ジャケットに着なれるのが大人の女性。だからこそ大切にしたいのが、おしゃれの「ときめき」です。そこで、気分も印象もアップしてくれる旬のキーワード別にアイテムをリサーチ! さりげないけれど、流行感が香り立つコーディネートポイントとともにご紹介します。

着こなしアドバイス付きなので、この中からなりたい女性像に導く運命のスタイルが見つかるはずですよ。

■1:軽やかフェミニンな「ボレロ丈ジャケット」の着こなし方

ジャケット¥48,000(ebure)、ブラウス¥29,000(ルック〈スキャパ〉)、スカート¥52,000(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダスポート〉)、ピアス¥6,500(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ¥109,000・靴¥95,000(セルジオ ロッシ)

きちんとスタイルの最新常識は、肩ひじ張らない、軽やかさ。そこで注目したいのが、カーディガン感覚の「ボレロ丈」のジャケット!ラグランスリーブやエアリーなボリュームが醸すカジュアル感のため、クラシックも脱却できます。

軽やかな抜け感を醸す「ノーカラージャケット」で品格スタイルを更新!

ジャケットは、ネイビー×白のバーズアイ(ごく小さなドット)を黒のレザートリミングが引き締めています。ゆったりとした身ごろとそででノーカラージャケットをモードに更新。このジャケットに端正なブラウス+タイトスカートにはおると、腰位置が高く見えてスタイルアップに。また、こなれたきちんと感も演出できます。さらに華奢な小物を合わせれば、仕事の後にエレガントな予定がある日にも向く装いになりますよ。

■2:知性美が香るロングテーラードジャケットの着こなし方

ジャケット¥362,000・ニット¥45,000・パンツ¥41,000・バッグ¥163,000(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス¥50,000(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計¥1,410,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴¥46,000(アマン〈ペリーコ〉)

知的スタイルの本命、「テーラードジャケット」は、ヒップを隠すロング丈が今らしいバランスをかなえます。しかもその着こなしは、どこかリラックスした雰囲気。精神的な余裕を備えた大人の魅力を物語ります。

ラフさがかっこいい!「ロング丈ジャケット」でこなれた知性を表現

ジャケットは、ピークラペル、ダブルブレスト、サイドベンツ(後ろ身ごろの左右に入ったスリット)と、正統派メンズライクな仕立て。四角い貝ボタンが小粋なアクセント。通常のジャケット製作の約2倍の時間を費やす、サルトリア(仕立服)の技術を駆使して完成します!このジャケットには、キャメルのパンツを投入。かっこよさが際立つビター配色がピッタリです。トップスとパンツの色を、大ぶりバッグでリフレインすると軽やかに迫力アップ。そでをたくし上げたり、白を効かせたりとヘルシーな抜け感を添えられます。

■3:ノーブルに華やぐ「ホワイトジャケット」の着こなし方

どんなシーンでも、抜きん出てラグジュアリーな女性像を物語る……。それが白ジャケットの魔力です。うれしいことに、この春はモードに進化したデザインが充実! なりたい女性像をイメージして、自分らしさを託す運命の一着を手に入れましょう。

ジャケット[共布ベルト付き]¥199,000(エストネーション〈パラス〉)、ビスチェ¥32,000(コロネット〈エアロン〉)、パンツ¥34,000 (MOGA)、ピアス¥1,770,000・ネックレス¥560,000・リング¥406,000(TASAK〈I TASAKI〉)、バッグ¥163,000(JIMMY CHOO)、靴¥99,000(セルジオ ロッシ)

パーティでは、ベルテッドジャケットで洗練された色香が漂うモノトーンスタイルがベスト。ジャケットは、下襟とポケット口に配したサテンビスコース素材が特別感の決め手です。幅広サッシュベルトで女らしくスタイルアップ。このジャケットに、黒のトップス+パンツに、ネックレスやバッグ、靴で煌きらめく縦ラインを演出すると、スタイルのよさと洗練を両立できます。ほの暗い照明の下で映える、マットと艶、質感の異なる素材の組み合わせが最高! パンプスはデイリーと一線を画す、ジャケットスタイルをミステリアスに輝かせるメタリックカラーが似合います。

