ブルーダイヤモンドの価値が8倍に!?

2018年10月3日に香港で行われたサザビーズジュエリーオークションでは、18年前に比べて「ブルーダイヤモンド」が約8倍相当の金額で取引されたことで、話題を集めました。

サザビーズジャパンのジュエリー部門の担当をされている植村亜希子さんは、「5カラットのブルーダイヤモンドで比較すると、2000年には1カラットあたり約3000万円で取引されていたのに対し、今回は約2億5千万円で取引されました。その事実からみても、年々、ブルーダイヤモンドへの関心は高まっているといえます」と、コメント。

その価値が高騰していくブルーダイヤモンド、ここでは、特に注目を集めた、TOP3のブルーダイヤモンド・ジュエリーにフォーカスを当てます。

香港のサザビーズジュエリーオークションで注目度の高かったジュエリー3選

■1:テーマは“愛”!ステップカットのブルーダイヤモンドは15億円超え

5カラットのファンシー・ビビッド・ブルーダイヤモンド

今回のオークションのいちばんの見どころとしては、“愛”と名付けられたステップカットのファンシー・ビビッド・ブルーダイヤモンドがあげられます。こちらは、予想落札価格がHK$98,000,000〜(約14億円〜)だったところ、実際にはHK$108,400,000(約15億7千万円)で落札されました。

■2:吸い込まれるように美しい!ペアーシェイプのブルーダイヤモンドは3億円越え

3.47カラットのファンシー・インテンス・ブルーダイヤモンド

次に注目度が高かったのは、水々しい輝きを放つペアーシェイプのファンシー・インテンス・ブルーダイヤモンドです。見る角度によって表情を変える美しさは、ただならぬ引力を感じさせます。こちらは、予想落札価格がHK$21,000,000〜(約3億円〜)のところ、HK$24,120,000(約3億5千万円)で落札されました。

■3:唯一無二の存在感を放つ!ハリーウィンストンのリングは8400万円越え

1.42カラットのファンシー・インテンス・ブルーダイヤモンド

珍しい発色のブルーダイヤモンドが中央に配されたハリーウィンストンのリングは、ピンクダイヤモンドが周りを囲った唯一無二のデザインに、注目が集まりました。こちらは、予想落札価格がHK$4,000,000〜(約5,700万円〜)のところ、HK$5,880,000(約8400万円)で落札されました。

「ブルーダイヤモンドは、現在では採取自体が困難とされていることもあり、希少性が高くなっています」と、植村さん。どこまで価値が上がっていくのか、今後の動向から目が離せません。


期間中にはマリー・アントワネットが愛したジュエリーが200年ぶりに公開に

オークション期間中には、かつてマリー・アントワネットが所有していたジュエリーが200年ぶりに公開され、世界的なニュースにもなりました。こちらはいずれも、ブルボン=パルマ王家がロイヤルジュエリーコレクションとして所有してきた宝飾品コレクションの一部で、2018年11月14日(水)にジュネーブで開催されるサザビーズジュエリーオークションへの出品に先駆け、今回初めて一般公開されました。

199粒の天然真珠ネックレス【落札予想価格:20〜30万USドル(約2,200〜3,300万円)】
天然パール(26×18mm)とダイヤモンドのペンダントトップ【落札予想価格:100〜200万USドル(約1億1,000〜2億2,000万円)】
天然パールイヤリング【落札予想価格:3~5万USドル(約330〜550万円)】

ジュネーブで行われるオークションでは、マリー・アントワネット由来のジュエリーほか、ブルボン=パルマ家に伝わるジュエリーコレクションから、100点以上の宝飾品が登場します。

サザビーズジュネーブジュエリーオークションの専門家は、「Sale of the century(今世紀最も重要で注目が集まるオークションになるであろう)」とコメントしています。かなりの高値で落札される可能性のあるオークションは、まさに予測不可能。どんな結果を招くのか、今から注目が集まります。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
石原あや乃