冬の定番・白パンツのコーディネートを、ラグジュアリーマガジン『Precious(プレシャス)』より25スタイル、選り抜きました。白ワイドパンツをはじめ、白パンツのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。今冬白パンツ主体の着こなしをしようというときの、参考になれば幸いです。

【目次】

白ワイドパンツのコーデ


【1】エリザベス アンドジェームスの白ワイドパンツ×白シャツ×黒ジャケット

【1】エリザベス アンドジェームスの白ワイドパンツ×白シャツ×黒ジャケット
ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ハッとするほど印象に残る、クリーンな白パンツを主役にしたコーディネートです。くすみのない白のパンツが、会食やパーティなど、夜の暗がりのシーンに映えて。バンドカラーのコットンシャツも、白で統一すれば、華やぎも十分。視線を集める、リッチなジャケットスタイルが完成します。

【2】ミラ・ショーンの白ワイドパンツ×ベージュニット

森林浴でエネルギーをチャージする日は淡色トーンでリッチに。最高の時間を愛車とともに!
ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、帽子(ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店〈ヘレンカミンスキー〉)、スカーフ(エリオポール代官山)、グローブ(ebure)、バッグ(サードカルチャー〈シモネッタ ラヴィッツァ〉)、靴(JIMMY CHOO)、ポンチョ(東レ・ディプロモード〈コーニッシュ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ニットのポンチョや帽子など、カジュアルなアイテムを楽しむときこそ、白のパンツでリッチな印象をキープして。ファーのバッグとグローブをグレージュでリンクさせれば、さらなるこなれ感が演出できます。

【3】ミラ・ショーンの白ワイドパンツ×イエロージャケット

好印象な配色で、著名人の愛車遍歴についての取材へ
パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ピアジェ)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンチェッティ〉)、靴(JIMMY CHOO)、ジャケット(アストラット新宿見せ〈アストラット〉)、ニット(HAUNT代官山店/ゲストリスト〈HAUNT〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

淡いイエローのジャケットに白パンツと、やわらかい色合いでまとめた好感度の高い着こなし。足元はパステルなブルーでフェミニンに仕上げましょう。

【4】リビアナ・コンティの白ワイドパンツ×グレームートンコート

ファーのあしらいが「グレージュ」を進化させる
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、カシミヤニット(トラデュイール)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント・バングル(ラリック銀座店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

白パンツとグレージュムートンコートには、黒のレザーベルトとブレスレットで、淡色コーディネートをキュッと引き締めて。ファーの毛並みは、色味にニュアンスをつけてくれるもの。異なる質感のファーを重ねることで、グレージュはさらに表情豊かになります。

【5】ミラ・ショーンの白ワイドパンツ×黒ジャケット

リッチなパンツスタイルでグルメな友人推薦のイタリアンへ。サタデーブランチを堪能
パンツ・ニット・ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きの軽やかなジャケットに、白ワイドパンツを合わせ、ミラノマダム風のこなれたモノトーンスタイルに。オフに取り入れたい洗練コーデです。

【6】インコテックスの白ワイドパンツ×白ニット

パールカラーでまとめた美しいグラデーション配色コーディネート
コート(ストラスブルゴ〈マンツォーニ ベンティクワトロ〉)、ニット(ebure)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(エストネーション〈ヴィオラドーロ〉)、靴(キートン)、ネックレス(髙會堂六本木〈フェデリーコ・ブチェラッティ〉)、ピアス(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈テンサウザンドシングス〉) 撮影/唐澤光也・宗高聡子(パイルドライバー) BY:『Precious1月号』小学館、2018年

白パンツ、白ニット、ライトグレーのコートで全体をパールトーンでまとめれば、冬スタイルがどこまでも華やぎます。冬仕様のファー付きカゴバッグや靴にもイエローゴールドを配し、ワンランク上のカジュアルスタイルをつくり上げましょう。

【7】マックスマーラの白ワイドパンツ×グレージュストール

揺れるマントと艶めき小物で、優雅な女らしさを強調!
マックスマーラのマント・フード付きストール・パンツ・サングラス・エス マックスマーラのニットチュニック(マックスマーラ ジャパン)、パールネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

フリンジ付きのカシミヤマントは、シンプルな装いにさらりとはおるだけで、センスアップできる一枚。白のワイドパンツなど、色も質感もこっくりと重ねながら、足元にはヒールパンプスで、程よい緊張感を添えましょう。

