きれいめファッションブランドのコーディネートをまとめました。この春に着て出かけたいおすすめブランドをご紹介します。

レディース春のきれいめファッションコーデ【ブランド別】


【1】ジョルジオ アルマーニ

【1】ジョルジオアルマーニ
ワンピース・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオアルマーニ〉)、リング・時計( ピアジェ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一日中着ていても美しく快適にいられるジャージーワンピース。ダイヤモンド時計やクラッチバッグ、ポインテッドトウパンプスなど、エレガントな小物を合わせるだけで気品あふれる装いが完成します。

【2】ディオール

【2】ディオール
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーにして仕上げましょう。

【3】ブルネロ クチネリ

【3】ブルネロクチネリ
ブルゾン・ワンピース・バッグ・スニーカー(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ゴールドのスエードブルゾンは、しっとりとした質感や、ボールチェーンで表現したストライプなど、随所にブルネロ クチネリらしい品のよさが漂います。バニラトーンのシルクワンピースで清潔感を演出するのを忘れずに。

【4】ランバン

【4】ランバン
コート・ニット・パンツ・バッグ・ネックレス・ブレスレット・靴(ランバン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

クリーンな配色で着こなす優美なネイビートレンチネイビー×白の清潔感あふれるカラーリングをベースに、ペールピンクのハイゲージニットで春らしいムードを感じさせて。胸元のVゾーンに添えたコスチュームパールのネックレスが、着こなしを盛り上げてくれます。

【5】マイケル・コース

【5】マイケル・コース
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現してくれます。特にネイビーに注目が集まるこの夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

【6】ラルフ ローレン

【6】ラルフローレン
ラルフ ローレン コレクションのジャケット・シャツ・スカート・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

トラディショナルな紺ブレ風のテーラードジャケット。すっきりした細身ながら、ストレッチが程よくきいたウール素材で着心地がよく、フィット感も抜群です。袖まくりをして、軽やかに着こなしましょう。合わせるのはキャメルのスエードスカートで、王道配色の上品なインパクトを味方に。

【7】ボッテガ・ヴェネタ

【7】ボッテガ・ヴェネタ
ブラウス・スカート・ピアス・バッグ※日本橋三越限定(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一見、ごくシンプルな着こなしにも見えますが、深めのネックラインやオーバーサイズなど計算し尽くされたシルクブラウスが秀逸。歩くたびにひらりと揺れるラップスカートも同色でそろえたら、仕上げにクロコダイルのバッグでキレ味を出しましょう。ていねいに染め上げたブルーグラデーションの色調がワントーンスタイルの精度をぐっと上げてくれます。

【8】ジバンシィ

【8】ジバンシィ
ブラウス・スカート・バッグ・靴(ジバンシィ表参道店〈ジバンシィ バイ リカルド ティッシ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

モノトーンの美しさを極めたブラウスの身ごろは、袖に透け感のあるオールブラック。比翼仕立てのシンプルな前立てから伸びる、黒×白のリボンを裾で結べば、肩の力の抜けたモノトーンスタイルが完成します。ジップアップのタイトスカートを合わせて、まじめなスーツにはない女らしさを楽しんで。端正な配色に妖艶なシルエットが際立つ、新鮮なコンビネーションです。

【9】フェンディ

【9】フェンディ
ブラウス・パンツ(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

動くたびに周囲の視線を釘づけにするような、ふっくらとした袖が印象的なブラウス。今季の気分を象徴するような一枚は、コットン素材のブラックで、袖以外はごくシンプルというさじ加減も絶妙です。春もワードローブの基本はブラックという人も、この一枚を手に入れたら新しい気分のおしゃれが楽しめます。

【10】ドルチェ&ガッバーナ

【10】ドルチェ&ガッバーナ
ジャケット・スカート・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

贅沢な総レース仕立て、内側にボーンを入れたグラマラスシルエット…。この特別感を軽やかに楽しめる55㎝着丈が、気分! チュール素材に施されたマクラメレースの軽い着心地と、襟や前身ごろ中央の裏からのぞく白で、春らしい爽やかさと抜け感を演出しましょう。

【11】ステラ マッカートニー

【11】ステラマッカートニー
ワンピース・バッグ・靴(ステラ マッカートニー ジャパン)、ピアス(TASAKI)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ふっくらとボリュームのある袖と、ボディーに心地よくフィットするシルエットの対比が、今年らしいモード感を演出してくれるワンピース。小さなボタンをずらりと並べた前立てのデザインもポイントとなり、個性的な表情に。ミリタリーテイストのカーキは、カジュアル感が高くなるので、チェーンバッグやピンヒールの靴を合わせて、エレガントに昇華させましょう。全身をニュアンスカラーでまとめれば、着こなしに奥行きが生まれ、クラス感のある美しさが漂います。

【12】セリーヌ

【12】セリーヌ
プルオーバートップス・スカート・ピアス・バッグ・靴(セリーヌ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

バッグのクリアな白で際立たせた、迷いのない美しい曲線と、プリーツスカートのしなやかさのバランスが素敵!

【13】ロエベ

【13】ロエベ
コットンリネンのロングシャツ・リネンベースのサーキュラースカート・バッグ(ロエベジャパン)、ピアス(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ピッチが異なるストライプを縦に、斜めに、リズミカルに配したシャツは、これまでのどこか生真面目なストライプとはまったく違う表情が新鮮です。女らしくウエストを絞りながら、トップもボトムも、ボリューム感たっぷりに。リネン混の季節素材で、ナチュラルな大人の美しさを演出しましょう。

【14】ニナ リッチ

【14】ニナリッチ
コットンシルクのコート・シルクのブラウス・シルクのスカート・バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

鋭角的なピークドラペルに、縦ラインを強調するシームなど、研ぎ澄まされたモード感あふれるデザインを、英国調の千鳥格子で包んだ一着。ブラウス&スカートやワンピースが醸し出す女らしさに、ピリリと洗練のスパイスを効かせましょう。チェック×ストライプの柄ミックスが幾何学的ハーモニーを奏で、鮮度の高い着こなしが完成します。

【15】ザ・ロウ

【15】ザロウ
トップス・パンツ・靴(コロネット〈ザ・ロウ〉)、グレコのブレスレット・キョーコ ホンダニューヨークのリング(デペッシュモード恵比寿本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

深いVネックのプルオーバートップスはザ・ロウの定番的アイテム。ゆったりとした優雅なシルエットで、胸元に抜け感があり、素材もしなやかさとハリのバランスが絶妙です。ベーシックカラーのセットアップで、ぜひそろえておきたい逸品です。

【16】マックスマーラ

【16】マックスマーラ
マックスマーラのコート・マックスマーラのブラウス・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラジャパン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ジェローム ドレフュス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

やわらかい色味を緻密に重ねて女性らしさを表現。マニッシュなスエードやローファーも、ハイトーンでまとめることでぐっと女らしく。シンプル・エレガンスの深淵さを引き立てます。

【17】ヴァレンティノ

【17】ヴァレンティノガラヴァーニ
ヴァレンティノのニット・ニットスカート・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・バッグに付けたIDケース・靴(ヴァレンティノ インフォメーションデスク) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

グリーンベースに細いホワイトストライプが配されたプリーツスカートは、歩くたびに裾が戯れ、爽やかなオーラを振りまいてくれます。