ホワイトカラーのスカートを使ったコーディネートのまとめです。清潔感のある白スカートを女性らしく着こなすための参考に。

【目次】

春夏白スカートコーデ


【1】白スカート×黒ニット×ブルゾン

【1】白スカート×黒ニット×ブルゾン
レザーブルゾン(ムーレー銀座店)、ニット・スカート(ブラミンク)、ペンダント・時計・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

透け感のあるリブニット、ハリのあるコットン素材のスカート…と定番のモノトーンも素材にこだわることで春の気分に。鮮やか色のバッグを投入したら、断然、新鮮に映ります。

【2】白タイトスカート×白プルオーバー

【2】白タイトスカート×白プルオーバー
プルオーバー(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、スカート(ebure)、ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/宮本直孝 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

変形Vネックのスタンドカラーと、清潔感が漂うホワイトとの相乗効果で、聡明さにあふれた美人力を発揮するプルオーバー。コットン混のシャツ生地は、絶妙なハリ感としなやかさを兼ね備えた素材なので、きちんと感がありながらも女らしいニュアンスを演出してくれます。ドロップショルダーと背面のギャザーによるふんわりシルエットを、タイトスカートで引き立てたオフィススタイル。全身白でもメリハリのある洗練されたたたずまいに仕上がります。

【3】白ロングスカート×黒ブラウス

【3】白ロングスカート×黒ブラウス
ブラウス・スカート(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、リング(SIRI SIRI)、靴(ドゥロワー丸の内店〈キャリー フォーブス〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白と黒の強いコントラストが、光に満ちた季節に映えて。モノトーンのシャープな雰囲気をまといながらも、風がするりと通る素材やシルエットを選んで、心地よさという贅沢を味わいましょう。なめらかなシルクブラウスに、清涼なコットンスカートを。指先には、ひんやりと艶めく氷のようなガラスリングで、おだやかな日差しを堪能。

【4】白タイトスカート×白ニット

【4】白タイトスカート×白ニット
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ジェニファー・ロペスは、ミルキーベージュでまとめたハイウエストのタイトスカートスタイルで優雅なグラマラス感を演出。トップスのひじ下に配したミンクファーがリッチな迫力を添えつつ、視線を上に集めるスタイルアップ効果を発揮します。

【5】白タイトスカート×白トップス

【5】白タイトスカート×白トップス
トップス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ 南青山サロン〉)、眼鏡(ケリングアイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ボーダー状にフリンジが施されたノースリーブトップスは、おしゃれ心をくすぐる可憐なデザイン。ピュア白がレフ板効果となり、顔周りがパッと輝いて。ハイウエストのひざ下丈スカートを合わせれば、大人にふさわしい旬のエレガンスに仕上がります。

【6】白レーススカート×ベージュブラウス

【6】白レーススカート×ベージュブラウス
スカート(ADORE)、ブラウス(ルック〈フィラージュ〉)、ピアス・バングル・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ロールカラー+ボウタイがクラシカルな女性らしさを醸すモカベージュのブラウスは、スカートの裏地とさりげなくリンク。レースの繊細な美しさを際立たせつつ、統一感を演出してくれます。黒の小さめバッグで、程よい流行感を香らせるのも、大人ならではの技。モカベージュの裏地に白の繊細なレースを重ね、ウエストは横に、スカートの前後は縦に、黒のリボンレースをグラフィカルに配したひざ下丈タイト。レース端を生かしたスカラップの裾は、前後に2本ずつスリットを入れて、歩きやすさに配慮されています。

【7】白スカート×ブラウス×白コート

【8】白スカート×ブラウス×白コート
スカート(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、コート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレアな袖口が今らしいストライプブラウスで、端正なスカートにモードな遊び心をプラス。白のコートをはおった進化系セットアップスタイルに、キレのいい華やかさを演出してくれます。スカートはコットンシルク仕立てのひざ下丈タイト。前はウエストにステッチを効かせてすっきり仕上げる一方、後ろは中央のボックスプリーツで足さばきのよさも魅力です。

【8】白プリーツスカート×ニット×ネイビージャケット

【9】白プリーツスカート×ニット×ネイビージャケット
ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質なテキスタイルを扱うイタリア「メンキ」社の、ハリとしなやかさを併せもつリネンを使用したジャケット。独特のリラックス感がゆったりホワイトスカートと相性抜群です。

【9】白タイトスカート×ネイビーニット

【10】白タイトスカート×ネイビーニット
スカート(エミリオ・プッチ ジャパン)、ニット(モールド〈チノ〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

フロントを彩る小さなゴールドボタンとスマートなシルエットが、「リッチな白」を印象づけるスカート。黒ニットとつくる休日のモノトーンは、サングラスやバッグなどモダン&スパイシーな小物使いで際立たせましょう。