ジャケット¥87,000(アマン〈アンスクリア〉)、ニット¥88,000(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ¥59,000(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、イヤリング¥92,000・バングル¥161,000(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ¥170,000(バリー 銀座店)、靴¥141,000[オーダー価格](J.M. WESTON 青山店)

オフィスでは、春らしいスイート配色にシルバーを効かせて澄んだモード感をプラスしましょう。ジャケットは、爽やかなリネンビスコース素材で。センターベント、本開きのそでの本格仕様に、ノーボタンという今らしい遊びで進化します。軽くはおれるノーボタン仕様のロングテーラードが今らしさの決め手です。このジャケットはヒップを隠す着丈なので、パステルピンクパンツと合わせると脱・膨張できます!またパステルピンクの細身ストレートパンツは春らしさが香り立つ仕事スタイルを演出。淡い春配色を堂々、楽しんでみましょう。

ジャケット¥280,000(キートン)、ブラウス¥31,000(三喜商事〈マレーラ〉)、ガウチョパンツ[4月中旬頃発売予定]¥39,000(REYC)、ピアス¥6,000・ネックレス¥8,500(ヴァンドーム ヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ¥170,000(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ1915〉)、靴¥99,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

会食では、顔回りを品よく輝かせるホワイトレイヤードで着席シーンを意識するのが正解。ジャケットは、ダブルクレープ一枚仕立て。大きなパッチポケットと後ろベルトがウエスト位置を高く見せ、どんなボトム合わせでもスタイルよく見えるように。このジャケットのインナーはジャケットのすそからのぞかせるレイヤードにすると、いきいきとしたエレガンスを演出できます。さらにスカートライクな黒のガウチョパンツと組み合わせると、モードもエレガンスも知るおしゃれの奥行きを出してくれるでしょう。

ジャケット¥48,000(Theor y l uxe)、ニット¥12,000(八木通商〈ルトロワ〉)、スカート[共布ベルト付き]¥43,000(三喜商事〈イレブンティ〉)、サングラス¥30,000(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ¥28,000(MOGA)、ピアス¥22,000・ブレスレット¥30,000(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥63,000(JIMMY CHOO)

休日には、ふんわりスカートをカーディガン感覚で組み合わせると大人かわいい品格カジュアルを完成。リラックスした女らしさが出ます。ジャケットは、ノーボタン、センターベントで動きやすくて、今らしい一着。爽やかな肌触りのリネンビスコース素材は、街歩きを楽しみたい春夏の休日にぴったり。ホワイトジャケットと爽やかな対比をなす、ネイビーインナーが若々しい印象の決め手です!

■4:きれい色に心弾む「ツイードジャケット」の着こなし方

ジャケット¥99,000(ルック〈スキャパ〉)、ブラウス¥22,000(Theory luxe)、パンツ[共布ベルト付き]¥76,000(MOGA)、時計¥700,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴¥93,000(セルジオ ロッシ)

着ていると必ずほめられる…無敵の美人効果を放つのが、「カラーツイードジャケット」です。ざっくりとした風合いがこなれ感を醸すだけでなく、長時間着ても疲れない軽やかさと清涼感までも備えて……。ロングシーズン、頼りになる存在に!

きれい色×艶が響き合う、あでやかなツイードで遠目にも華やぐ女性に

ジャケットは、春の日差しに映えるマルチカラー×ゴールドラメのツイードのノーボタンのもの。手元のおしゃれを楽しめる7分そで、ウエスト位置を高く見せるフリンジが活躍度と着映えの決め手。気負いなく着こなせるボレロテイストが気分!この華麗なボレロ風ジャケットにハイウエストのスエードワイドパンツを合わせて視線を上に集めれば、歩いてもたたずんでもスタイルよく見えます。

