今もっとも注目を集め続けている女性と言っても過言ではない、英国のメーガン妃(メーガン・マークル)。ロイヤルベビー誕生が期待される中、つい先日妊娠が発表され、世界中から祝福の声が上がっています。プリンセスにふさわしい彼女の資質とは? ヘンリー王子を射止めた魅力とは?

Precious.jpの「今月の占い」で毎月の運勢を占っていただいている、フォーチュンカウンセラー・深層心理セラピストの斎木サヤカ先生に、メーガン・マークルさんの魅力を数秘術で占っていただきました。

■メーガン妃の、プリンセスとしての素晴らしい才能や資質は

メーガン妃の持って生まれた気質とは?(画像:ペイレスイメージズ/123RF.COM)

編集部:女優になる前の11歳のとき、メーガン・マークルさんはすでにアメリカで注目の的になっています。彼女は、女性だけが家事を行うことを当たり前のように表現した台所用洗剤のCMの内容に抗議するため、当時のファーストレディであるヒラリー・クリントンに手紙を送ったのだとか。のちにヒラリーの激励もあって、そのCMの内容は変更されたそう。

女優になった後も、そして結婚後も、フェミニストとして活動している彼女ですが、その信念や正義感などを含め、メーガン妃の持って生まれた気質とは、どのようなものなのでしょうか?

誕生数「4」は、“普通”を的確に捉えていく優れたバランス感覚の持ち主

斎木先生:メーガン・マークル(Meghan Markle:本名は、Rachel Meghan Markle)、現在はサセックス公爵夫人メーガン(Meghan, Duchess of Sussex)は、1981年8月4日生まれの37歳。

メーガン妃の誕生数は4、運命数は2です。名前から導き出す運命数は、結婚をして姓が変わると異なってきますが、まずは彼女の生まれ持ったものから見ていきましょう。

あなたの誕生数は? 運命数は?を占うならこちら

誕生数の4からは、彼女がよい意味で「普通さ」のセンスを持つ人であることがわかります。その場その場、その時代時代における「普通」を、的確に捉えていく優れたバランス感覚の持ち主です。

幼い頃は、決して目立つタイプの子ではなかったはず。場に馴染み、溶け込むような、そんな感じだったことでしょう。礼儀正しく、奥ゆかしく、いわゆる「いい子」だったのではなでしょうか。

ただ、単なるいい子ではなくて、正しいことをしたい意識が強く、みんなが平等であることには特にこだわっているような少女だったかもしれませんね。弱い立場の人がいれば守ろうとしたり、ずるい人がいれば正しく導こうとしたり…。そういったことは、幼い頃から当たり前にやっていたのではないでしょうか。

「何が“普通”なんだろう…?」は、メーガン妃の人生上のテーマ

そんなピュアな彼女の目には、男性と女性がまだまだ平等ではない社会の雰囲気が、きっと不思議に思えたのでしょうね。ですが、その一方で、多くの家庭では女性が家事をおこなっているという「普通」もわかっている。男性と女性が平等ではないのに、それが普通のことになっている世の中ってどうなんだろう…? そんな疑問が、彼女の中にはずっとあったかもしれません。彼女にとっては、何が普通なんだろう、というのは、ずっと人生上のテーマだったのではないかと思います。それは、彼女の血筋や出生も影響しているかもしれませんね。

ロイヤルファミリーの“普通”を理解できるのは、プリンセスとしての資質

そんな彼女なので、ロイヤルファミリーとしての「普通」にも、しなやかになじんでいっているのではないでしょうか。ロイヤルファミリーには、ロイヤルファミリーの普通があるはずですよね。それを理解できるというのは、プリンセスとしての資質と言えるかもしれません。

■メーガン妃のルーツや、女優という仕事が人生に与えた影響とは?

