さまざまなシーンで活躍する黒ジャケットの着こなしを、黒ジャケット×白パンツ、黒ジャケット×グレーパンツなどの合わせるボトム別にご紹介。

【目次】

黒ジャケット×白パンツ


【1】黒ジャケット×白パンツ×白インナー

【1】黒ジャケット×白パンツ×白インナー
ジャケット・パンツ・トップス(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ネックレス(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

カットソージャケットを主役にしたコーディネート。はおりもの感覚で軽やかに着られて、ラフな表情がかっこいい。前を開けて、ジュエリーをプラスしても好バランスに決まります。

【2】黒ジャケット×白パンツ×黒インナー

【2】黒ジャケット×白パンツ×黒インナー
ジャケット[パンツとのセット価格](ディースクエアード 東京〈ディースクエアード〉)、ブラウス(アパルトモン青山店〈ティビ〉)、パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ベルト・バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、ネックレス・ブレスレット・バングル(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フォーマル感を重視するなら、モノトーンをベースにするのがおすすめ。キャメル色の小物が、辛口配色に女らしさと軽やかさを授けてくれます。

【3】黒ジャケット×白パンツ×水色インナー

【3】黒ジャケット×白パンツ×水色インナー
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケット。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならではです。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意。

黒ジャケット×黒パンツ


【1】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー

【1】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー
パンツ・ジャケット・トップス・バッグ(ジョルジオ アルマーニジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ブレスレット(ピアジェ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ベーシックカラーのジャケットスタイルになじみつつ、着こなしのアクセントになってくれる洗練バッグ。仕事用のバッグとしても機能的なのでフルに活躍しそうです。

【2】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー

【2】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー
ジャケット・パンツ(マディソンブルー)、カットソー(スローン)、ピアス・ネックレス・ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

ウエスト位置を高めで絞ったジャケット、ヒップラインを美しく見せるパンツ…。こんなさりげない女らしさを感じさせる、シルエットのきれいな黒のセットアップこそ、特別な日に限定せず、日常に取り入れましょう。

【3】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー

【3】黒ジャケット×黒パンツ×白インナー
ジャケット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、Tシャツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ピアス(エストネーション〈ホリー ライアン〉)、バッグ(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

小粋で構築的な美シルエットのジャケットを気負いなく見せるタッセル使いを生かして、カジュアルダウン! Tシャツを合わせて前を開けても品格が失われないのも大人好みです。

【4】黒ジャケット×黒パンツ×黒インナー

【4】黒ジャケット×黒パンツ×黒インナー
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スタイリッシュなテーラードジャケットは、ブランドのアイコン的存在。今季は、コンパクトな美シルエットをゴールドレザーのトリミングでリッチに刷新しています。静謐になりすぎる黒一色の着こなしも、はっとするほどラグジュアリー!

【5】黒ジャケット×黒パンツ×ピンクインナー

【5】黒ジャケット×黒パンツ×ピンクインナー
靴・バッグ(JIMMY CHOO)、ジャケット・パンツ(ディースクエアード 東京)、サイモン アルカンタラのピアス・スティーブン デュエックのリング(ストラスブルゴ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

サンドラのいちばんのお気に入りが、どこから見ても美しさ際立つパンプス『ロミー』。安定感のあるストレートヒールなので、10㎝でも履きやすいと評判です。春の新色は、黒からピンクへと煌きらめきながら移ろう、シックなグリッターグラデーション。テーラードジャケットを知的に演出し、デニムさえドレスアップしてくれます。

【6】黒ジャケット×黒パンツ×柄インナー

【6】黒ジャケット×黒パンツ×柄インナー
パンツ・ジャケット・ブラウス・ピアス・チョーカー・リング・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ダブルのジャケットをはおり、オーラ漂うオールブラックのコーディネートに。すらりと伸びるパンツのラインだけでなく、ポルカドットのシルクブラウスや透け感のあるヒール靴から女らしさが漂います。細かいリブが特徴のシガレットパンツはディオールで定番的人気を誇る一本。落ち感のきれいなタフタ織りのコットンシルク素材で、シャープな美脚ラインをかなえてくれます。