■5:軽やか優雅な「コートジャケット」の着こなし方

ジャケット¥79,000(ルック〈フィラージュ〉)、ニット¥36,000(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ¥39,000(三喜商事〈アルト〉)、ピアス¥200,000(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス¥88,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル¥12,000(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ¥73,000(アマン〈ザネラート〉)、靴¥30,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

進化形アイテムとしての「存在感」で選ぶなら、断然コートジャケット!ヒップをゆったりと覆う着丈は合わせるボトムを選ばず優雅な迫力を演出します。肌映えのする色にこだわれば、遠目にも別格の女性像が実現。

知的なエレガンスが香るブルー配色の装いを旬バランスで今らしく

ジャケットは、しなやかなウールベース素材。センターベント仕様で、歩くたびにいきいきと表情が変化。なだらかなV開きが前を開けたときにすっきり見える縦ラインを生み出します。このジャケットは上半身を小さく見せるインナーとヒールパンプスを合わせると、脚長効果が。またロング丈ジャケットと美脚シルエットの足首見せパンツは小粋で軽やかな印象になります!

■6:辛口エレガントな「ジップアップジャケット」の着こなし方

ジャケット¥58,000・スカート¥24,000(ebure)、ニット¥32,000(Theory luxe)、ピアス¥160,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)、バングル¥11,000(ヴァンドームヤマダ〈ロバートリー モーリス〉)、バッグ¥117,000(ピエール アルディ 東京)、靴¥107,000(JIMMY CHOO)

ジャケットのきちんと感に、クールな迫力をトッピング……。ジップアップジャケットは、スポーティな切れ味でたたずまいをブラッシュアップ!シンプル&エレガントなオンの着こなしを、一瞬にして最旬に導く効果は必見です。

スポーティに洗練されたジャケットスタイルをエレガント小物で彩って

ジャケットは、軽く爽やかなリネン素材。フロントやそで口のジップが辛口のモード感を醸す一方、ウエストにはハンドワーク風ステッチをあしらって高級感をトッピング。上品なノーカラーをフレッシュに着こなせるフロントとそで口のジップがおしゃれ心をくすぐります。このジャケットは、クールな印象になりすぎないように配色バッグやインパクトパンプスでモードな彩りを添えて。凛とした女らしさが香る、ひざ下丈タイトスカートでモード&エレガントなコーディネートに。

■7:爽やかな気品で魅せるストライプジャケットの着こなし方

ジャケット¥82,000(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)、ニット¥16,000(ebure)、パンツ¥47,000(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス¥338,000(TASAKI〈TSAKI〉)、バッグ¥135,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥74,000(JIMMY CHOO)

清涼な知性美が心に響くストライプのジャケットは、初夏のマスト・ハヴ。本格仕様の仕立てが醸すメンズライクなかっこよさを気負いなく楽しめるオーバーサイズシルエットで、上品モードな着こなしを実現。

存在感のある柄が主役!優しい知性が香り立つアースカラーの着こなし

ジャケットは、ダンディなピークラペルやシングルブレスト、センターベント、内ポケット……。メンズライクな要素を、オーバーサイズという最旬のバランスでモードに昇華。あえて脱・ブラック!大人の余裕を感じさせるナチュラル&シックなベージュ系は今春の注目色です。このジャケットは、流行のワイドパンツを合わせると迫力モードに。センタープレスが効いたキャメルベージュのワイドパンツは優しい知的スタイルになります。その一方で、襟元にパールネックレスを配してクラシカルなラグジュアリー感を添えるのが大人の流儀です。

以上、どれも上質な素材で端正なシルエットの「大人の着映えジャケット」をご紹介しました。旬の遊び心と見事に調和しています。はおった瞬間、なりたい女性像をかなえるパワーを発揮するはず。日々の自信服として、上記のジャケットを取り入れたコーデを楽しんでみてくださいね。

PHOTO :
熊澤 透(人物)、唐澤光也・池田 敦(パイルドライバー/静物)
STYLIST :
望月律子(kind)
HAIR MAKE :
川原文洋(UM)
MODEL :
生方ななえ、REI
EDIT :
岡本治子、喜多容子(Precious)