「私はメガネが似合わない!」と思っている人の大半は、メガネをかけることへの苦手意識を払拭できていない人が多いと、眼鏡スタイリストの第一人者である藤 裕美さんはいいます。「第一印象を決める大切なアイテムだけに、選ぶことが難しいと思う人も多いと思いますが、似合うメガネを探すこと自体は、服を選ぶのと同じようなもの。まずはメガネ顔の自分に慣れるために、違うタイプのフレームをできるだけ沢山かけて、感触をつかんでください!」

メガネをかけると「美人」になれるは本当!?

そんな藤さんは、自身のイベントなどで、来場したお客さんに対して、その場で似合うメガネをフィッティングする「即興スタイリング」を実施されています。顔幅や目の位置、顔の輪郭などに加え、トレンドや使用するシチュエーションまでを考慮しながら「ベストワン」を選び抜いてくれるその企画はとても好評で、体験者はみな「メガネ1本で生まれ変わる、自分の中にある別の表情」を発見し、足取り軽やかに帰っていくといいます。

独自のルールと経験値から、それぞれの個性を生かすようセレクトするその様は、まさに神業。今回は、Precious.jp読者10名が体験したメガネフィッティングの実態を、2回に分けてレポートします。「メガネをかけるだけで綺麗になる」は本当!? 十人十色なメガネ選びをご覧ください。

■1:「寄り目にならない」目幅サイズ選びがポイント

藤さん’Sコメント
顔が小さく目と目の距離が狭いため、店頭に並んでいるメガネのなかから、サイズの小さいものや鼻幅が狭いものを選ぶとバランスが取りやすくなります。顔に対してサイズの大きいものをかけると、正面から見たときに、レンズのこめかみ側のスペースが空き、黒目が中心に寄って見えてしまいます。黒目がレンズ幅の中心にくるよう意識しながらメガネを選ぶことで、メガネ美人になれますよ!

体験者:白井真紀さん(専業主婦)
目もとの存在感が強くなった気がします。普段は黒縁の大きいフレームのタイプを使用しているのですが、サイズ感が合ったニュアンスカラーのフレームのものは、優しさや女性らしさを感じさせながらも、ちゃんと主張してくれているのがステキだなと思いました。

■2:キツく見えない「お仕事メガネ」の選び方

藤さん’Sコメント
仕事でもメガネを使用されるとのことですので、カッチリ見せつつも女性らしいやわらかさを感じさせるフレームがオススメです。メタルフレームでもラウンドタイプを選ぶことでメガネの主張を抑えることができ、印象が和らぎます。さらにこちらは、ベージュとグレーが合わさったマーブル生地がリムに使用されているので、肌写りも良くなります。髪の毛を結ぶと若々しく魅せることもできるので、シチュエーションに合わせてアレンジして、表情の変化を楽しんでください。

ピンクのメガネ「Air Titanium SAMMY」¥63,400(グローブスペックス ストア<リンドバーグ> ) 

藤さん’Sコメント
よりやわらかく、優しく魅せたいときには、肌に馴染みやすいクリアーなピンクフレームを選ぶと、話しかけやすい存在になれますよ。

体験者:福山美香さん(麗禅会 代表)
私が実際に使用しているメガネよりつけ心地も軽く、邪魔しないので、仕事効率化にも繋がりそうです。そして、鼻が高くメガネを選ぶのが難しかったのですが、「なるべく欧米のブランドを選ぶこと、そして鼻パットを調節できるメガネを探すこと」など、的確なアドバイスをいただけたので、次を選ぶときには参考にさせていただきたいと思います。

■3:苦手意識を払拭するには、自分のメガネ顔に慣れること!

藤さん’Sコメント
メガネに対する苦手意識が強い方なので、まずは「自分のメガネ顔」に慣れることが必要です。今回は同じフレームの色違いをかけていただきました。同じシェイプでも、べっ甲のものは若干カジュアルなムードに、グレーのものは上品に魅せるなど、変化に気づくことができます。なりたい自分をイメージしながらいろんなメガネをかけていくことで、メガネに対する抵抗が少なくなっていきます。

メガネ慣れをしていない人が鏡を通して自分を見ると、メガネ単体の良し悪しを判断してしまう傾向にあるので、写真に撮って客観的に見てみることをオススメします。そうすることで「私には似合わない!」という思い込みが緩和し「意外と似合うかも!?」と、徐々にマインドチェンジしていけると思いますよ。