【7】黒ジャケット×黒パンツ

【7】黒ジャケット×黒パンツ
ジャケット・パンツ(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

やわらかく爽やかな着用感のコットンツイード素材のジャケット。グッチらしい仕立てのよさを感じさせる端正なシルエットを今年らしく更新する決め手が、ロング丈です! イエローを基調にしたコントラスト鮮やかなストライプ状のトリミングや、キャットヘッドボタンのダブルブレストが着映えを加速。袖を通すたびにうれしくなるほど「絵になる」一着。

黒ジャケット×グレーパンツ


【1】黒ジャケット×グレーパンツ×白インナー

【1】黒ジャケット×グレーパンツ×白インナー
パンツ(Theory)、ジャケット(DES PRÉS丸の内店〈DES PRÉS〉)、カットソー(スローン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(ロンハーマン〈ギャレット レイト〉)、バングル(ティファニーアンド・カンパニー・ジャパン・インク)、J&Mデヴィッドソンのバッグ・ノヴェスタの靴(ドゥロワー 丸の内店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

スティックパンツはハリのある二重織りが特徴的な細身ストレートのトラウザータイプ。淡いグレーが上品です。きちんと感のあるジャケットに、パンツのグレーとリンクするカシミヤシルクのストールを合わせて、洗練カジュアルを完成させましょう。

【2】黒ジャケット×グレーパンツ×黒インナー

【2】黒ジャケット×グレーパンツ×黒インナー
ジャケット(ADORE)、ブラウス(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ネックレス(シャンテクレール 東京店)、バッグ・靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒を基調としたパンツの着こなしに、バッグと足元できれい色を加味。ベーシックカラーに慣れ親しんだ世代にとって、きれい色はハードルの高い存在です。しかし、なじみのある黒を味方につければ、スッとものにできるのです。

【3】黒ジャケット×グレーパンツ×黒インナー

【3】黒ジャケット×グレーパンツ×黒インナー
パンツ(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ジャケット(バイ マレーネ ビルガーGINZA SIX〈バイ マレーネ ビルガー〉)、ニット(IZA〈ロッセーラ ヤルディーニ〉)、ピアス(TOMORROWLAND〈シャーロット・シェネ〉)、バッグ(キートン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツはシックな風合いのツイードに、ダブル裾が特徴的な英国調パンツ。ワイドな裾幅と8分丈が新鮮です。メンズライクなジャケットに合わせても、ベルテッドでウエスト位置を明確にすれば、スタイルアップ効果も。全体をダークトーンで統一し、縦ラインをつなげることもすっきり見せるコツです。

【4】黒ジャケット×グレーパンツ×グレーインナー

【4】黒ジャケット×グレーパンツ×グレーインナー
ジャケット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ニット(ebure)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

深い襟開きときゅっと絞ったウエストが上半身をコンパクトに見せる効果を発揮。流行のボリュームボトムを軽やかに着こなせます。

黒ジャケット×ベージュ系パンツ


【1】黒ジャケット×ベージュ系パンツ×白インナー

【1】黒ジャケット×ベージュ系パンツ×白インナー
パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ジャケット(wb)、Tシャツ(三喜商事〈アリュード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ネックレス(ドレスアンレーヴ〈ドレスアンレーヴ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

筒幅の広いワイドパンツは靴で遊んでもさりげない印象。ベージュパンツと好相性の流行色=サフラン色をぴりりと効かせましょう。ステッチを施した幅広のウエストベルトがトップスをインしたときの上品なアクセントに。黒ジャケットとバッグで引き締めれば、品格のあるたたずまいが完成します。

【2】黒ジャケット×ベージュ系パンツ×白インナー

【2】黒ジャケット×ベージュ系パンツ×白インナー
ジャケット・ニット・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

