Gジャン感覚でカジュアルにはおれる「ボンディング素材」が新鮮

表地はブラック×ネイビーのハウンドトゥース柄、裏地は鮮やかなブルーと、ひるがえる裾からのぞく艶やかな配色の妙に心躍る一枚。テーラードジャケット¥165,000(税抜)

「スタイリストという仕事柄、初対面の方とお会いする機会も多く、どんな相手にも失礼のないジャケットは、若いころから私の定番スタイル。カジュアルな着こなしが多くなった今でも、打ち合わせやファッションコンクールの審査員を務める重要な場面などでは欠かせないアイテム」という、スタイリスト・原 由美子さんの心をつかんだのは、裏地のブルーが印象的なSPORTMAX(スポーツマックス)の新作ジャケットでした。

絶妙なカジュアル感で魅せる進化系ジャケット

胸元から裾へ、脇からバストへ、サイドのウエストから前身ごろへ、と何本もダーツを入れることで生まれる立体的なフォルムが秀逸です。
ボンディング加工を施したスポーティーな生地で仕立てているので、畏かしこまった印象になりがちなテーラードもどこかこなれた表情に。
モダンクラシックを体現する、ブラック×ネイビーのハウンドトゥース柄の表地。

「ボタンがないので、薄手のはおりもの感覚で気軽に着られるところも魅力。適度な厚みがありつつもサラリとした質感だから、真冬と真夏以外、一年を通じて長く愛用したいですね」と、ファッションプロの心をつかんだ高機能ジャケットは、ワードローブに一枚あると、幅広いシーンで活躍しそうです。

問い合わせ先

関連記事

PHOTO :
小池紀行(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
小林 綾、小林桐子(Precious)
RECONSTRUCT :
石原あや乃