【10】白スカート×シルバートップス×ストール

【11】白スカート×シルバートップス×ストール
トップス・スカート(キートン)、ストール(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ニュアンスカラーは、ラグジュアリーで洗練された印象だけれど、膨張して見えそう…。そんな悩みを解消した淡色グラデーションの「すっきり見せ」こそ、大人らしいスタイル。

【11】白スカート×シルバートップス

【12】白スカート×シルバートップス
トップス(コロネット〈エアロン〉)、スカート(キートン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、ストール(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ハトメをあしらったマリンテイストの白いスカートを主役に、ボリュームスリーブのシルバートップスで遊び心をプラス。小物は明度の高い色をちりばめて、清涼感を演出しましょう。

【12】白スカート×ブラウス×黒ジャケット

【13】白スカート×ブラウス×黒ジャケット
ジャケット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ブラウス・スカート(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

黒のノーカラージャケットは、インに合わせるアイテムで表情を変えられるのが魅力。格も華やかさも必要な場では、幅広ボウの艶ブラックブラウス+セミマットな白のストレートスカートをコーディネート。ミックス素材のバッグとスエードのパンプスを投入して、端正なシルエットにモードな遊び心や洗練された色香をトッピングしましょう。ラグジュアリーな個性が香って、一目おかれる着こなしに仕上がります。

【13】白スカート×ネイビーブラウス

【14】白スカート×ネイビーブラウス
ブラウス(Vince 表参道店)、スカート (ロンハーマン)、ピアス・リング (TASAKI )バッグ(ストラスブルゴ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

上質なシルク素材でありながら、ビッグフォルムのTシャツのようなリラックス感のあるトップスを主役に。白のエコレザーのスカートを合わせ、リュクスかつ軽やかに。クラスアップには、クロコダイルのバッグが効果的です。

【14】白プリーツスカート×ネイビーカットソー

【15】白プリーツスカート×ネイビーカットソー
靴(ストラスブルゴ〈ブラク ウヤン〉)、カットソー(スローン)、スカート(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、バングル(TOMORROWLAND〈CATHS〉)、バッグ(ebure〈センシ スタジオ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

風をはらんで優しく揺れる、白のプリーツスカートを、甘く転ばせず、これほどまでにかっこよく着こなすことができたら、どんなに素敵でしょう。引き算の着こなしを楽しむように、トップスはごくごくシンプルなノースリーブを。そのぶん、足元にはモノトーンのグラフィカルなサンダルで、小気味いいアクセントを加えましょう。

【15】白スカート×ニット×ジャケット

【1】白スカート×ニット×ジャケット
靴『ジャンヴィト』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、スカート(キートン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(Theory luxe〈Kong qi〉)、ストール(チェルキ〈カングラ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

春らしいスカートスタイルに寄り添うヌードベージュのスエードパンプス。軽やかなポインテッドトウとすらりと伸びたヒールが、清らかな白スカートとマッチして、着こなしをフレッシュに彩ってくれます。

【16】白スカート×白ブラウス

【2】白スカート×白ブラウス
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが秀逸。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出しましょう。丁寧に染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

【17】白スカート×ニット×コート

【3】白スカート×ニット×コート
靴(JIMMY CHOO)、コート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/唐澤光也・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

好感度の高いネイビー×白スカートの着こなしを、パープルの靴で外してより印象的なスタイルに。

【18】白スカート×ベージュプルオーバー

【4】白スカート×ベージュプルオーバー
トップス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、コットンリネンのスカート(ebure)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

パーティーで、グラスを持つ手が映えるような、袖の深いスリットで魅せるプルオーバートップス。ケープをまとうようにエレガントな一着を、オフ白~ベージュにパールでまとめて、圧倒的な気品を醸し出しましょう。長めのボリュームスリーブ×コンパクト丈のシルエットは、スタイルアップして見えるところもおすすめです。

【19】白スカート×白レースブラウス

【5】白スカート×白レースブラウス
プルオーバーブラウス(ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

優雅なフルレースのブラウスも、デザイン性の高いレースなら愛らしさも感じられます。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを全身から放って。

【20】白スカート×グリーンニット

【6】白スカート×グリーンニット
ニット・スカート・バッグ・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

往年のジャッキースタイルを彷彿させる、タートルネックニットとAラインスカートの着こなし。スカートにあしらわれたダブルGのバックルは、グッチの新時代のステートメントです。グリーン×白のビビッドな配色を品格漂うスタイルで楽しみましょう。