白パンツに合う靴とのコーデ


【1】白パンツ×黒パンプス

【1】白パンツ×黒パンプス
©AFLO BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ヴィクトリア・ベッカムのサテンの白素材のパンツを使ったコーディネートですN.Y.で開かれたアナ・ウィンターのホームパーティに参加した際の装いで、ジャケット×パンツでクールなルックスを叶えています。光沢のあるサテン地のパンツをベースにした、オールホワイトの着こなしは、夜のシーンでこれ以上ないほど映えます。

【2】MOGAの白パンツ×ネイビーパンプス

【2】MOGAの白パンツ×ネイビーパンプス
ケープ・ブラウス(ブラミンク)、パンツ(MOGA)、ファーストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ピアス(エドストローム オフィス〈シャルロット シェネ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ボリュームケープの立体感を引き立てる、シンプルなクロップド丈の白パンツスタイル。ダブルフェースのウールケープは、上質な素材感を生かすような、ミニマルなデザインが魅力的。コートの中は、シルクブラウス×細身パンツですっきりと。

【3】フェンディの白パンツ×黒ショートブーツ

【3】フェンディの白パンツ×黒ショートブーツ
ストール・パンツ・コート・バッグ・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

モノトーンのシンプルシックなパンツスタイルには、黒のショートブーツが好相性です。バッグとストールの立体的な素材感で、リッチな華やかさをプラスして。

【4】フェンディの白パンツ×黒パンプス

シンプルなパンツの着こなしが決まるのも名品コートの力量
コート・ニット・パンツ・バッグ・ピアス・バングル・時計・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

コートは、白パンツのポケットにそのまま手が入るほど、両脇に深いスリットが入っているので、アクティブな動きにも対応。ジャケットの上からもはおれる余裕のあるつくりで、着こなしの幅が広がります。足元は黒のパンプスで快活に。

【5】Theory luxeの白パンツ×ベージュハイヒール

こなれ感と洗練を生むニュアンスホワイト
ジャケット・パンツ(Theory luxe)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ティー マット マサキ パリ〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZASI X)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

清楚な雰囲気の白パンツには、コンパクトな肩幅や袖周りがロングシルエットの白ジャケットを。足元カラーは、落ち着いたベージュで、大人の女性の印象に。

【6】マックスマーラの白パンツ×グレーパンプス

アイシーなグレージュ×白パンツのグラデーションに知的ブルーの差し色効果
エス マックスマーラのコート・ニット・ウィークエンド マックスマーラのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、ピアス(バーニーズニューヨーク〈ヴィオリナ〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ピュアな白を生かしたグレージュワントーンは、大人にとって、もはやお手のもの。淡いトーンはくずさずに、ほんの少し色で変化を加えるのが気分です。たとえば、白パンツにはアイシーな水色のニット。シンプルな薄軽チェスターコートがフレッシュによみがえります! 

【7】リーバイスの白パンツ×黒ブーツ

愛犬と過ごす特別な時間を温かく包むのは、この贅沢な1枚
ケープ・ブーツ(バブアー 渋谷店)、ニット(ブラミンク)、パンツ(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ メイド アンド クラフテッドⓇ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

張り感のあるオリーブグリーンのケープは、英国生まれのバブアー。雨の日が多い英国の気候に適した防水性の高いワックスドコットン素材を使用しています。歩くたびに裾がひらりと翻り、グリーンのタータンチェックのライナーがのぞく様子がドラマティックに映えるのです。温もりのある白いケーブルニットと白パンツ、黒ブーツを合わせれば、大人トラッドが完成します。

白パンツとスニーカーのコーデ


【1】白パンツ×グレースニーカー

エンポリオ アルマーニのガウンコート
コート(ebure)、ニット(ドゥロワー丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ストール (チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、サングラス(シャネル アイウェア事業部)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

大人のバランスを意識したビッグシルエットのピーコート。生地は、メリノウールの、繊維の細い16番単糸を使った二重織りメルトンを、ビーバー仕上げにしたもの。クラスブランドも重用する、クオリティーの高いファブリックで、定番ネイビーのピーコートを今年らしくアップデートした自信作です。

【2】ミラ・ショーンの白パンツ×ベージュスニーカー

クリーミートーンのカジュアルスタイルで日帰りトリップへ
ニットカーディガン・ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、スカーフ(スローン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

白ニットとパンツで、上下を白でまとめたら、襟元にポイントづくりを。ブラウン系のスカーフを細く折り、タートルネックのようにくるくると首元に巻きつけて。足元はスニーカーでカジュアルに仕上げましょう。

【3】ロロ・ピアーナの白パンツ×白スニーカー

極上の素材だけが出せる繊細なトーンのリュクスなミルキーホワイト
カシミヤパンツ・ムートンファージャケット・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

