凛としたかっこよさ、そして女性らしく知的な印象を得られるタイトスカート。働く大人の女性にとって欠かせないアイテムのひとつです。ここでは、この春の参考にしたいタイトスカートの着こなしを厳選ピックアップしてお届けします。

【目次】

黒タイトスカートコーデ


【1】黒タイトスカート×ブラウス×ジャケット

【1】黒タイトスカート×ブラウス×ジャケット
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

着丈はヒップラインを覆う72㎝のジャケット。ダブルブレストの本格サルトリアルジャケットながら、スパンコールで描かれたウィンドーペンやコットンリネンのさらっとした着心地がジャケット特有の堅さを払拭してくれます。メンズライクなロングジャケット×とろみスカートの新鮮なコンビネーションの足元は、ヒールで女らしくまとめるのが正解です。

【2】黒タイトスカート×ニット×ピンクジャケット

【2】黒タイトスカート×ニット×ピンクジャケット
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット・スカート(キートン)、ピアス(シャネル)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

装飾を省いた極めてミニマルなデザインながら、大きめテーラードカラーのデザインが豊かで女らしい表情を引き出してくれるジャケット。驚くほど軽いファブリックは触り心地なめらかなカシミヤ100%です。タートルニット×タイトスカートは最愛のブラックでまとめ、小物は知的なスクエア形で統一してクールな印象に。やわらかなピンクとのコントラストが、かえって女らしさを際立ててくれます。

【3】黒タイトスカート×黒タートルネックニット

【3】黒タイトスカート×黒タートルネックニット
ケイトのニット・リカのスカート(ミューズドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店)、サングラス(オリバーピープルズ・東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

プレーンな黒を組み合わせる着こなしは、異なる素材をミックスし、アクセントを効かせましょう。スカートのゴールドボタンやサングラス、ジュエリーでリッチ感をアップさせるのが上級者です。

【4】黒タイトスカート×黒ブラウス

【4】黒タイトスカート×黒ブラウス
ブラウス・スカート・バッグ・靴(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ バイ リカルド ティッシ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

比翼仕立てのシンプルな前立てから伸びる、黒×白のリボンを、裾で結べば、肩の力の抜けたモノトーンスタイルが完成します。ジップアップのタイトスカートを合わせて、まじめなスーツにはない女らしさを楽しんで。端正な配色に妖艶なシルエットが際立つ、新鮮なコンビネーションです。

【5】黒タイトスカート×ピンクブラウス

【5】黒タイトスカート×ピンクブラウス
ブラウス(キートン)、スカート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、ピアス(デビアス) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふんわりとしたシフォンのタイとシルクサテンの艶めきがドラマティックな表情をつくり出すブラウス。夕暮れどきの空を思わせる、憂いを秘めたサンセット・ピンクなら、知的さも漂います。空気をはらんで揺れるタイを際立てるように、ヘアはキュッと束ね、ダイヤモンドのフープピアスだけをひとつ。アヌーク・エーメやフェイ・ダナウエイのように、強さを秘めた女性像を思い浮かべ、黒のタイトスカートで、キレ味よく仕上げましょう。

【6】黒タイトスカート×黒ライダースジャケット

【6】黒タイトスカート×黒ライダースジャケット
靴『ハンギシ』(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉)、ライダースジャケット・タイトスカート(アクネ ストゥディオズ)、ピアス・バングル(デビアス ダイヤモンドジュエラーズ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

しっとりと濡れたような艶を放つ、グレーサテンの『ハンギシ』。素材の製造元にもこだわり、極上のものしか用いないというポリシーから紡ぎ出された極上の色味です。タイトなブラックでかっこいい女性像を目指すときでも、足元には『ハンギシ』を、手元にはダイヤモンドをちりばめ、華やかな魅力を引き出しましょう。

【7】黒タイトスカート×白ブラウス×ロングカーディガン

【7】黒タイトスカート×白ブラウス×ロングカーディガン
ロングカーディガン(アリュード)、ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

フロントがすっきり見える、ノーボタン仕様のロングカーディガン。端正な白ブラウスで、オフィススタイルとしての緊張感をプラス。さらに黒のタイトスカートで、コーディネートに優雅さを加えます。カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることが一番。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しましょう。

【8】黒タイトスカート×白ブラウス

【8】黒タイトスカート×白ブラウス
スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ブラウス(ドレステリア 二子玉川店〈ドレステリア〉)、ネックレス(フィロ・ディ・セタ恵比寿グラススクエア〈アンガー〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2015年

ハリのあるポリエステル混素材のタイトスカート。両サイドに施された同色のサテンシームにより、縦ラインが強調されます。シンプルかつエアリーな風合いのブラウスを合わせることで、黒のタイトスカートも辛口になりすぎません。

【9】黒タイトスカート×カーキプルオーバー

【9】黒タイトスカート×カーキプルオーバー
ブラウス(トラディショナル ウェザーウェア 青山 ウィメンズ店〈トラディショナル ウェザーウェア〉)、ネックレス ・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニ ー・ヴァカレロ〉)、靴(アノア〈 リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

深みのあるカーキ色のプルオーバーブラウスは、抜け感のある五分袖と、体が泳ぐほどのゆったりシルエットで、見た目も着心地も涼やか。黒のタイトスカートを合わせ、シックにまとめるのが、春夏の流儀です。