ジャケットはピークラペル、ダブルブレスト、サイドベンツ(後ろ身ごろの左右に入ったスリット)と、正統派メンズライクな仕立て。四角い貝ボタンが小粋なアクセントになっています。ジャケットのかっこよさが際立つビター配色を意識して、キャメルのパンツを投入。袖をたくし上げたり、白を効かせたりとヘルシーな抜け感を添えましょう。

黒ジャケット×ジーンズ


【1】黒ジャケット×ジーンズ×白インナー

【1】黒ジャケット×ジーンズ×白インナー
バッグ・ジャケット・シルクシャツ・デニム・靴・イヤリング・ブローチ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

新作のショルダーバッグ『シャーロット』を、モダンな光沢を放つ黒のパテントで。上品なトラッド感があるので、スモーキングジャケットをデニムでドレスダウンするような、絶妙なバランス感覚の装いにマッチして、シャープなアクセントになってくれます。

【2】黒ジャケット×ジーンズ×黒インナー

【2】黒ジャケット×ジーンズ×黒インナー
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

黒ジャケット×スカート


【1】黒ジャケット×白スカート×白インナー

【1】黒ジャケット×白スカート×白インナー
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

このブーツの大きな魅力はソックスのように見えるストレッチ素材によって、きゅっと引き締められた足首。その繊細さを際立たせるために、ボトムには思いきりボリュームのあるフレアを! そして、トップスはシャープなテーラードできりっと引き締めます。黒と白を交互に配し、メリハリのリズムを強調するのもポイントです。

【2】黒ジャケット×黒スカート×白インナー

【2】黒ジャケット×黒スカート×白インナー
ディオールのジャケット・カットソー・スカート・靴・ディオール ファインジュエリーのブレスレット・リング・バングル(クリスチャン ディオール) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious4月号』小学館、2017年

フェミニンなチュールスカートに、端正なテーラードジャケットを合わせて。Tシャツで遊び心を表現し、シルバー系ジュエリーでクールに魅せたのもポイントです。

【3】黒ジャケット×黒スカート×白インナー

【3】黒ジャケット×黒スカート×白インナー
ブラウス(ブルーベル・ジャパン〈ヴェネッサ シュワード〉)、ジャケット・スカート(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉)、ネックレス(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ホワイトのハイネックブラウスは、白シャツにも似た、クリーンな印象が魅力。ブラウスに合わせたツイードのセットアップは、フォーマルさもありつつ、リボンベルトやアシンメトリーな裾に遊びが光ります。コントラストが強いからこそ、ふんわりとしたミンクファーのバッグで優しげなオーラを加味しましょう。

【4】黒ジャケット×ネイビースカート×黒インナー

【4】黒ジャケット×ネイビースカート×黒インナー
ジャケット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、ブラウス(サザビーリーグ〈エキップモン〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、ピアス・リング(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイ ロドリゴ オタズ〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

上衿やポケットに配したサテンが格調高さを表現するジャケット。ミステリアスに艶めくヘアカーフのスカートで華麗に着こなしましょう。

【5】黒ジャケット×黒スカート

【5】黒ジャケット×黒スカート
ジャケット・スカート・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2018年

贅沢な総レース仕立て、内側にボーンを入れたグラマラスシルエット…。この特別感を軽やかに楽しめる55㎝着丈が気分です! チュール素材に施されたマクラメレースの軽い着心地と、襟や前身ごろ中央の裏からのぞく白で、春らしい爽やかさと抜け感を演出しましょう。

【6】黒ジャケット×黒ワンピース

【6】黒ジャケット×黒ワンピース
ワンピース・ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(フレッド)、時計(DKSHジャパン〈べダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

黒に爽やかなシャープさを加えるメタリック小物をプラス。辛口の黒ジャケットをさらにクールに着こなしましょう。

【7】黒ジャケット×グレーワンピース

【7】黒ジャケット×グレーワンピース
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはしっとりとした上品な光沢感が魅力です。シンプルなカーキ色のワンピースの肩にはおるだけで、この迫力、この存在感! ボタンを留めずに、ラフに着こなすのが正解です。