秋の大人タイトスカートコーデを一挙にご紹介。黒や白、グレーのタイトスカートを格調高く着こなすポイントをチェック!

【目次】

黒タイトスカートを使ったコーデ


【1】ドルチェ&ガッバーナの黒タイトスカート×黒ニット

クラシックなスカートはハッとするほど美しいシルエットで着こなすべき!
ニット・スカート・靴・ピアス・ブレスレット・バッグ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細なフルレースのタイトスカートは、黒のエレガンスに欠かせないアイテム。トップブランドの極上レースなら、クラシックななかにも目を奪うモダンな美しさがあり、自信を授けてくれます。タートルニットで縦長すっきりラインを目指しましょう。

【2】リビアナ・コンティの黒タイトスカート×黒ジャケット

レストランで開催するイベント当日はシックなモノトーン配色でエレガントな装いを心がけて
ジャケット(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ベルト(yoshie inaba)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感のある黒ジャケットに、爽やかなコントラストを描く白のシルクブラウス、黒のタイトスカートを合わせ、知的な印象に。さらにクリアな白バッグを添えて、全体のトーンを明るく仕上げると、清涼感もアップします。

【3】黒タイトスカート×カーキブラウス

上司の家で誕生日パーティ。カーキトップスを合わせて晩夏の着こなしをさりげなく楽しむ
ブラウス(トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店〈トラディショナルウェザーウェア〉)、ネックレス・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

深みのあるカーキ色のプルオーバーブラウスは、抜け感のある五分袖と、体が泳ぐほどのゆったりシルエットで、見た目も着心地も涼やか。黒のタイトスカートを合わせ、シックにまとめるのが、秋の流儀です。

【4】リビアナ・コンティの黒タイトスカート×カーキシャツ

カーキ×ブラックのコントラストが効いたシャープな都会派スタイル
シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

トップスを、グレーの陰影を含んだシックな色味のカーキシャツに差し替えると、ぐっと秋らしいムードが出現。レザーのタイトスカートの切れのいいシルエットと相まって、大人の女性に似合うカジュアルエレガンスが完成します。

白タイトスカートを使ったコーデ


【1】マックスマーラの白タイトスカート×カーキブラウス

オリーブ・カーキに清潔感のあるコントラストを与えるクリアなホワイト
スポーツマックスのトップス・マックスマーラ のスカート・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ドロップショルダーが特徴的なトップスは、光沢のあるカットソー生地がつくり出すやわらかなドレープ感が美しい一着。バックスタイルがマーメイドラインになったタイトスカートを合わせて、配色とともに全身シルエットにも緩急をきかせると、洗練されたバランスに仕上がります。シャンパンゴールドの甲深パンプスとジオメトリック柄バッグでモードな個性を加えましょう。

【2】シクラスの白タイトスカート×ネイビートップス

ケータリングを依頼されているパーティ会場の下見へ
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、トップス(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、靴(JIMMY CHOO)、ブレスレット・リング(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイ ロドリゴ オタズ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ともすると膨張する危険性もある白タイトスカートの足元問題を即座に解決し、気品もプラスするのが、メタリックシューズ最大の効能。手元にも輝きを放つインパクトジュエリーをあしらえばふとした仕草にも、女らしいリッチ感じが漂います。

【3】アクリスの白タイトスカート×白ジャケット

女らしさが香るニュアンスカラーのスカートスーツは、最強
ジャケット・スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ブラウス(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、ピアス(ミキモト)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コンパクトなタイトスカートのスーツは、ともすればコンサバに陥りやすいアイテム。でもアクリスにかかれば、フェミニンなテーラード仕立てで、凛とした雰囲気を演出できます。アイボリーは、印象がくすみがちな大人の女性を、イキイキと見せる効果もあるので、おすすめです!

【4】アクリスの白タイトスカート×グレージャケット

フェミニンなスカートはキレのあるジャケットでピリッと締めるのも手!
ジャケット・ニット(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、スカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャカード織りのジャケットは、着こなしに表情がつくため一着はおさえておきたいアイテム。コンパクトなシルエットほどスカートと相性もよく、絶妙な甘辛バランスが新鮮です!

グレータイトスカートを使ったコーデ


【1】ポール・スチュアートのグレータイトスカート×白ブラウス

進化したハイウエストのタイトスカートでスタイルアップを狙う!
スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(セシル・エ・ジャンヌ)、バッグ(和光〈マウロゴベルナ〉)、バッグに巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベルト付きのハイウエストスカートは、年齢とともに気になるおなか周りをすっきりカバーしてくれる優れもの。ラップタイプだから、脚さばきもスムーズです。白ブラウスが、仕事にふさわしい緊張感を与えてくれます。

【2】アニオナのグレータイトスカート×黒タイツ

軽快シルエットのバイカラーコートでタイトスカートを新鮮に
コート(オルドス ファッション ジャパン)、ニット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、ミッレのネックレス・ファウスト コラートのバッグ(チェルキ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コートの襟裏からのぞくチャコールグレーから導いたグレーのタイトスカート&ニットの辛口ワントーン・スタイル。リッチなパイソンバッグで大人の迫力をプラスしましょう。コートはダークグレージュ×チャコールグレーのカシミヤリバーシブル仕立て。自然に折り返るスタンドカラーの裏側からちらりとのぞく配色がリュクスな雰囲気を醸し出します。

【3】ファビアナ フィリッピのグレータイトスカート×グレータイツ

視線を上に集める大人かわいいニットはひざ下スカートに好相性。
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

