レディース秋のテーラードジャケットコーデまとめ。はおるだけで上品さをプラスできるテーラードジャケット。黒やネイビーでまとめる洗練された大人コーデや、ジーンズを合わせてつくるカジュアルなコーデなど、秋の着こなしに役立つお手本コーデをご紹介します。

【目次】

レディース秋の黒テーラードジャケットコーデ


【1】黒テーラードジャケット×白Tシャツ×黒パンツ

【1】黒テーラードジャケット×白Tシャツ×黒パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

Chaosのブラックジャケットを合わせて、ドレスアップ気分に。メンズライクなテーラリングなど、仕立てにこだわったフォーマルな黒ジャケットには、白Tシャツをさらりと合わせて、抜け感を出しましょう。そして、パールネックレスで顔周りを華やかに。足元には、スタブス&ウートンの刺しゅう靴を合わせて、こなれた印象に。

【2】黒テーラードジャケット×黒シャツ×黒パンツ

【2】黒テーラードジャケット×黒シャツ×黒パンツ
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」がマストです。デニムに合わせても程よくきちんと感が演出できて、人気上昇中。特に今季はほっそり長め丈が気分です。最速でかっこいい黒に仕上げてくれるはず。

【3】黒テーラードジャケット×黒カットソー×黒パンツ

【3】黒テーラードジャケット×黒カットソー×黒パンツ
ヴァレンティノのジャケット・カットソー・パンツ・サングラス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノジャパン)、バングル(ミキモト) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

今年、黒のテーラードをひとつ選ぶなら、迷うことなくサテン地の細い襟と、美しいカッティングが冴えるスモーキングジャケットに。ハイヒールで、攻めのエレガンスもいいけれど、今、愛されるのは、ちょっとこなれた着こなしです。クチュール感たっぷりの一着に、Tシャツとレザースニーカーを合わせる小粋さがかっこいい。

【4】黒テーラードジャケット×黒ニット×黒スカート

【4】黒テーラードジャケット×黒ニット×黒スカート
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉)、スカート(カオス表参道〈ロイドフォード〉)、ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マニッシュなジャケットだけに、夜のお出かけは思いきりエレガントに仕上げたい。タートルニット×チュールのロングスカートの組み合わせで、こなれ感がありながら、ドラマティックなオーラを放つドレスアップを。黒一色は、異素材重ねにも留意しましょう!

【5】黒テーラードジャケット×グレーワンピース

【5】黒テーラードジャケット×グレーワンピース
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはしっとりとした上品な光沢感。折り返した袖口がアクセントになります。シンプルなカーキ色のワンピースの肩にはおるだけで、この迫力、この存在感! ボタンを留めずに、ラフに着こなすのが正解です。

レディース秋のネイビーテーラードジャケットコーデ


【1】ネイビーテーラードジャケット×ネイビーニット×白パンツ

【1】ネイビーテーラードジャケット×ネイビーニット×白パンツ
ペンダント・パールネックレス・ピアス(ミキモト)、ジャケット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ニット(ブラミンク)、パンツ(伊勢丹新宿店〈インコテックス〉)、ドキュメントケース(グローブ・トロッター 銀座〈グローブ・トロッター〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

インナーとジャケットを同系色でまとめた日は、繊細なジュエリーの重ねづけで華やかさをプラスしましょう。

【2】ネイビーテーラードジャケット×ネイビーブラウス×ブルーレーススカート

【2】ネイビーテーラードジャケット×ネイビーブラウス×ブルーレーススカート
ジャケット(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、スカート(SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ブラウス(Theory luxe)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(ミキモト)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕事の食事会に、パンツスーツでは堅すぎる。そこでボトムをエレガントなレーススカートにチェンジ! レストランのクロークでジャケットを預けることを想定して、インナーは一枚で様になるブラウスが正解です。

【3】ネイビーテーラードジャケット×白ブラウス×黒ワイドパンツ

【3】ネイビーテーラードジャケット×白ブラウス×黒ワイドパンツ
ジャケット(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、ブラウス・パンツ・バッグ(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、眼鏡(リエート〈バートン ペレイラ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはネイビーの総レースがフォーマルになりすぎず、スタイリッシュ。光沢のある襟と、 袖口のボタンがさりげないインパクトを放ちます。レディライクなボウブラウスにクロップドパンツ、というデイリースタイルにもスモーキングジャケットは相性抜群。きちんと感と艶やかさの絶妙バランスで印象的なスタイルを完成させましょう。

【4】ネイビーテーラードジャケット×ノースリーブブラウス×グレーパンツ

【4】ネイビーテーラードジャケット×ノースリーブブラウス×グレーパンツ
ノースリーブブラウス・ジャケット・パンツ・バッグ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、ピアス(リンクス オブ ロンドン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

プレシャスキャリアにとって艶やかな柄ブラウスは、端正なシャツよりも味方につけたい名脇役。首元にひとくせあるデザインなら、ジュエリーいらず!

【5】ネイビーテーラードジャケット×ネイビートップス×ネイビーパンツ

【5】ネイビーテーラードジャケット×ネイビートップス×ネイビーパンツ
ジャケット・ノースリーブトップス・パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(ミキモト)、チョーカー・ペンダント(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、時計(ジャガー・ルクルト)、リング(ケイテン)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、机の上に置いたバッグ(バーニーズニューヨーク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

着丈に長さをもたせたボックスシルエットのジャケットは、凛としたパンツスタイルを引き立てます。ジャケットの素材は、カシミア混。

【6】ネイビーテーラードジャケット×白シャツ×ネイビーパンツ

【6】ネイビーテーラードジャケット×白シャツ×ネイビーパンツ
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、キャリア女性たるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟をおすすめします。

テーラードジャケット×ジーンズのカジュアルコーデ


【1】黒テーラードジャケット×ジーンズ×黒ニット

【1】黒テーラードジャケット×ジーンズ×黒ニット
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー)  BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力、シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

【2】黒テーラードジャケット×黒ジーンズ×白カットソー

【2】黒テーラードジャケット×黒ジーンズ×白カットソー
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合います。きれいめデニムと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入しましょう。

【3】ネイビーテーラードジャケット×ジーンズ×ドレスシャツ

【3】ネイビーテーラードジャケット×ジーンズ×ドレスシャツ
女性らしい「抜け感」バランスを意識

「デニムと合わせるとカジュアル感が強くなるのでは!?」と懸念される人も多いと思いますが、そんなときに参考にしたいのが、デニムでもエレガントさが際立つジェナ・ライオンズ(Jenna Lyons)の着こなしテクニックです。

ベーシックなジャケットには、エレガントなドレスシャツを選出。ジャケットからシャツの袖を長めに出したり、肌写りのよいゴールドのアクセサリーをさりげなくのぞかせるなど、女性らしさを香らせる「抜け感」を意識的に取り入れています。くるぶし丈のダメージデニムを合わせることで、上級者ならではの外しスパイスも。黒パンプスは素足が美しく見える華奢なデザインが、ベストフィットしそうです。

美脚に見える!「デニム×黒パンプス」の着こなしかた