【21】白スカート×スパンコールニット

【7】白スカート×スパンコールニット
ニット・スカート・バッグ(アクリスジャパン<アクリス>)、その他/私物

さりげなくスパンコールが煌くニット、シルクジョーゼットを3枚重ねにしてスリットをアシンメトリーにあしらったスカート…。軽やかな色を重ねた装いは、気取らず、スマートなおしゃれが映えるシーンで活躍。鮮やか色が配された小さめバッグをポイントに効かせ、やわらかなトーンをリッチに仕上げましょう。

【22】白ロングスカート×白Tシャツ

【8】白ロングスカート×白Tシャツ

着るだけで美人度がアップする「オールホワイトコーデ」に注目! 春夏に取り入れたい爽やかなスタイルは、今年注目のカジュアルT×ロングスカートで旬な着こなしへ。大人の余裕を感じさせる両サイドのスリットが足元から軽やかさを演出します。オリビアのようにブラウン小物をプラスして、アーバンに仕上げましょう!

【23】白ロングスカート×Vネックプルオーバー

【9】白ロングスカート×Vネックプルオーバー
ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO)、ウエストリボンのひざ下丈スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、透け素材のVネックプルオーバー(ストラスブルゴ〈ロベルタ フルラネット〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

程よく肌の透けるテラコッタカラートップス×ハイウエストボトムで、明るくヘルシーな印象を手に入れたいもの。一日の気温差が激しい日は、薄手の長袖が活躍します。バッグはコンパクトなものを選んで、スマートなスタイルに。

【24】白スカート×白トップス

【10】白スカート×白トップス
トップス・スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

スカートのウエストにあしらった太いリボンベルトが、メリハリシルエットをつくる白のセットアップ。ハリのあるコットン地だから、甘くなりすぎず、程よくカジュアルなのが今年流です。そこに、ノーブルな黒×ゴールドのバッグと靴を配し、ピリリと効かせることで、大人にふさわしいモノトーンの着こなしが完成します。

【25】白プリーツスカート×白トップス

【11】白プリーツスカート×白トップス

女性らしい立ち姿に好感度が上がるエレガントなスカートスタイルは、透け感のある軽やかな素材選びで夏風を感じて。スカートはジャスト膝丈を選べばディ&ナイトに対応。T.P.O.に合わせて選びたいジュエリー&ウォッチは小ぶりを選んで控えめに、靴&バッグで遊ぶと、いいバランスに仕上げることができます。

【26】白ロングスカート×ミリタリージャケット

【12】白ロングスカート×ミリタリージャケット
モードが加速する辛口小物でメリハリ効かせて

カジュアルなミリタリースタイルをレディーにスタイルアップするなら、ホワイトスカートを味方につけた、街中でもひときわ目を引くこちらのマダムをご参考ください! 潔いマキシ丈のロングスカートが、究極のIラインを演出しています。サングラスやバッグなど、辛口な小物と合わせて、玄人オーラを放って。

白スカート×タイツコーデ


【1】白スカート×タイツ×ブルゾン×コート

【1】白スカート×タイツ×ブルゾン×コート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ブルゾン(エリオポール銀座〈チンクワンタ〉)、トップス(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、スカート(コロネット〈J.W.ブライン〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈マッティオリ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ ファーイースト〈ロベルタ ディ カメリーノ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/前田 晃 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ゴム引き素材で仕立てたゆったりシルエットのトレンチ。小粋なカーキ色も今年らしさの決め手に。インナーとスカートで白を配してすっきりとまとめたのがポイントです。

【2】白スカート×タイツ×ニット×ロングジャケット

【2】白スカート×タイツ×ニット×ロングジャケット

クールなスタイルで出かけたい日には、マニッシュに着こなすオリビアのモノトーンスタイルがオススメです。ニット素材のTopshop(トップショップ)のセットアップをモードに格上げするDior(ディオール)のジャケットは、ロング丈を選んで【ブラック:ホワイト=1:1】の黄金比率に仕上げるのが正解。ウエストからチラリと見えるブラックベルトはスタイルにメリハリをつけるための最重要ポイントなのでお忘れなく! 足元のDior(ディオール)のエンジニアブーツが外し技になり、着こなしをこなれて見せています。

白フレアスカートコーデ


【1】白フレアスカート×ベージュニット

【1】白フレアスカート×ベージュニット
ニット(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、スカート(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ブローチ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ストール(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

フロントのゴールドボタンが、クラシカルな雰囲気を醸す白いフレアスカート。ハリのあるコットン素材だから、甘すぎず程よくカジュアルなのが今年風です。トップスは黄みの強いゴールドラメで、顔周りを華やかに演出。胸元のブローチのきらめきも重要なポイントです。

