者ですが、身に着けるものがほっこりしすぎていると、嫌だな…と感じるタイプ。その絶妙なバランスを形にしてくれているのが、このブランドなんです。全4色3サイズ展開で、¥5,900~11,000とあっては、買わない理由が見つかりません。リーズナブルなので、少し勇気のいる、赤をオーダーしてしまいました!

おうちで履きたいフラワー刺しゅうのバブーシュ

最後にご紹介するのは、オリジナルのバブーシュです。

オリジナルのバブーシュは6000円のお値打ち品

レザーにフラワー刺繍がされたこのバブーシュ(¥6,000/税別)は、色の組み合わせが民族調になりすぎず絶妙! 中敷きの「LH」ロゴは、わざわざ焼き印を作ってエンボスを施したというこだわりっぷり。色違いでそろえたくなるアイテムです。

ハウス オブ ロータスの2017年春の新作小物から、気になったものをいち早くご紹介しました!

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2017.7.8 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
構成/安念美和子