限定50台!スペシャルなクリスマスケーキはいますぐ予約を

今年のクリスマスは何度もパーティーが開催されるかもしれません。なぜなら、「平成・最後のクリスマス」だから! 何かにかこつけて集まるならば、自分が主催するパーティーでは特別感を演出したいですよね。そんなケーキがずらりとそろっているのが、パレスホテル東京のクリスマスケーキです。

ホテルのクリスマスケーキはどこも気合が入っていますが、こちらはその形も素材使いもほかにはないアーティスティックなラインナップ。毎年趣向を凝らして創り上げられるクリスマスケーキは、そのラインナップの多さも価格帯もさまざまです。まずは、パレスホテルならではのゴージャスな3つをピックアップ。

■1:アルブル ド ノエル(限定50個)

アルブル ド ノエル ¥16,000(税別)
開けると真っ白なケーキが。今シーズントレンドのホワイトやゴールドを基調にしたクリスマスディスプレイにもマッチ。

雪の結晶をモチーフにしたホワイトチョコレートのツリーをそっとあけると、そこに現れたのは樹氷が凛と立つ雪原。フロマージュブランのチーズケーキには、柚子とマンゴーの爽やかな酸味を効かせた甘さ控えめに仕上げています。

ちなみに、「アルブル ド ノエル」とは、フランス語でクリスマスツリーの意味です。

■2:ブッシュ ド ノエル ル―ジュ(限定50個) 

ブッシュ ド ノエル ルージュ ¥20,000(税別)

こちらもブッシュ・ド・ノエルをアーティスティックにアレンジ。チョコレートでできた切り株の中にピスタチオとベリーのロールケーキを入れ込むという立体感のある演出。酸味のある味わいはシャンパーニュとの相性も◎です。

■3:フルール ド ノエル(限定 70 個) 

フルール ド ノエル ¥10,000(税別)

2018年の注目のフルーツだったシャインマスカットを主役にしたクリスマスケーキ。

アーモンド風味のタルト生地の上に美しくデコレーションされたシャインマスカットは、ショコラでつくられたポインセチアの赤と美しいコントラストを描き出しています。繊細な飴細工で仕上げた、ひと味違うクリスマスケーキ。

年に1度の特別な日に似合うクリスマスケーキ 

ゴージャスなケーキは普段でも食べられるけれど、たくさんの人と喜びを分かち合うクリスマスパーティーでは奇をてらいたくない。でも特別な主役になるクリスマスケーキを選びたい。そんな人におすすめなのが、こちらの3つ。

■1:ヘクセンハウス

ヘクセンハウス ¥8,000(税別)

子供の頃に読んだ童話の世界から飛び出してきたかのようなお菓子の家でできたクリスマスケーキ。チョコレートやクッキーでつくられた建物は蓋のようになっていて、中に隠れているのはチョコレートケーキ。どうやって切り分けるのか、悩むのもイベントのひとつに。

■2:スペリュール 

スペリュール ¥12,000(税別)

ケーキといえば、由緒正しきイチゴがあってこそ! そんな原点回帰のなかで、素材にこだわりぬいたゴージャスな逸品がこちら。北海道阿寒地域の生クリームにイチゴは栃木県産のスカイベリー、沖縄県産黒糖、フランス産 A.O.P.バターなど、最高級の厳選素材を使ったショートケーキです。

■3:モンブラン(限定 150個) 

モンブラン ¥8,000(税別)

モンブランとは、「白い山」という名前を持つフランスの山から名付けられたスイーツですが、クリスマスケーキ限定スタイルでは生クリームをゴージャスにデコレーション。甘味を抑えた生クリームと丁寧に裏ごしした栗をたっぷりと使用したパレスホテル独自のマロンシャンティイです。この時期だけは限定スタイルで提供。

こちらのクリスマスケーキの受け取り可能な販売期間は2018年12月19 日(水)から25 日(火)まで。 予約は購入日の3日前までとなっていますが、限定数のものは例年12月初旬には完売してしまうので、気になった方はまずは問い合わせを!

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子