白タイトスカートコーデ


【1】白タイトスカート×カーキカットソー

【1】白タイトスカート×カーキカットソー
スポーツマックスのトップス・マックスマーラのスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせることで、洗練されたバランスになります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグで、モードな個性を加えます。

【2】白タイトスカート×プルオーバーブラウス

【2】白タイトスカート×プルオーバーブラウス
プルオーバーブラウス[キャミソール付き](ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優雅なフルレースのブラウスも、デザイン性の高いレースなら愛らしさも感じられます。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを全身から放って。

【3】白タイトスカート×ベージュプルオーバー

【3】白タイトスカート×ベージュプルオーバー
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、タイトスカートを合わせてスタイルアップさせましょう。

グレータイトスカートコーデ


【1】グレータイトスカート×カーキブラウス

【1】グレータイトスカート×カーキブラウス
ブラウス・スカート(ザシークレットクロゼット二子玉川〈シクラス〉)、サングラス(ブルガリ アイウエア事業部)、バッグ・ピアス・ネックレス・リング(ブルガリ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2016年

カジュアルなカーキも艶のあるゴールドがかったブラウスとスタイリッシュなタイトスカートを組み合わせれば、女性らしさと品格を感じるコーディネートが完成。ジュエリーとバッグでほんの少しクールな黒を効かせれば全体的に引き締まった印象に仕上がります。

【2】グレータイトスカート×ノーカラージャケット

【2】グレータイトスカート×ノーカラージャケット
ジャケット・スカート・ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(Pred PR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2016年

定番で使い勝手がいいだけに1着は必要なノーカラージャケットとスカートのセットアップ。それだけにワンパターンな印象に陥りがちですが、そこはディテールでランクアップを。細やかな格子柄のノーカラージャケットの相棒は、ソフトコンシャスなタイトスカート。シルク100%の裾のプリーツが歩くたびにたおやかに揺れて、ジャケットのセットアップも威圧感なく、やわらかな印象に仕上げてくれます。

【3】グレータイトスカート×白ブラウス

【3】グレータイトスカート×白ブラウス
スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ(和光〈マウロゴベルナ〉)、バッグに巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるお腹周りをすっきりカバーしてくれる、優れもの。ラップタイプなので、脚さばきもスムーズです。白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます。

【4】グレータイトスカート×ニット×プルオーバー

【4】グレータイトスカート×ニット×プルオーバー
プルオーバー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

マロン・カーキのVネックニットに、ジャージー素材のミディアムグレーのタイトスカートを合わせて。大人の女性らしい余裕と落ち着きが漂う、エフォートレスなエレガントスタイルの完成です。

【5】グレータイトスカート×白シャツ

【5】グレータイトスカート×白シャツ
襟付きシャツ×タイトスカート・リネン混シャツ(ゲストリスト<ザ シャツ バイ アッパーハイツ>)、スカート(マディソンブルー ヘッドストア<マディソンブルー>)、スカーフ(SANYO SHOKAI<マッキントッシュ ロンドン>)、ピアス(ウノアエレ ジャパン<ウノアエレ>)、バングル(リンクス オブ ロンドン青山店<リンクス オブ ロンドン>)、バッグ・靴( JIMMY CHOO) 撮影/坂根綾子

キャリア女性の日常に多く登場する、襟付きシャツ×タイトスカート。きちんと感があり、シルエットが女らしいから、仕事スタイルとして支持されますが、いつも同じような印象に仕上がり、マンネリ化してしまうのも悩みのひとつです。そんなときこそグレー×ベージュ配色にまとめて、新風を吹き込むのも手! その絶妙なグラデーションが、きちんとした装いにまろかやさを生み出してくれ、女らしさも高まります。
 

カーキタイトスカートコーデ


【1】カーキタイトスカート×ネイビーブラウス

【1】カーキタイトスカート×ネイビーブラウス
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

カジュアルなカーキも好感度の高いネイビーを合わせれば、シックな配色に仕上がりクラス感を与えます。ウエスト部分がラッフルになったカーキのタイトスカートで旬な着こなしを。

ロングタイトスカートコーデ


【1】ロングタイトスカート×白ブラウス×ノーカラーコート

【1】ロングタイトスカート×白ブラウス×ノーカラーコート
コート(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、ブラウス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ブレスレット(デペッシュモ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2016年

ロングコートと相性のいいシルエットといえば、タイトスカートです。お互いのシルエットを崩してしまうことなく、ロング&リーンなシルエットをつくります。ホワイトに黒いパイピングがエレガントなノーカラーコート。インナーもモノトーンで合わせ、統一感のある端正なコーデに仕上げます。スカートとコートの裾は同じ丈でそろえてスッキリと。

【2】ロングタイトスカート×カーキブラウス

【2】ロングタイトスカート×カーキブラウス
トップス・スカート(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

今年らしい新鮮さと洗練につながる、アンバー・カーキとネイビーの色合わせ。一枚で様になる個性派トップスを、サテン地のスリット入りタイトスカートで女っぷりよく仕上げます。落ち着いた色調のマルチカラーバッグの今どき感も、着こなしアップデートのカギ!

【3】ロングタイトスカート×カーキシャツ

【3】ロングタイトスカート×カーキシャツ
シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツなら、ぐっと洗練されたムードに。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスを実現します。