主張しすぎないシンプルなデザインが魅力の「バカラのランプ」

クリスタルブランド、バカラの「ヴェルサイユ」と照明ブランド、フロスの「ボンジュール」のデザインを組み合わせ、新作ランプ「ボンジュール ヴェルサイユ ランプ」が誕生。LEDライトを搭載したランプは、プリーツファブリックのエレガントなランプシェードと相まって内側から淡くやわらかな光を放ち、心安らぐひとときを演出する。バカラのランプ「ボンジュール ヴェルサイユ ランプ」【シェードφ13×高さ27.2cm】¥120,000(税抜)

「バカラのランプは、今まで見知っていたランプとは、似て非なるデザインとサイズ感にひと目惚れ。コンパクトだけれど完成度が高く、ミニマルにまとまっているデザインに惹かれました」というのは、スタイリストの原 由美子さん。

「高さ27.2cmとかわいいミニサイズなので、サイドテーブルの両サイドにシンメトリーに置いても決して大げさにならず、さりげない佇い。夜に点灯したとき生まれる、ふんわりとやわらかく美しさに満ちた明かりは、照明器具以上の存在感を放ち、まさに光のオブジェです」。

「卓越した技術と洗練されたデザイン」が心安らぐ空間を演出

かわいらしいサイズ感のバカラのランプは、明かりを灯さなくても、和を意識したようなプリーツファブリックのシェードとクリスタルガラスの組み合わせで、造形そのものもアート。
1764年の創設より受け継がれる、クリスタルの美しい煌き。

「我が家のリビングはできるだけシンプルにと意識して家具や色味をナチュラルに統一しているので、その空間にもぴったりです」と、原さん。ファッションプロが溺愛する「バカラのランプ」は、いつか手に入れたいと思わせる逸品です。

問い合わせ先

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃
TAGS: