この夏は、ナチュラルなおしゃれ色、カーキのアイテムを使ってコーディネートを楽しみませんか? カーキ色のスカートコーデや、カーキに合わせる色など、大人女性にぴったりな着こなしをご提案します!

【目次】

レディース夏のカーキコーデ


【1】カーキシャツワンピース×バッグ

【1】カーキシャツワンピース×バッグ
ワンピース(レキップ)、サングラス(シャネルアイウェア事業部)、リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

カジュアルスタイルがOKな日の夏のお仕事スタイルは、ナチュラルなカーキのシャツワンピースがおすすめ。手元はブラックジュエリーで緊張感を保ちましょう。

【2】カーキTシャツ×ハット

【2】カーキTシャツ×ハット
Tシャツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ハウント〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、ピアス・リング(グローバルコーポレーション〈ミスイ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

希少なスビンコットンを用いた、なめらかなTシャツはこなれた雰囲気をつくる近道。パナマハットのリボンの色を、Tシャツと同じドライなカーキでそろえ、大人ならではの奥行きのあるカジュアルに仕上げましょう。

【3】カーキガウチョパンツ×ネイビーストライプシャツ

【3】カーキガウチョパンツ×ネイビーストライプシャツ
シャツ(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ベルト(yoshie inaba)、バングル・バッグ(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン〉)、靴(アストラット 青山店〈アストラット〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

今年らしいシルエットを約束するカーキのガウチョパンツ。トップスには、ネイビーのストライプシャツを合わせ、端正な着こなしを目指しましょう。そこにクリアな白の極細ベルトを添えて、夏らしい涼感をアピール。白の分量を少なめにすることで、コントラストが和らぎ、トリコロール配色も品よく楽しめます。

【4】カーキロングワンピース×ベルト

【4】カーキロングワンピース×ベルト
ワンピース・ベルト・ブレスレットにしたベルト・靴(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス・バングル(インデアン・クラフト) 撮影/Kei Ogata BY:『Precious5月号』小学館、2017年

まるで自然に溶け込むようなドライカーキのロングワンピースは、豊かなドレープを描くたっぷりとしたフレアラインが、遠目にもドラマティック。ラムレザーの太ベルトをあしらい、女らしいサファリスタイルが完成します。

【5】カーキブルゾン×白Tシャツ×ストライプタイトスカート

【5】カーキブルゾン×白Tシャツ×ストライプタイトスカート
ブルゾン(三崎商事〈エルミダ〉)、Tシャツ(ASPESI 六本木〈アスペジ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッぺ ザノッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

カーディガン感覚の軽やかなカーキブルゾンをはおるときは、タイトスカートで下半身をほっそりと。白Tシャツを中に合わせれば、レフ版効果で顔写りもすっきりと冴えます。

夏のカーキスカートコーデ


【1】カーキスカート×カーキブラウス

【1】カーキスカート×カーキブラウス
ブラウス(三喜商事〈マウリツィオ ペコラーロ〉)、スカート(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、ピアス・リング(ストラスブルゴ〈スティーブン デュエック〉)、バッグ(PredPR〈プロエンザ スクーラー〉)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

フルレースのコットンブラウスは、カットワークの柄も、五分袖のボリュームスリーブも清楚な女らしさが魅力。トレンドのシックカラー、カーキでまとめれば、こなれ感も生まれて、ただならぬ存在感と上級センスが漂う着こなしに仕上がります。

【2】カーキスカート×ネイビーブラウス

【2】カーキスカート×ネイビーブラウス
ブラウス(ザ シークレットクロゼット六本木〈シクラス〉)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈ジュゼッペ ザノッティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

程よいボリューム感が新鮮なネイビーのブラウスには、女らしいカーキのタイトスカートを合わせ都会的に。ピュアホワイトのバッグを足すことで、キレ味のよい夏スタイルが完成します。

【3】カーキスカート×白Tシャツ×ハット

【3】カーキスカート×白Tシャツ×ハット
マックスマーラのTシャツ・サングラス・エス マックスマーラのスカート(マックスマーラ ジャパン)、帽子(アマン〈ドリア 1905〉)、バッグ(アタリー)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

シャーリングをあしらった袖は、気になる二の腕から視線をそらしてくれます。ジャストウエストで絞りをきかせたカーキのロングスカートに、ウエストインしてスタイルアップ。ナチュラルな夏素材の小物はシックな差し色効果も期待できます。

カーキアイテムに合う色


【1】カーキ×ネイビー

【1】カーキ×ネイビー
パンツ(MOGA WASHABLE)、帽子(ザ シークレットクロゼット六本木〈メゾンミシェル〉)、エディー ボルゴのバングル・フィリップ オーディベールのブレスレット(アストラット 青山店)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、スカーフ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ドゥロワー 丸の内店〈スパールワート〉)、ジャケット(三崎商事〈エルミダ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

こなれ感のあるカーキパンツで大人の余裕を。ひとクセある小物選びで、おしゃれセンスを感じさせましょう。

【2】カーキ×白

【2】カーキ×白
ジャケット(ボウルズ〈ハイク〉)、カットソー(三喜商事〈イレブンティ〉)、スカート(yoshie inaba)、ブレスレット(ケイテン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、リング(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

全身を白で統一したエレガントな着こなしに、カーキのジップアップジャケットをさりげなく肩がけ。そんなテイストミックスで洗練された着くずしを狙うなら、バッグはクラシカルなネイビーのワンハンドルで品よくまとめましょう! 

【3】カーキ×黒

【3】カーキ×黒
ブラウス(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナルウェザーウェア〉)、ネックレス・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

深みのあるカーキ色のプルオーバーブラウスは、抜け感のある五分袖と、体が泳ぐほどゆったりシルエットで、見た目も着心地も涼やか。黒のタイトスカートを合わせ、シックにまとめるのが、夏の流儀です。