イタリア・ローマを拠点にするラグジュアリーブランド、FENDI(フェンディ)は、メゾンを代表するアイコンバッグ「PEEKABOO(ピーカブー)」の10周年を記念し、その魅力を改めて見つめ直すワールドワイドプロジェクト(#MeAndMyPeekaboo)を始動させました。

今では、世界一美しいといわれているヨルダンのラーニア王妃も愛用するほど、世界規模で支持されている「ピーカブー」。その魅力を、あらためて紐解いていきます。

フェンディ家三世代の女性が語るブランドの魅力とは?【動画】

今回、「#MeAndMyPeekaboo」の第一弾として、フェンディ家三世代を代表する女性がピーカブーの魅力を語った動画を公開。フェンディのアクセサリーおよびメンズウエア・キッズウエアのクリエイティブディレクターであるシルヴィア・フェンディと、娘のデルフィナ・デレトレズ・フェンディ、レオネッタ・ルチアーノ・フェンディが、フェンディ家の三世代を代表する女性として登場します。

進化し続けるアイコンバッグ「ピーカブー」、10年の歴史

2009年に登場したフェンディのアイコンバッグ「ピーカブー」は、見た目に端正ながら、ブランドのDNAを感じさせる遊び心あるデザインが、もつ人に親近感を感じさせます。

言葉の意味(ピーカブー=いないいないばぁ)をコンセプトに、フロントのクロージャーを閉めると端正な見た目に、開けて中身のカラーや生地のデザインを見せることで、違った一面を見せることができるよう考案されたこのアイディアは、シルヴィア・フェンディが自身の孫(デルフィナ・デレトレズ・フェンディの子供)をあやしているときに思いついたといいます。

クラシカルでありながら、ブランドのDNAともいえるデュアリズム(二面性)が表現されたバッグの、10年間の歴史を、改めて振り返ってみましょう。

■2008年:2009年春夏のミラノコレクションにて「PEEKABOO(ピーカブー)」がデビュー!

エキゾティックレザーが使用されたファースト「ピーカブー」
ライニングにFFロゴがあしらわれたアイコニックなスタイル
ブランドが得意とするファーが見え隠れするリュクスなスタイル
ランウェイではさまざまなスタイルの「ピーカブー」バッグが登場

■2010年:2011年春夏コレクションでミニ版「MINI PEEKABOO(ミニ ピーカブー)」が登場

着脱可能なストラップが付属された、パーティー仕様にも最適な「ミニ ピーカブー」

■2014年:2014-15年秋冬コレクションにてメンズ版が仲間入り

ドクターズバッグからインスパイアされた持ち手が男性らしい、スマートなメンズ版

■2014年:2015年春夏コレクションにて「MICRO PEEKABOO(マイクロ ピーカブー)」が登場

アクセサリー感覚で選べるよう幅広いカラーバリエーションで展開された「マイクロ ピーカブー」

■2015年:フェンディの日本上陸50周年を記念した「PEEKABOO PROJECT」で著名人とのコラボレーションを実現

東京藝術大学と共同で、チャリティ企画「フェンディ ピーカブー プロジェクト」を実施。ファッションジャーナリストのアンナ・デッロ・ルッソ、女優の井上真央、アーティストの高橋理子らが参加

■2016年:フェンディ創業90周年を記念した「SELLERIA PEEKABOO(セレリア ピーカブー)」がローマ本店「パラッツォ フェンディ」で限定発売

記念の刻印とシリアルナンバーが施された「激レア」な限定バッグ

■2016年:2017年春夏コレクションにて「PEEKABOO ESSENTIAL(ピーカブー エッセンシャル)」が登場

「レス・イズ・モア」をテーマに、よりシンプルにそして軽くなったスタイルが登場。2018年リゾートコレクションではミニ版「PEEKABOO ESSENTIALLY(ピーカブー エッセンシャリー)」も発表に

■2016年:2017春夏メンズコレクションにて「PEEKABOO FIT」が登場

従来のものよりもマチが狭くなり、スマートなシルエットになった「ピーカブー フィット」。2018年春夏メンズコレクションにてミニ版も発表に

■2018年:#MeAndMyPeekabooが始動

10周年の記念イヤーとして、ピーカブーの魅力を改めて見つめ直すプロジェクト「#MeAndMyPeekaboo」がスタート。今後どのような活動が行われるか注目です。

さまざまなサイズで展開する2018年の新作バッグ

そして今では、ラージ、レギュラー、ミニ、マイクロなどさまざまなバリエーションが豊富にそろうピーカブー。10周年を機に新たなモデルの登場にも期待がもてます!

バッグ「ミニ ピーカブー」¥431,000【縦18×横23×マチ11cm】
バッグ「ピーカブー」¥552,000【縦26×横33×マチ12cm】
バッグ「ピーカブー エッセンシャリー」¥488,000(予定価格)【縦20×横27×マチ11cm】

ラーニア王妃がプライベートで愛用するのは?

プライベートで「ミニ ピーカブー」を愛用するラーニア王妃

今年3月にオランダを訪れたラーニア王妃が選んだのは、レースアップデザインが施されたエキゾティックレザーの「ミニ ピーカブー」。寒色系の美しいグラデーションスタイルに華やぎを灯すバッグを合わせたエレガントなコーディネート術は、休日のお出かけスタイルに取り入れることで好感度が上がりそうです。

今年10周年を迎えたフェンディのアイコンバッグ「ピーカブー」は、それぞれのライフスタイルや、その時々のシチュエーションに寄り添ってくれるデザインが人気です。#MeAndMyPeekabooプロジェクト第1弾のインタビュー動画内でシルヴィアが語っているように、片面にはパーソナルなものを、表側にはビジネスなど他の用途のものを入れるなど使い分けることで、ストレスフリーな生活へと近づけます。

ライフスタイルをもっと豊かにしてくれるバッグは、親から子、そして孫へと引き継いでいけたら素敵ですね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