女優として活躍する目標を叶えたあと、本来の目標へとシフトしていったメーガン妃(画像:ペイレスイメージズ/123RF.COM)

編集部:大学では演劇と国際関係を専攻し、卒業後女優の道を歩み始めたメーガン・マークル。母がアフリカ系、父がオランダ・アイルランド系というメーガンは、白人の役にも黒人の役にもフィットするのが難しく、なかなか芽が出なかったそう。しかし、デビューから9年後の2011年に、テレビドラマシリーズ『SUITS/スーツ』のレイチェル・ゼイン役(弁護士志望のパラリーガル)でブレイク。賢くて美しく、人種を超えた魅力を体現したレイチェル役は、彼女の魅力をも開花させました。

そして、ヘンリー王子との婚約ののち、メーガン妃は女優を引退します。彼女のルーツや女優という仕事が、メーガン妃の人生に与えた影響とは、どのようなものなのでしょうか?

メーガン妃に別の人生があったら、まさに弁護士として活躍していた?

彼女が弁護士の役でブレイクした、というのも運命を感じますね。彼女に別の人生があったら、まさに弁護士として活躍したのではないか、というくらい、彼女の資質を輝かせる作品に出会うことができたと言えるでしょう。

彼女にとっての2011年は、運勢的には、外へ出ていくというより、どちらかというと内面を磨くサイクル。本当の意味で仕事への探求熱が高まったのがこの時期で、その内なる情熱の輝きが、女優としての存在感につながったのだと言えそうです。

新たな人生ヴィジョンを思い描き、離婚という一歩を踏み出したメーガン妃

彼女の運勢が好調を極めるのはその2年後。そして、人生上の新たなスタートを意味する時期に入るのが、2014年です。女優として乗っているときですが、この頃から、彼女には新たな人生ヴィジョンはあったのではないかと思います。

彼女は、この頃に離婚の決断をしていて、一見すると、離婚が、彼女を新しい人生へと向かわせているようにも見えますが、実際はその逆。新しい人生ヴィジョンを思い描くようになったから、彼女は新たな一歩を踏み出していくことに決めたのでしょう。

余談ですが、2014年頃に離婚を決めた人は、実はとても多くて。新たな人生ヴィジョンに照らし合わせながら、納得のいくスタートを切っていく、そんな運勢の後押しがあるときだったんです。彼女も、ストレートに流れに乗ったようですね。

演じることが楽しい!と思えることで、次のステージが開かれた

女優として活躍したいと切望していたときには、なかなかその願いは叶わなかったけれど、活躍できるかどうかはさておき、演じること自体の探求が楽しくなってきた頃、彼女は運命的な作品『SUITS/スーツ』に出会っています。このときに、「欲しい」を手放すこと、女優として活躍したい!より、演じることが楽しい!と思えることが、次のステージへと向かわせることを、彼女は体感的に知ったのではないでしょうか。

【関連記事:『SUITS/スーツ』登場時のメーガン・マークルさんの服装についてはこちら】

運命数「2」のメーガン妃は、「愛のために尽くしたい」という理想を抱いている

運命数2の人は、「愛のために尽くしたい」という理想を、魂の深い部分に抱いています。期待に応えることを喜びとする心を持つ人でもあります。

女優として活躍する目標を叶えたあと、彼女の次なる目標は、本来の人生上の目標へとシフトしていったのでしょう。慈善活動も精力的に行っていたそうですが、それはきっと、すべての人に平等に愛を与えていきたい、そんな願いがあってのこと。「みんなが普通の幸せを得られるように」、そうした願いを持ち続けているのは、幼い頃から変わっていないのではないでしょうか。

■メーガン妃がヘンリー王子を射止めた最大の魅力は?

好みや資質はとても対照的なメーガン妃とヘンリー王子(画像:ペイレスイメージズ/123RF.COM)

編集部:婚約当時の年齢は36歳、ヘンリー王子より年上で、離婚経験もあるメーガン・マークル。ズバリ、メーガン妃がヘンリー王子を射止めた最大の魅力は、どんなところでしょうか? また、彼女がヘンリー王子に惹かれた部分や、結婚を決断した理由とは?

