ファーコートはこれ一着でいい!? 変幻自在なアレンジ力で愛らしさが加速する

フェンディのファーコートといえば、往年の女優やファッションセレブが愛した伝説的なラグジュアリーアイテム。「デイリーに着るなんて…」と敬遠していませんか?

「トラベル ミンク」は、「旅に着ていくファー」がコンセプト。フェンディのこだわりである軽くてやわらか、艶のある毛質のメスのミンクだけを使用し、高度な専門技術を駆使して裏のレザーも傷や色ムラがない完璧な仕上がりに。それにとどまらず、着こなすシーンや気分に合わせてさまざまに着回せる「仕掛け」を施しているのが、「トラベル ミンク」の楽しさです。

コート[素材:ミンク×ラムレザー、コートをたたんで収納できるスエード素材のトートバッグとレザーベルト付き]¥3,673,000(フェンディ ジャパン) [Precious2018年10月号84ページ]  

グレー×ホワイトのこの一着、その基本形は、コクーンシルエットのフーデッドコート。表面は毛並みで隠れていますが、実は、フードや身ごろの上下は、ファスナーでつないでいます。爪を傷めたり、毛足を噛んだりしない高品質ファスナーなので、ノーストレスで変幻自在!

カラーオーダーで永遠に愛しい一着を手に入れて

ファーアトリエのアドバイスを受けながら、自分だけの一着を手に入れられる「mto(メイド・トゥ・オーダー)」システムがあるのも、フェンディならでは。今回ご紹介したコートの場合、2色の組み合わせだけでなく、1色で仕立てることも可能です。カラー展開はシーズンごとに異なりますが、今季はミンク19色、ベルト革14色を用意。膨大な組み合わせで、限りなく唯一無二のラグジュアリーが手に入る…おしゃれの夢にときめきます。

  • 今季は、コート2型、ジレ2型のカラーオーダーができます。価格は、商品と同じ。(今回ご紹介したコートなら¥3,673,000)※納品までに約半年間

抜群の活躍度の秘密はディテールにあり!

スマートに脱ぎ着できるスナップ、フードの着脱や着丈のチェンジを簡単にできるファスナー使い…と、機能的なディテールを解説します。

  • ファーに合わせてレザーでくるんだスナップの色を使い分け。留めると、ハイネック風に表情一新!
  • ファーの毛並みに隠れたウエストの切り替え部分は、ファスナー仕様。着丈を手軽にチェンジできます。
  • ファーとなじむグレーのレザーベルト付き。ブランドの頭文字Fが逆になったバックルは新作の特徴です。
  • コートの収納用トートは、「ペカン」柄のスエード×「セレリアレザー」とアイコニックな素材コンビ。

組み合わせ次第で幾通りにも変化します!

「これが一枚のコート?」と驚くほど個性豊かなアレンジ9例をでお見せします!

  • これが基本ホワイト×グレーの繊細配色がラグジュアリー感を高める、ミンクファーのフーデッドコート。
  • ノーカラーファーにファスナー仕様のフードを外し、付属のベルトでウエストマークすればエレガントコートに!
  • ファージャケットにフードとボトム部分を外すと、はおりもの感覚で着られるショート丈のファージャケットに。
  • レザーコートに裏返して着るとファーとファスナーがアクセントになったリッチ&スポーティなコートに一新。
  • ファー襟付きに取り外したボトム部を襟元に巻き、スナップで留めると優雅なビッグカラー風にアレンジ可能。
  • フーデッドファーにフードを取り付けると、大人カジュアルの仕上げになるラグジュアリーなパーカー風に変身!
  • レザーブルゾンに接続部のファスナーを開いてフードとボトム部分を外すと軽快なノーカラーレザーブルゾンに。
  • スヌードとしてボトム部のファーは、単独でスヌードとしても活躍。巻き方でさまざまな表情を楽しめます。
  • フーデッドブルゾンに上の状態で裏返して着ると、ファーがアクセントになったスポーティーなレザーブルゾンにも。

※掲載した商品の価格は税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
戸田嘉昭・小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー)