夏にチャレンジしたい大人のタイトスカートコーデまとめ。白タイトスカート、黒タイトスカート、ロング丈のタイトスカートなど、夏の軽やかな着こなし方をご紹介します。

【目次】

夏のタイトスカートコーデ


【1】ネイビータイトスカート×白ノースリーブ

【1】ネイビータイトスカート×白ノースリーブ
トップス・スカート・サングラス・ネックレス・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白でつくるメリハリ配色はあたりまえ。トップスを艶のあるオフベージュにすることで、こんなにも端正な女らしさが漂います。さらに、ミッドナイトネイビーのタイトスカートに深く入ったスリットが女度をアップ。シンプルな組み合わせなのに、印象に残る着こなしが完成します。

【2】ストライプタイトスカート×白Tシャツ×ブルゾン

【2】ストライプタイトスカート×白Tシャツ×ブルゾン
ブルゾン(三崎商事〈エルミダ〉)、Tシャツ(ASPESI 六本木〈アスペジ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッぺ ザノッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

カーディガン感覚の軽やかなブルゾンをはおるときは、タイトスカートで下半身をほっそりと。白Tシャツを中に合わせれば、レフ版効果で顔写りもすっきり冴えわたります。

【3】ネイビータイトスカート×ネイビーTシャツ

【3】ネイビータイトスカート×ネイビーTシャツ
Tシャツ(ebure)、スカート(wb)ネックレス・リング(ミミ GINZA SIX店)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

知的な雰囲気が漂うネイビーのワントーンで時計のベルトまでそろえることで、コットンのTシャツでも、夜のシーンにふさわしいエレガントさが生まれます。繊細なレースのタイトスカートを気負うことなく楽しむことができるのも、TシャツがもつハンサムなDNAのおかげ。程よく地厚なコットンポンチ素材の一枚はきちんと感もあり、晩夏まで活躍します。

【4】ネイビーストライプタイトスカート×ネイビーTシャツ

【4】ネイビーストライプタイトスカート×ネイビーTシャツ
Tシャツ・スカート・サングラス・バングル(フェンディ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

「なんだか懐かしい感じ…」と思うのも当然。1970年代のトロピカルをテーマに、「ツアーTシャツ」をイメージしたというTシャツがあのフェンディから登場。少々まじめでお堅いイメージのネイビーだからこそ表現できる大人の遊び心です。ボトムスにはメンズライクなペンシルストライプのひざ下タイトスカートを選んで、Tシャツをイン。トロピカルと正統、リラックスとドレッシーという対極のテイストを融合した着こなしで夏の陽差しに映える、シャープで知的なセクシーさを楽しみましょう。

夏の白タイトスカートコーデ


【1】白タイトスカート×グレーニット

【1】白タイトスカート×グレーニット
ニット(スリードッツ青山店)、スカート(オールウェイズ〈M・fil〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくストレッチのきいたコットンの白いタイトスカートは、清潔感のある女らしさをアピールできる一枚。クリアな白の魅力を損なわない、淡いグレーのニットで、涼感をもたらすハイトーンのベースづくりを。明度の高いなじませ配色には、グレーやシルバーの小物をレイヤード感覚で重ねると、都会的なセンスが漂う着こなしに仕上がります。

【2】白タイトスカート×白ブラウス×ベージュブルゾン

【2】白タイトスカート×白ブラウス×ベージュブルゾン
ブルゾン・バッグ(キートン)、アリクアムのブラウス・ハイアリンのスカート(ストラスブルゴ)、ネックレス(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

この季節、大活躍する白いタイトスカート。定番的なアイテムだからこそ、アウターにはパンチング加工を施した軽やかなベージュのレザーブルゾンを。小物で添えたシャンパンゴールドが浮かないよう、艶のあるインナーで上手につなぎましょう。

【3】白タイトスカート×白ノースリーブブラウス

【3】白タイトスカート×白ノースリーブブラウス
バッグ(JIMMY CHOO)、ブラウス・スカート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス(メゾン・ド・ナディア〈ロビンソン ペラム〉)、時計(IWC) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

前面は、ヘリンボーン状に編み込んだラフィア素材。ナチュラルカラーにシルバーを吹き付けた表情は、軽やかでクールな印象です。服に当たる背面と底面は、ライトモカ色のやわらかなレザーに。ハンドルをライトグレーにした4配色が、装いを上品にまとめます。

【4】白タイトスカート×白レースブラウス

【4】白タイトスカート×白レースブラウス
プルオーバーブラウス(ウールン商会〈フィロソフィ ディ ロレンツォセラフィニ〉)、山羊革のスカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ペンダント・リング(ナガホリ〈ロビンソン ペラム〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースの優雅さを、匂い立つ色気ではなく、楚々とした愛らしさで取り入れるのが、今年らしい着こなしの秘訣です。オフホワイトでまとめて、上品なインパクトを放ちましょう。

夏の黒タイトスカートコーデ


【1】黒タイトスカート×白ブラウス

【1】黒タイトスカート×白ブラウス
ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ラグランの肩から大胆に広がるベルスリーブで、とびきり優雅なシルエットが堪能できる白いシルクブラウス。スカートや靴は黒でタイトにまとめて、ブラウスの流麗なシルエットを際立たせましょう。着こなしがエレガントなぶん、スタッズが施されたメタリックシルバーのバッグで、モードなきらめきをプラスすると、ぐっと軽やかな印象に仕上がります。

【2】黒タイトスカート×白ブラウス×黒ジャケット

【2】黒タイトスカート×白ブラウス×黒ジャケット
ジャケット(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ベルト(yoshie inaba)ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感のある黒ジャケットに、爽やかなコントラストを描く白のシルクブラウスを合わせ、知的な印象に。さらにクリアな白バッグを添えて、全体のトーンを明るく仕上げると、清涼感もアップします。

【3】黒タイトスカート×カーキプルオーバー

【3】黒タイトスカート×カーキプルオーバー
ブラウス(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナルウェザーウェア〉)、ネックレス・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

深みのあるカーキ色のプルオーバーブラウスは、抜け感のある五分袖と、体が泳ぐほどゆったりシルエットで、見た目も着心地も涼やか。黒のタイトスカートを合わせ、シックにまとめるのが、夏の流儀です。

夏のロングタイトスカートコーデ


【1】ネイビーロングタイトスカート×ボーダーニット×カーディガン

【1】ネイビーロングタイトスカート×ボーダーニット×カーディガン
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあり。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックの完成です。

【2】カーキロングタイトスカート×ネイビーブラウス

【2】カーキロングタイトスカート×ネイビーブラウス
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

程よいボリューム感が新鮮なネイビーのブラウスには、女らしいカーキのタイトスカートを合わせ都会的に。ピュアホワイトのバッグを足すことで、キレ味のよい夏スタイルが完成します。