体験者:橋本絵里子さん(アークアカデミー 代表)
実際にメガネをかけてみたら、かける前に抱いていた「絶対に似合わない!」と思っていたイメージとも異なり、「意外と似合うかも!?」と思うことができました。「女優になった気分で、メガネで変化する自分を楽しんで」とおっしゃる藤さんのアドバイスを信じて、まずは苦手意識を払拭できるよう、お店でもいろいろなタイプを試してみようと思います。

■4:オーバーサイズでトレンディーな「外し感」を楽しむ

クリアータイプのメガネ「TAIGA」¥34,000(LDJロジスティックス<トラクション プロダクションズ>)

藤さん’Sコメント
お顔立ちがハッキリしている方なので、個性の強いメガネでも負けずに取り入れることができると思います。今日は、トレンドを意識したクリアーカラーのフレームを選んでみました。あえてオーバーサイズでかけることによって、今どき風味な「外し感」を演出することができます。こちらのメガネは、ライトブラウン・ブルー・クリアーと3層の生地を重ねて仕上げられているため、見る角度によって色が変わるという特徴があります。これ1本でさまざまな表情を演出できるという点でもオススメです。

体験者:小島里砂さん(専業主婦)
普段は少し小さいグラスサイズのブラックフレームのメガネをしているので、クリアータのメガネをかけた瞬間、視界が広く開放的に感じました。普段からメガネをかけているものの、どんなフレームタイプが自分に似合うかが分からず、つい無難なものを選びがちだったので、これからは遊び心あるメガネも積極的に取り入れてみたくなりました。

■5:外でも堂々と使える!自慢したくなる「老眼鏡」

藤さん’Sコメント
普段から、前髪と横髪で顔を覆うヘアスタイルを好まれているとのことでしたので、今回は、目元が重くならないよう、あえて小ぶりで華奢なラウンドタイプのフレームを選びました。こちらはブリッジとテンプルにゴールドのマット加工が施されたメタル素材が使用されているので、黒フレームでも強さが緩和されて「かわいらしい印象」を与えることができます。

普段老眼鏡を使用されているとのことでしたが、30代後半から老眼症状を実感する人が多くいると言われています。ほとんどのメガネに老眼鏡加工ができるので、気に入ったフレームのレンズを入れ替えて、外出先でも自然な装いを楽しんでください。人生の半分をともにする老眼と上手くつきあっていくためにも、伊達メガネ感覚で使う日常使い用に遠近両用レンズ、仕事時には中近両用レンズ、近くを見るときには単焦点レンズを選ぶなど、生活スタイルに合わせたレンズ選びを取り入れて、身体への負担も減らしてあげてください!

体験者:斎藤由紀さん(会社員)
メガネ自体は好きで、伊達メガネやサングラスはよくかけます。普段は黒縁のデカフレームを選びがちなので、確かに強い女性に見えがちだったかもしれません。これからは顔全体をキャンパスと捉え、前髪とのバランスも考えながら選んでみようと思います。今までは老眼鏡を外でかけたことがなかったのですが、レンズの差し替え加工もできるとのことなので、いつでも堂々と使えるよう早速利用してみようと思います。

今回は、Precious.jp読者に「メガネでもっと美人になれる!」、その変化を体験していただきました。顔の形や目幅は十人十色。それぞれに似合うメガネは違います。「誰にでも似合うメガネは必ずあります!」というメガネプロである藤さんの意見を参考に、まずはお店で沢山のたくさんのメガネをかけて、「なりたい自分になれるメガネ」を探してみてください。

※掲載した商品の価格は、すべて税抜です

藤 裕美さん
眼鏡スタイリスト
(とう ひろみ)1977年福岡県生まれ。1997年より10年、メガネ店で働く。店長に就任してからは、ショプのプロデュースや買いつけを担当。メガネにより深く携わりたいという気持ちが強まり、2007年に単身で渡独し、ドイツのメガネブランド「frost」に入社。現場制作を中心に、アジア人向けの鼻盛りつくりのアドバイザーも務める。2009年に帰国し、眼鏡スタイリストとしてのキャリアをスタートさせる。現在は、日本国内だけに留まらず、テレビや雑誌、ラジオなどメディアを中心に活躍する。著書に『めがねを買いに』(WAVE出版刊)『あなたの眼鏡はここが間違っている』(講談社刊)がある。
公式HP「眼鏡予報」

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
枝松則之
STYLIST :
藤 裕美
EDIT&WRITING :
石原あや乃