Aラインシルエットに愛らしさが漂う手の込んだシアリングファーのムートンジャケットに、ワイドシルエットに大人の余裕が香るベビーカシミヤニットパンツを合わせて。パンツ、スニーカーまで美しく白でまとめた装いに、グレージュバッグのシックな差し色が映えます。

【4】ロロ・ピアーナの白パンツ×白スニーカー

ハイスペックな白をスポーティにまとめてこなれた着こなしに!
カシミヤのニットブルゾン・カシミヤのストール・コットンストレッチのパンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、バングル・時計(ブルガリ ジャパン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ワッフルのような編み目から生まれるニットの陰影が、カシミヤの優しい質感を引き立てるブルゾン。白パンツと白ニットとともに重ねた白が絶妙なトーンで、異素材の組み合わせから表情も豊かになります。スポーティーなスニーカーもエレガントに。

【5】トモウミ オノの白パンツ×白スニーカー

淡色コーディネートでもぼんやり見えないスタイルアップを実現!
カシミヤのコート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ウールのニット(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、スヌード(ステディ スタディ〈イヴ サロモン〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ほのかなベージュに美シルエットが映えるダブルフェースのコート。オフホワイトニットと白パンツの細見えIラインにより、淡色が引き締まり、濃色スヌードも高い位置でスタイルアップ効果が狙えます。

白パンツのカジュアルコーデ


【1】フェンディの白パンツ×白ニット×ファーストール

【1】フェンディの白パンツ×白ニット×ファーストール
ニット・パンツ・ストール・バッグ『ラナウェイ』・別売りのブルーのハンドルストラップ・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

映画館に映画鑑賞に向かうときのカジュアルな装い。伝統的なインレイ手法で、グレーに黒と白のファーを少量ミックスされた、ボリューム感のあるフォックスのストールを、シルクブラウスにひと巻き。

【2】アクリスの白パンツ×グレージュコート

0
ウールのコート(ブラミンク)、カシミヤシルクのニット(トラデュイール)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ストール(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡いグレージュのコートと白パンツの組み合わせは、上品だけれど、ともするとコンサバティブで地味になりがち。ファー付きのグレージュストールでちょっと派手めなくらいのゴージャスさを加味しましょう。

【3】ロロ・ピアーナの白パンツ×ピンクマント

端正なマントに隠されたピンクのカシミアがもつタイムレスな美しさを堪能
マント・ニット・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

女性ならだれもが心惹かれる、淡く、優しいパウダーピンク。濁りのないクリアな発色は、クオリティーの高いカシミヤを用いているから表現できること。しっとりと肌になじむ一枚仕立てのカシミヤマントは、まさに幸福感に包まれるための一枚。ボトムスは白パンツで控えめにするのがポイントです。

【4】マックスマーラの白パンツ×白ニット

まろやかなクリーミーグラデーションで幸せ感あふれるコートスタイル
マックスマーラのコート・パンツ・バッグ・エス マックスマーラのニット(マックスマーラ ジャパン)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

マックスマーラのハイエンドなコレクション『マックスマーラ アトリエ』のコートと白パンツ。手縫い仕上げのダブルフェース生地「ドッピオ・アプリービレ」にウォッシュ加工を施し、フェルトのようなふくらみをもつテクスチャーです。驚くほどの軽さと暖かさを実現。ボタンレスの、量感のあるシルエットを颯爽とはおってエレガントに仕上げましょう。

【5】エスカーダの白パンツ×ベージュコート

ベルト付きのファーストール
コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブラウス(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、パンツ(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、ストール・バッグに巻いたスカーフ(フェンディ ジャパン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

クリーミーカラーを重ねて、洗練されたたたずまいを目指すのなら、白パンツにブルーグレーのファーストールをアクセントに合わせて。バッグのハンドルはビタミンカラーのスカーフでアレンジを加えて、フレッシュな「巻き物」スタイルを完成させましょう。

【6】アニオナの白パンツ×ヌードピンクポンチョ

ヌードピンクから白へ…淡くソフトな繊細トリコロール
ポンチョ・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

しなやかにドレープを描く、カシミヤポンチョは、最も貴重なエクストラロングのカシミヤ糸を使用したダブルフェース。なめらかなカシミヤ生地をていねいに染色したパネルを、シルク糸で緻密に張り合わせた贅沢な仕立てです。ヌードピンク、オフホワイト、モカベージュの繊細なトリコロール配色に、ボトムも同系色の白パンツでつなげ、全体をやわらかな印象に。