蕎麦つゆでいただく豚しゃぶ【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】

『黒豚しゃぶしゃぶ』1人前2,000円(税抜)。ネギをたっぷり包んでヘルシーにいただきます

 大名古屋ビルヂングの【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】では、宮崎県で育った霧島黒豚の豚肉本来の旨みと甘みを引き出すため、あっさりといただける蕎麦つゆをたれに使用した『黒豚しゃぶしゃぶ』を提供。四段仕込みの自慢の蕎麦つゆは、お好みでほんのり柚子胡椒を入れることで、味の深みがさらに広がります。またランチタイムに実施している食べ放題もお見逃しなく。名古屋駅直結の好立地に加えて、広々とした店内には個室・半個室やテーブル席を用意。様々なシチュエーションに合わせて使い分けることができます。

〆には、コシのある風味豊かな蕎麦を

【黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚】の店舗詳細


大迫力のタワー盛りで牛タンしゃぶしゃぶを堪能!【牛タンしゃぶしゃぶと肉創作 源's】

写真は『昆布〆牛タンしゃぶしゃぶ』1人前1,370円(税抜)。『しゃぶしゃぶ野菜盛り』は1人前780円(税抜)

 じわじわと人気を集めている牛タンのしゃぶしゃぶ。中でも今回は、インパクト絶大なタワー盛りが名物の【牛タンしゃぶしゃぶと肉創作 源's】を紹介します。同店の『昆布〆牛タンしゃぶしゃぶ』の肉は、北海道で採取した利尻昆布で昆布〆にして、旨みを凝縮。そのまま味わってももちろんおいしいのですが、ゴボウやネギ、水菜を巻いて食べると、肉の旨みや脂の甘みがより一層引き立つからオススメです。くつろぎの掘りごたつ席や、落ち着いた時間を過ごせる個室も完備しているから、宴会の多い年末年始はぜひチェックしてみて。

『牛タンタワー』4,370円(税抜

肉を3人前以上、野菜盛りを1人前以上オーダーすると、迫力満点のタワー盛り『牛タンタワー』に。忘年会・新年会の盛り上げ役にも最適です。

『〆の特製ちゃんぽん麺(味噌玉付)』680円(税抜)

出汁の旨みを凝縮したスープとともに楽しむちゃんぽん『〆の特製ちゃんぽん麺(味噌玉付)』で〆を。味噌玉を入れると味噌ラーメン、ゴマだれを入れると担々麺風に味わえます。

【牛タンしゃぶしゃぶと肉創作 源's】の店舗詳細


店主オススメの新鮮部位をいただく、贅沢な馬肉しゃぶしゃぶ【馬肉問屋 うまやん】

『ねぎ馬しゃぶしゃぶ鍋』1人前1,093円(税抜)

【馬肉問屋 うまやん】では、刺身としても提供している新鮮な馬肉を、3種の出汁が選べるしゃぶしゃぶでいただけます。さっぱりとした馬肉と、野菜がたっぷりと盛り付けられた、存在感バツグンの鍋料理『ねぎ馬しゃぶしゃぶ鍋』(注文は2人前より)は高タンパク&低カロリーだから、ヘルシー派の女性にも好評です。そのまま食べても、ネギをたっぷり巻いて食べてもおいしい! 

『〆うどん』185円(税抜)

 〆には、スープの旨みをしっかりと吸い込んだ『〆うどん』をどうぞ。また馬肉のアラカルト料理も豊富に揃っているから、鍋と一緒に専門店ならではの馬肉の魅力を存分に味わってみて。気軽に食事を楽しめる屋台のような空間も魅力です。

【馬肉問屋 うまやん】の店舗詳細


純系名古屋コーチンを鶏白湯スープで楽しむ鶏しゃぶ【とりこころ錦店】

『名古屋コーチンの鶏白湯しゃぶしゃぶ』1人前1,945円(税抜)・2人前3,889円(税抜)

「名古屋コーチン」をさらに厳選した高級肉「純系名古屋コーチン」の専門店【とりこころ錦店】。隠れ家のような和の落ち着いた店内で『名古屋コーチンの鶏白湯しゃぶしゃぶ』を満喫! しゃぶしゃぶの鶏肉もスープの出汁も、新鮮な名古屋コーチンだけを贅沢に使用した極上のひと品です。飼育期間が長く丁寧に育てられた名古屋コーチンの鶏肉は、程良い歯ごたえが特長。鶏肉のタンパク質やコラーゲン、野菜などの栄養をしっかりと摂れるところも嬉しい。

『雑炊』278円(税抜)

〆は、鶏白湯スープを残さず味わうことができる『雑炊』か、麺がよく絡む細麺が相性ぴったりです。11月22日には栄に【とりこころ総本店】がオープン予定。

【とりこころ錦店】
電話:052-971-6767
住所:愛知県名古屋市中区錦3-17-3 サンプラザビル1F
アクセス:地下鉄「栄駅」から徒歩1分
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日曜

記事元:ヒトサラ https://magazine.hitosara.com/article/1017/

この記事の執筆者
「料理人の顔が見える」グルメ検索サイト。編集部が培ってきたネットワークやノウハウを通じ、新たな食の愉しみ方や提案する『ヒトサラMAGAZINE』も好評。1.いま行きたいお店がわかる「食トレンド」2.健康的な食生活を提案する「健康美食」3.ぜったい外さないお店選びができる「デート・会食」4.旅で出会った名店を紹介する「旅グルメ」5.食のテーマを掘り下げた「グルメラボ」6.食の愉しみ方や世界観が広がる「連載」。6つのカテゴリーから、役に立つ面白いニュースを発信する。
公式サイト:ヒトサラ
WRITING :
角屋昌也(流行発信)
RECONSTRUCT :
MEN'S Precious編集部