冬の定番・ノーカラージャケットのコーディネートをピックアップ。フォーマルにもカジュアルにも着こなせるノーカラージャケットのコーディネートのお手本を一挙にご紹介します。

【目次】

ノーカラージャケットのフォーマルコーデ


【1】ミラ・ショーンの黒ノーカラージャケット×グレーワンピース

ワンピースで可憐に。カメラマンが主催する写真展のオープニングへ
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、イヤリング・ペンダント(ピアジェ)、グローブ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きのジャケットとワンピースで、華のあるフォーマルな装いに。ギンガムチェックのパンプスで、ほんのりフレンチシックを意識しましょう。

ノーカラージャケットのオフィスコーデ


【1】アンスクリアのライトグレーノーカラージャケット×ライトグレーパンツ

カーディガン感覚で着られるノーストレスなジャケットで格好よく
ジャケット・パンツ(アマン〈アンスクリア〉)、ニット(トラデュイール)、M/G TASAKIのネックレス・TASAKIのバングル(TASAKI)、バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

袖下から腰位置にあるポケットまでの脇にダーツを施して腰の丸みを強調するなど細かな配慮を取り入れた、女性らしいシルエットが絶妙なオフィスに着ていきたいノーカラージャケット。温もりの漂うフランネル素材のグレーも、上品な印象を与えてくれます。

【2】ボスのベージュノーカラージャケット×ベージュパンツ

今季らしいキャメルのフランネル素材のスーツはスタイル美人も約束
ジャケット・パンツ・ニット(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、眼鏡(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、TASAKIのピアス・ネックレス・M/G TASAKI のリング(TASAKI)、時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

オフィスで力を発揮するすっきりとしたVノーカラージャケットは、スタイルアップ効果抜群。深めのネックラインにあしらわれた艶やかなサテン素材や絶妙なウエスト位置も、メリハリのあるシルエットを強調してくれます。

【3】ディオールの黒ノーカラージャケット×白Tシャツ

ミニタッセルが揺れる大人かわいい一着は、デニムに合わせて
ジャケット(クリスチャン ディオール〈ディオール〉)、Tシャツ(ストラスブルゴ〈ザ ハイアリン〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ピアス(エストネーション〈ホリー ライアン〉)、バッグ(コロネット〈フォルテ フォルテ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2018年

小粋に構築的な美シルエットを気負いなく見せるタッセル使いを生かして、ノーカラージャケットをカジュアルダウン! Tシャツを合わせて前を開けても品格が失われないのもオフィス向きです。

【4】ポール・スチュアートのライトグレーノーカラージャケット×ネイビーニット

ひし形スカーフ
シルクスカーフ(アマン〈アルテア〉)、ジャケット (SANYO SHOKAI〈ポール・スチュアート〉)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス(リンクスオブ ロンドン青山店) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

シンプルなノーカラージャケットを際立たせる先端が尖ったひし形スカーフは、Vゾーンでさりげなく垂らすときに有効。首元できゅっと小粋に巻くのが、オフィスで気合いを入れたいときにはおすすめの巻き方です。

【5】ベイジのグレーノーカラージャケット×黒ブラウス

レースブラウス
ブラウス(ヒューゴ ボスジャパン〈ボス〉)、ジャケット(オンワード樫山〈ベイジ〉)、パンツ(wb) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

素肌がうっすら透けるレースブラウスは、オフィスや仕事で出席するパーティや食事会で大活躍。ジャケットの堅さも和らぎ、大人の女性の風格も漂います。

【6】バーニーズ ニューヨークのブラウンノーカラージャケット×ネイビースカート

秋の訪れから冬本番まで…季節をまたいで長く着られる
シープスキンのジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ニット(アオイ〈ポール カ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・リング(バーニーズ ニューヨーク〈シャーロット レベック〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャケットは、留め具やポケットも廃した潔いデザイン。程よくゆとりのあるシルエットと深めのキャメルが、ネイビーを女らしく格上げするオフィスコーデです。

ノーカラージャケットのカジュアルコーデ


【1】キートンのベージュノーカラージャケット×白カットソー

0
ピアス『グレイン』(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、ジャケット(キートン 銀座店)、カットソー(ebure) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

個性的なフォルムから放たれる、奥行きのある輝きと存在感は新鮮な大ぶりのピアス。いつものひと粒パールを、モード感漂うパールピアスに替えるだけで、上品なノーカラーのスーツもどこかモダンカジュアルな印象になります。

【2】ミカコ ナカムラのネイビーノーカラージャケット×白シャツ

風格すら漂う美しい風合い&色が華やかな気品をもたらして
ジャケット・パンツ・シャツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキ ョウ)、ネックレス(ボン マジック サロン〈ボン マジック〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

極上のシルクとウールを高密度で織ることで生まれた、艶やかな素材が特別なジャケット。たっぷりしたカジュアル寄りなパンツが横から見るとすっきり映るのも、この素材が生み出す構築的なシルエットの賜物です。

【3】ミラ・ショーンの黒ノーカラージャケット×黒パンツ

編集部で打ち合わせ。こっくりカラーでセンスよく
ニット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、パンツ・ベルト・グローブ (ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴 (アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ダブルフェースの黒ジャケットの内側とニットの色味をさりげなくリンク。レオパード柄の靴で、カジュアルに大人の艶を! 