ヘンリー王子にとても魅力的に映った、メーガン妃の柔軟なバランス感覚

斎木先生:サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry, Duke of Sussex、全名は、Henry Charles Albert David)、通称・ハリー王子(Prince Harry)は、1984年9月15日生まれ。

ヘンリー王子の誕生数は1、運命数は9、ソウルナンバーは7です。おふたりのパーソナリティー、好みや資質はとても対照的。決して似ているタイプではないようです。

ただ、生き方や人生ヴィジョンにおいては、寄り添い合うところがたくさん。やんちゃなイメージのヘンリー王子ですが、彼は人の期待に応えることが大好きな人。自由気ままな振る舞いに見えますが、いざとなったら、大切なもののために身を尽くしていく、そんな自己犠牲的なスピリットをお持ちです。

彼もまた、王子としての「普通」と向き合いながら生きてきた人。「普通」の殻を破りたくて、もがいていた時期もあったかもしれません。そんなヘンリー王子には、彼女の柔軟なバランス感覚はとても魅力的に映ったことでしょう。

「今までの自分を超えたい」と願うヘンリー王子にとって、メーガン妃の生き方は尊敬に値する

ヘンリー王子は、「今までの自分を超えたい」という情熱をいつも心に秘めています。そんな彼には、彼女の古い殻を脱ぎ捨てて前進してきた生き方は、尊敬に値するものに思えたことでしょう。離婚歴すらも、魅力的に見えたかもしれません。この女性と一緒なら、今までと違う未来を開いていけるかもしれない、という期待もあったのではないでしょうか。

メーガン妃の「居心地のよいムードづくりに関する天性のセンス」が一番の決め手

また、彼女は姉御タイプでありながら、相手に合わせる従順さも持っている人。何より、彼女は空気を読むことに長けていて、居心地のよいムードづくりに関しては天性のセンスを持ちますから、一番の決め手はここでしょうね。きっと、ヘンリー王子は、一緒にいて安心する、心地よいと感じたことでしょう。無意識ながらに母性を求めたのかもしれませんね。

■ヘンリー王子とメーガン妃のロイヤルベビーや子育てはどうなる?

ヘンリー王子は子煩悩、メーガン妃は教育ママに!?(画像:ペイレスイメージズ/123RF.COM)

編集部:先日、イギリス王室がメーガン妃の妊娠を発表しました。出産は来2019年春の予定のようですが、どんなロイヤルベビーが誕生すると予想されますか? また、メーガン妃とヘンリー王子は、どのような姿勢で子育てに取り組みそうでしょうか?

2019年は、メーガン妃にとってますます愛に包まれていく運勢

斎木先生:2019年という年は、メーガン妃にとって、ますます愛に包まれていく運勢。彼女にとっては、望んだものが望んだように現実にあらわれてくる、そんな体験に期待できるときです。いずれは、男の子も女の子もどちらも欲しいと思っているでしょうけれど、次世代を担う王子の誕生には、より期待しているかもしれませんね。なんといっても、その場の期待に応える的確さに優れているメーガン妃ですから、どちらにしても、周囲に祝福される幸せなロイヤルベビー誕生となることでしょう。

ヘンリー王子は子煩悩、メーガン妃は教育ママに!?

ベビーが生まれたら、ヘンリー王子のやんちゃぶりは、すっかり影をひそめてしまうかもしれませんね。有り余っていた情熱の矛先は、大切なもののために向かっていくことでしょう。

メーガン妃の母としての姿は、礼儀などをしっかりとしつける厳しい、教育ママの面を発揮するかもしれません。おふたりとも、厳しくしつけるほうだと思いますよ。

■メーガン妃から学ぶべきこと、お手本すべきところは?

