ラグジュアリーな大人女性たちを虜にしているという噂の伊勢志摩。そんな真珠と開運の街、伊勢志摩の魅力を再確認するためにPreciousでも1泊2日で現地へ…。続きましては、自然に囲まれた美しいリゾートホテル「NEMU RESORT」をご紹介します。

空、海、森…豊かな自然を体感できるリゾートホテル

居心地よすぎるリュクスな空間

日本三大リアス式海岸のひとつでもある英虞湾。約60の島々が浮かぶその景観は、とても優美。幾重にも折り重なる半島のひとつ、大崎半島の先端に位置する「NEMU RESORT」。伊勢志摩国立公園に囲まれた広大な敷地に広がる美しい森と海、そして空…。心が一気に解放されていくようです。

開放的なロビーラウンジは、昼と夜で印象がガラリと変わります。
真珠のモチーフをインテリアにちりばめたプレミアデラックスルーム。

伊勢志摩の美しい自然を望む、全室46.8㎡の広々とした客室は、リゾート感あふれる非日常的な空間。都会の喧騒を忘れて、極上の癒しの時間を過ごせること、間違いなしです。

癒し・浄化・再生を促す3つの湯

目の前に広がる豊かな自然に心も癒される「潮騒の湯」。
星空を仰ぎながら日々の疲れを浄化したい「合歓の木湯」。
手前の「真珠の湯」は、真珠を育むアコヤ貝から抽出されたパールコラーゲン®、パールコンキオリン®、ピュアパールミネラル®が肌の再生を促してくれます。

館内では、敷地内から湧く「潮騒の湯」、ネムノキの樹皮から抽出されたエイジングケア成分を配合した露天風呂「合歓の木湯」、志摩の海で養殖される真珠やアコヤ貝から抽出された貴重な美容成分を配合した「真珠の湯」と、3つのお湯「恵みの湯」を楽しむことができます。「潮騒の湯」には癒し、「合歓の木湯」には浄化、「真珠の湯」には再生が促されるのだとか。ちなみに、「合歓の木湯」と「真珠の湯」は「ミキモト コスメティックス」とのコラボレーションなのだそう。雨天のため、「潮騒の湯」→「真珠の湯」の順で堪能させていただきました。湯触りがやわらかく、あっという間に体が芯から温まり、たくさん汗をかきました。「真珠の湯」の効果か、湯上がりの肌は、ボディークリーム要らずのしっとり&モチモチの質感に。ちなみに、スキンケア一式、シャンプー・ヘアトリートメント、ボディソープは「ミキモト コスメティックス」。いつもより贅沢な気分に浸ることができます。

真珠エッセンスを使用したトリートメントで美しさに磨きをかけて

スパルームに続く廊下に灯された照明も真珠をイメージ。
心安らぐ、真珠とNEMUの自然をモチーフにした内装。

スパメニューも豊富です。「ミキモト コスメティックス」による「パールスパ」は、上で紹介した温泉併設型。真珠のエッセンスを贅沢に使ったオリジナルトリートメントと天然温泉によって、人に本来備わっている「癒し」「浄化」「再生」のめぐりを呼び醒まします。施術前に、「潮騒の湯」や「真珠の湯」につかって心身を解放しておくことで、トリートメントの効果をより高めることが期待できるのだそうです。

大自然と一体化するような心地よさを感じられる屋外トリートメント

自然豊かなNEMUの丘の上に建つ「ヨガテラス」で、自然と一体になってトリートメントを受けられます。
あいにくの雨天でしたが、熟練の手技により最高の癒し時間を過ごすことができました。

こちらは英虞湾を望む丘で、眼下に広がる美しい海と森などを五感で感じながら、オールハンドのトリートメントを体験できる「てふてふの丘 スパ」。この日はあいにくのお天気だったのですが、心地よい風とウグイスの声に癒されながらとても気持ちよく施術を受けることができました。呼吸を整えてから、膝下をオイルマッサージ、その後背中、肘下、頭…の順にマッサージしてもらったのですが、背中をほぐしてもらっている途中から記憶が…(笑)。絶妙な力加減が本当に心地よく、自分の体が大自然と一体化していくような開放的な心地よさを体験させていただきました。施術後の体の軽さったら、もう…!

大自然を存分に満喫できる充実のアクティビティー

開放的なヨガテラスで毎朝行なわれる「朝Rela」。
「朝Rela」は、冬期や雨天はヨガルームで実施。

ほかにも、広大な自然に囲まれた「NEMU RESORT」ならではのアクティビティーも充実。毎朝7時から行なわれるヨガプログラム「朝Rela」は、360度パノラマの雄大な自然を望むヨガテラスで行なわれます(冬期や雨天の場合は屋内のヨガルームで実施)。前述どおり、あいにくのお天気でしたのでヨガルームでの体験となりましたが、それでも窓一面に広がる緑に心がデトックスされていくようでした。

満天の星を眺めながらたき火を囲み、贅沢なカフェタイムを。
美しい四季を感じながら里山水生園内を散歩するのもおすすめです。

そのほか、クルージングやスタンドアップパドルボード、フィッシングなどのマリンメニュー、たき火、ゴルフ…など、伊勢志摩の自然を存分に満喫できるメニューが盛りだくさん!

英虞湾を望む雄大なロケーションが魅力。

とくに全米ゴルフ場設計家協会元会長ダミアン・パスクーツォ氏が手掛けた、リゾート感あふれる「NEMU GOLF CLUB」は、美しい緑と海を感じながらプレーできると大人気です。

地元産の食材をふんだんに使用した懐石料理に舌鼓

夏を感じさせる涼しげな前菜の盛り合わせ。
新鮮さが自慢の伊勢志摩の地魚盛り合わせ。
肝酢をかけていただく、雲丹と丸茄子を添えた鮑飯蒸し朴葉包み。絶品でした!
伊勢海老酒蒸しサラダ仕立て。味の決め手は、素材の味を引き立てる海老ソースとあおさ海苔ドレッシング。

食事は館内のレストラン「里海」で。夜は、地元産の食材をふんだんに使用した「山 懐石」をいただきました。先付の順才とろろ吸いにはじまり、車海老や合鴨ロースなど贅沢な前菜、梅吸い仕立て、豪華な伊勢志摩地魚盛り合わせ、鮑飯蒸し朴葉包み、和牛炙りすき焼き、伊勢海老酒蒸しサラダ仕立て…と、素材の味を見事に引き出す繊細な味つけに舌鼓。朝食は、伊勢志摩の新鮮な海の幸、山の幸を中心にした、和洋さまざまなメニューを楽しめるリゾートブッフェを心いくまで堪能させていただきました。

美しい夕日。心洗われるようなNEMUの美しい自然は一見の価値あり。

忙しい日々に疲れを感じてしまったら、大自然の中だからこそ体感できる、真のラグジュアリーな時間を、ここ伊勢志摩で過ごしてみるのはいかがでしょうか?

シリーズ「宮崎シーガイアを巡る旅」

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
トヨダリョウ
EDIT&WRITING :
新田晃与