顔周りに視線を集め、ウエストに絶妙に収まるニットは、ひざ下丈タイトスカートをスタイルよく着こなすキーアイテムです。ニット、スカート、ホーザリーと徐々に濃くなるグラデーションも、すっきり脚長に見せるワザ!
ニットは立体感のある畦あぜ編みのカシミヤでリッチな輝きを授けたモカグレージュニット。アシンメトリーなビッグタートルとコンパクトな着丈のバランスも今らしい旬デザインです。

【4】リビアナ・コンティのグレータイトスカート×グレープルオーバー

落ち着いた印象を醸し出すトーンの濃度をそろえたカーキとグレーの色合わせ
プルオーバー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

最旬マテリアルのベルベットとカシミヤ混ニットのVネックプルオーバーに、ジャージー素材のタイトスカートを合わせて。大人の女性らしい余裕と落ち着きが漂う、エフォートレスなエレガントスタイルが完成します。

ロングタイトスカートを使ったコーデ


【1】ebureのグレージュロングタイトスカート×黒ニット

グレージュを基調にバランスよく配した黒が小粋なエレガンスを表現
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたロングタイトスカートを合わせた装い。配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれておしゃれ感が倍増します。

【2】ロシャスのネイビーロングタイトスカート×ブルーブラウス

清潔感のあるブルーの濃淡をゴールドの艶で華を与えて
ブラウス・スカート(オンワードグローバルファッション〈ロシャス〉)、ピアス・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

眼差しを知的に見せる、アイシーな色味のブラウスで秋支度を。ロングタイトスカートのサイドにあしらわれたボタンとリンクさせるよう、イエローゴールドのジュエリーを耳元と手元に添えてリッチに仕上げましょう。気品漂うボウタイブラウスも、秋空に似たセルリアンブルーなら、こんなにも新鮮な表情に。シルクシフォンのエアリーな質感が、優しげなオーラを醸し出します。

【3】フェンディのブルーロングタイトスカート×白ブラウス

襟元とそで口に旬の要素をもたらした白ブラウスで鮮度を
ブラウス・スカート ・バッグ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ノーカラーながら、肌をのぞかせる巧みなデザインで、ネックレスいらずの優美な表情を実現。首周りをキュッと包むホワイトのラインが、ビジネスシーンにふさわしい、程よい緊張感をもたらします。聡明な印象を与えるロイヤルブルーのタイトスカートを合わせれば、クリアな白ブラウスの魅力がさらに際立つのです。くすみのないクリアなホワイトシルクは顔を明るく照らす効果が絶大。セットインで肩周りは華奢に見せつつも、さらに腕に切り替えを施し、ふんわりとした袖のラインを表現しましょう。

秋おすすめのタイトスカートコーデ


【1】フィラージュのカーキタイトスカート×黒ブラウス

たおやかな女らしさの香るシルクサテンのブラウス
ブラウス・スカート・ピアス(ルック〈フィラージュ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しなやかな艶をたたえたシルクブラウスは、ややボリューム感のあるスリーブとロングカフスが華やかなデザインポイント。付属の共布のボウタイは、リボン巻きやひと結びで垂らすなど、自在にアレンジを楽しみましょう。全体を切れ味よくまとめるタイトスカートを合わせてビジネスシーンに最適な着こなしが完成します。

【2】Tibiのネイビータイトスカート×カーキトップス

カジュアルなカーキをネイビーの知的な上品さでまとめたスカートスタイル
トップス・スカート(ユニット&ゲスト〈Tibi〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、ネックレス(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

今年らしい新鮮さと洗練につながる、アンバー・カーキとネイビーの色合わせ。巧みなギャザーディテールで、一枚で様になる個性派トップスを、サテン地のスリット入りタイトスカートで女っぷりよく仕上げましょう。落ち着いた色調のマルチカラーバッグの今どき感も着こなしアップデートのカギです。

【3】ボスのミニタイトスカート×グレージャケット

淡色のニットジャケットが大人の女性の親しみやすさを印象づけて
ジャケット(トヨダトレーディング プレスルーム〈チルコロ1901〉)、ブラウス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、レザースカート(ヒューゴボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス(ケイテン)、ポケットチーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、ノート(ヴァルカナイズ・ロンドン〈スマイソン〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ウールにカシミヤやシルクを混紡することで、表情豊かに仕上がったニットジャケットはラペルに丸みをつける等、女らしいディテールが際立ちます。コンパクトなシルエットだから、ミニのタイトスカートとの相性も抜群です!

【4】ストゥールスのオレンジタイトスカート×白ブラウス

艶やかなファーとゴールドが奏でるゴージャスなバッグで盛り上げて
ブラウス(三喜商事〈ステファノ モルタリ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストゥールス〉)、ピアス・バングル(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、ベルト(フラッパーズ〈アロン〉)、靴(JIMMY CHOO)、バッグ『STARDVST』(ヴェルサーチ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

オフショルダーのブラウスとタイトスカートで女らしく。ファーバッグやサンダルは黒でそろえ、ぐっと引き締めましょう。

【5】ストラネスのキャメルタイトスカート×黒ブラウス

ホワイトのトリミングが黒×キャメルの装いにクリーンな印象を与える
ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ベルト付きタイトスカート(三喜商事〈ストラネス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、バッグ『トッズ セラ バッグ』 (トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

愛せずにはいられない、黒トップス×キャメルタイトスカートの着こなし。バッグもリンクさせてオンスタイルの完成度を高めましょう。