【2】白フレアスカート×白シャツ

【2】白フレアスカート×白シャツ
シャツ・スカート(ステラ マッカートニー ジャパン)、時計『セルペンティ スピーガ』・リング『ビー・ゼロワン デザイン レジェンド』(ブルガリ ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/KEI OGATA BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ハリのあるコットンシャツ地に、ギャザーをたっぷりと寄せたプルオーバートップス。首の後ろ側だけシャツ襟が立ち上がって、広く開いたデコルテを華麗に縁どります。大胆なスパイラルを描く、ホワイトセラミック・ブレスレット時計の都会的な光沢が、圧倒的にモダンなスカートスタイルに仕上げてくれます。

【3】白フレアスカート×黒ニット×ハット

【3】白フレアスカート×黒ニット×ハット
スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ハット(アングローバルショップ 表参道〈エクア アンディーノ〉)、バングル(ドレスアンレーヴ〈ペリーニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店〈カルトガイア〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

ほんのりとした透け感のあるコットンヴィスコース素材のやわらかなスカートは、分量感があっても軽やか。繊細なフリンジが上品になじみつつも、華やかな存在感を発揮します! 甘くフェミニン度の高いマキシ丈スカートをカジュアルに着こなすには、濃い色のシンプルトップスを合わせるのが鉄則。ナチュラルなストロー系の小物で涼やかで優しい印象をプラスしましょう。

【4】白フレアスカート×ネイビートップス

【4】白フレアスカート×ネイビートップス
トップス(ザ シークレットクロゼット神官前〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、時計・ピアス・ペンダント・バングル・リング(ピアジェ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

程よくゆとりのあるトップスと動きのあるスカート。このバランスが、王道の「すっきり見せ」配色の着こなしを鮮度アップ。上下で視線が分断されないように、足元でネイビーをリフレイン。アンクルストラップ&チャンキーヒールが、今らしさと上品な印象をさりげなく演出してくれます。

【5】白フレアスカート×白ブラウス

【5】白フレアスカート×白ブラウス
靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

光に呼応して、艶めくポルカドットが白の装いをドラマティックに彩ります。エレガントなバックストラップ靴なら、スカートスタイルの足元がこんなにも軽やかに!

【6】白ロングフレアスカート×ベージュブルゾン

【1】白ロングフレアスカート×ベージュブルゾン
ブルゾン(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

わずか3㎜と紙のように薄くなめされたゴートスエードのフーデッドブルゾン。驚くほど軽いうえ、まるでベルベットのようなソフトな肌触りも魅力です。淡色グラデーションにまとめたスタイルに、爽やかなブルーのシルクスカーフをひと巻き。顔周りがパッと華やぎ、女性らしい優しさが生まれます。

【7】白フレアスカート×白ニット×コート

【2】白フレアスカート×白ニット×コート
コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット・スカート(アキコオガワ インターナショナル〈アキコオガワ ランジェリー〉)、バッグ(ADORE)、サングラス(ミラリ ジャパン〈マイケル・コース〉)、ネックレス(ピアジェ)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

白をベースにした清潔感のある配色と、フェミニンテイストの掛け合わせは好感度大。紺をリンクさせたバッグと靴は、チェーン付きやポインテッドトウを選ぶと、大人っぽくキレ味よくまとまります。

【8】白フレアスカート×白カットソー

【3】白フレアスカート×白カットソー
トップス・スカート(三崎商事〈マロ〉)、ネックレス・ブレスレット(ツナカンパニー〈ジル・プラットナー〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よくハリのあるニット地なら、体のラインを拾わず、全身白スタイルが楽しめます。足元はブルーグレー×ネイビーのカラーブロックパンプスで全体を引き締めましょう。

【9】白フレアスカート×ストライプシャツ

【4】白フレアスカート×ストライプシャツ
コットンリネンのロングシャツ・リネンベースのサーキュラースカート・バッグ(ロエベジャパン)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチが異なるストライプを縦に、斜めに、リズミカルに配したシャツは、これまでのどこか生真面目なストライプとはまったく違う表情が新鮮です。女らしくウエストを絞りながら、トップもボトムも、ボリューム感たっぷりに。リネン混の季節素材で、ナチュラルな大人の美しさを演出しましょう。

【10】白ロングフレアスカート×カットソー×コート

【5】白ロングフレアスカート×カットソー×コート

春のやわらかな日差しに似合う、オフホワイトを基調にしたヌーディカラーのグラデーションに身を包んだオリビア・パレルモ。一歩間違えれば膨張しやすいホワイトカラーでスタイルアップを目指すなら、彼女のように、ぴったりとし過ぎない余裕のあるシルエット選びがポイントです。足元から軽やかさを演出するChelsea28のフレアなスカートデザインなら、スニーカーとの相性も抜群! マーメイドラインで黄金バランスを叶えましょう。加えて上品なピンクカラーのバッグをセットすれば、フェミニンな大人の休日コーデの完成です!