あなたの人生のヒロインはあなた。その視点が人生をクリエイティブにする(画像:ペイレスイメージズ/123RF.COM)

編集部:わたしたち女性にとって、メーガン・マークルさんに学ぶべきところはどんなところでしょうか? 彼女のように美しく聡明で、自分の信念を貫き、グローバルで平等な視点を持って生きるために、お手本にすべきところがあれば教えてください。

自由気ままに生きることより、人々の希望の光として生きることを選択したメーガン妃

斎木先生:メーガン妃は、わたしたち女性の憧れをすべて手に入れているようにも見えるかもしれません。彼女自身も、女優として、女性として、人々に夢や希望を与える存在であろうと、セルフプロデュースしてきたのではないでしょうか。人々に見られることによって、その魅力と存在感はどんどん洗練されていったことでしょう。自由気ままに生きることより、人々の希望の光として生きることを選択した、と言えるかもしれません。

他者や世界の人々を幸せにすることで喜びを得る、メーガン妃とヘンリー王子

世界で活躍する方々は、自分が何かを得ることより、他者や世界の人々を幸せにするほうが喜びが大きいことに、心の深い部分で気づいているんですよね。それが、いわゆる「徳がある、徳を積む」という生き方なのですが、メーガン妃もヘンリー王子も、それは共通しているところです。

一般社会で生きるわたしたちにも、これはお手本となる生き方です。誰かの幸せを一緒に喜べることの充足感って、自分ひとりの満足の比ではないもの。ビジネスならクライアントやユーザー、エンドユーザーまで。プライベートなら、家族やパートナーはもちろん、家族やパートナが大切にする人たちまで。関わる人々の幸せを思い描きながら取り組んだなら、日々の仕事の重みややりがいに、よい変化が加わると思います。

あなたの人生のヒロインはあなた。その視点が人生をクリエイティブにする

また、彼女は自分に厳しい人でもあります。客観的な視点をいつも意識して、いい意味でナルシスティックです。今のお立場になるまでもご苦労はあったでしょうし、これからも、人々の注目は集まりますから、気を抜けない日々が続くでしょう。でも、そんな中でも、ドラマの中のヒロインのように、ご自分を鼓舞しながら、たとえピンチにあっても、それを力にしていくことでしょう。

あなたの人生においては、あなたがヒロイン。誰も代役はできません。それなら、自分はどんなヒロインとして、人生を生きたいだろう…。そんなふうに思いを巡らせるのも楽しいのでは? そんな視点があるだけで、あなたらしさは広がって、人生はもっとクリエイティブなものになるのではないでしょうか。

編集部:斎木先生、ありがとうございました!

■斎木先生が数秘術で占う「11月の運勢」をチェック!

あなたや占いたい人の生年月日から導かれる誕生数で、今月の運勢を見てみましょう。
誕生数の出し方や占い結果はこちら≫
Precious会員(小学館ID会員)になれば、気になる相手との相性なども占うことができます。

斎木サヤカさん
フォーチュン・カウンセラー/深層心理セラピスト
著書に「数秘術完全マスターガイド」(駒草出版)がある。2001年より占い師としての活動を本格始動。その後、心理カウンセリングを専門的に学ぶ。アカシック・レコードや深層心理リーディングの他、占星術や数秘術、オラクルカードを用いてカウンセリングを行い、人生をクリエイトする力、「ホープフル・マインド」の目覚めをサポートしている。
Rising Sun(斎木サヤカオフィシャルブログ)

■Precious会員(小学館ID会員/無料)になると、さらに深い数秘術占いができます

・マイページから、今日の運勢、今月の運勢、今年の運勢をまとめて確認できる
・あなたの「歩むべき人生、未来の可能性」、「人生の目的、使命」、「本当に欲しいものを⼿に⼊れる⽅法」、「周りに求められるキャラクターとその活かし方」などを知ることができる
・あなたと誰かの相性が占える
・第三者同士の相性が占える

など、豊かな人生を送るための具体的なヒントがより深く、また対人関係についてのヒントも得られる内容となっています。ぜひ会員登録ののち、ご活用ください。

Precious会員(小学館ID会員)になるにはこちら≫

※すでに会員の方は、新たにローマ字の氏名を追加で登録していただくと、会員限定の数秘術占い(相性占いなど)が楽しめます。

関連記事

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。