【4】アストラットのイエローノーカラージャケット×白トップス

おしゃれのカンフル剤にもなる陽気な色で休日シーンを盛り上げて
ジャケット(アストラット 青山店〈アストラット〉)、トップス(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ブローチ(ADORE)、ショーネベルグのバッグ・ユナイテッドアローズの靴(ユナイテッドアローズ 銀座店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

旬色のイエローのジャケットを大胆に取り入れて、心躍る着こなしのカジュアルコーデ。サフランのようにきれいな色味が引き立つよう、ボトムは深みのあるインクブルーで引き締めるのが賢明です。仕上げはシルバーの靴で軽やかに仕上げましょう。

【5】バーニーズ ニューヨークのブラウンノーカラージャケット×白パンツ

秋の訪れから冬本番まで…季節をまたいで長く着られる
ジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ベイジのカットソー・ジョゼフのパンツ(オンワード樫山)、時計(IWC)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉)、ピアス・ネックレス(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈シェイスビー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

シープスキンのノーカラージャケットには白パンツをチョイスして、カジュアルなのに知的に凜々しいコーディネートに。

【6】バーニーズ ニューヨークのブラウンノーカラージャケット×白ワンピース

秋の訪れから冬本番まで…季節をまたいで長く着られる
シープスキンのジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ワンピース(三喜商事〈アリュード〉)、ストール (アオイ〈マルゴン〉)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、ピアス(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(バーニーズニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈アルフィ・ダグラス〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ベージュ~白のミックスニットストールが、ワンピースとジャケットとのなじませ役として活躍。それ以外の小物はあえて黒でまとめ、カジュアルなスタイルを、よりかっこい着こなしに仕上げましょう。

黒ノーカラージャケットのコーデ


【1】シャネルの黒ノーカラージャケット×黒パンツ

「秋の森」のエッセンスでツイードジャケットを彩って
ジャケット・バッグ(シャネル)、パンツ/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

メゾンを象徴するツイード仕立てのジャケットの新作は、コンパクトなスクエアショルダーとペプラムの裾が特徴。コレクションのテーマである「秋の森」から着想した木の枝を思わせるブレードとの相乗効果で、シンプルな着こなしがたちまちフォーマルに! アイコニックなモチーフをちりばめたチェーン付きショルダーバッグで、今をエレガントに生きる女性の心意気を表現しましょう。

【2】MOGA WASHABLEの黒ノーカラージャケット×黒スカート

0
靴(JIMMY CHOO)、MOGA WASHABLEのジャケット・タイトスカート・ブラウス(MOGA)、ピアス(バーニーズ ニューヨーク〈ソコ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、タイツ(ステッラ〈ピエールマントゥー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

甲の部分がV字にカットされたシューズは、着こなしにシャープ感を加えてくれる特効薬。シンプルな黒のジャケットを「新しい印象」にシフトできます。

【3】プロエンザ スクーラーの黒ノーカラージャケット×黒スカート

かしこまった席でも自信をもてるフェミニンなセットアップ・スタイル
ブラウス(ブルーベル・ジャパン〈ヴェネッサ シュワード〉)、ジャケット・スカート(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉)、ネックレス(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

ホワイトのハイネックブラウスは、白シャツにも似た、クリーンな印象が魅力。ブラウスに合わせたツイードの黒ジャケットは、フォーマルさもありつつ、リボンベルトやアシンメトリーなスカート裾に遊びが光って。コントラストが強いからこそ、ふんわりとしたミンクファーのバッグで優しげなオーラを放ちましょう。

【4】ザ ロウの黒ノーカラージャケット×黒パンツ

合わせしだいで、きちんともカジュアルも自在にかなう
ラムスキンのジャケット・パンツ・バッグ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

薄手のストレッチレザーが、肌と一体化するようなフィット感を実現した黒ジャケット。アウター1枚をトップス感覚で着るときは、このデザインを生かして着るのがストイックになりすぎないポイントに。小物まで黒~グレーで全身をまとめたスタイルものっぺり見えないのは、ジャケットの艶が自然な立体感をもたらしているおかげです。