肌なじみ、血色感、ツヤ感…。大人の女性の頬をナチュラルに染める、おすすめのクリームチークをまとめました。上品な顔立ちに仕上げてくれる、クリームチークの塗り方や塗る位置も、ぜひおさらいしてみてください。

【目次】

40代女性におすすめのクリームチーク


キッカの「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ」

■キッカの「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ」
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ 全7色 ¥3,000・ケース ¥2,000・スポンジ 2個入 ¥1,000

「今や血色チークが、絶対の主流という時代。肌づくりの本質を見つめ続けるキッカは、やはり一味違う提案をしてくれました。

それは、人が持つ自然な体温を表現したチーク。言うなれば36.5℃くらいの、最も健康的な肌体温が描き出す自然な紅潮を美しく表現してくれたのです。

小さな三角スポンジでトントンと軽く"スタンプ塗り"していくソリッドタイプだから表現できる、肌の内側からにじみ出るような体温カラーが本当に美しい」(美容ジャーナリスト・齋藤 薫さん)

「創作意欲を掻き立てる女」って、 大人の女にとって究極のテーマだと思う

シャネルの「パレット エサンシエル」

■シャネルの「パレット エサンシエル」
シャネル パレット エサンシエル ♯150 ¥7,000  © CHANEL

ナチュラルかつヘルシーなツヤ肌をつくるのに必須のコンシーラーとハイライター、チークカラーの3つのアイテムが収められたパレット。左のコーラルレッドを頬の高い位置から少し下に向けて、円を描くように薄く塗って。

チークの2色使いで若々しく!疲れた顔を華やかにするアンチエイジングメイク

クリームチークの塗る位置と塗り方


顔立ちまで変える大人の「チーク」術

左/チークあり、右/チークなし
左/チークあり、右/チークなし

チークを「入れても、入れなくても大差ない」なんて思っていませんか? 上の画像を比べてみてください。「チークあり」のほうが、たるみが目立たないことは明らかですよね。「チークなし」だと、視線が輪郭に及びがちになるため、平面的な顔立ちに見えてしまうのです。

ところが「チークあり」だと頬に視線が集まり、たるんだ輪郭に視線がいきにくくなるため、失われた血色も加わり若々しい印象に! ほんのりと紅潮した頬は「幸福感」そのものなのです。

若々しくて小顔効果もある、大人チークの3つの掟

3つの掟に従った、若々しくて小顔効果もある「チーク」術
3つの掟に従った、若々しくて小顔効果もある「チーク」術

■大人チークの掟1:形

下がった頬の位置が上がって見える、勾玉形のエラ部分にはチークをのせないこと。それがたるみを感じさせないコツとなります。

■大人チークの掟2:色

沈んだ色はNG。肌色に合った、明るくツヤ感のあるものを選びましょう。これ以上老け感を出したくない40代にふさわしいのは、パッと見もカワイイ少女色!

■大人チークの掟3:濃さ

入れすぎは厳禁ですが、淡すぎても効果が薄いため、「自分の感覚では気持ち強いかも?」くらいがちょうどいい濃さ。入れたことが明らかにわかる濃さを心がけましょう。

若々しく見え小顔効果もある「大人のチーク」3つの掟

「大人のチーク術」をマスターする簡単4ステップ

■1:まずは入れる位置を確認。思いっきり笑った状態で「勾玉形」に!

笑顔の状態で、チークを「勾玉形」に入れていく
笑顔の状態で、チークを「勾玉形」に入れていく

チークを入れる位置は、黒目の内側の垂直線、髪の生え際から指2本手前と目の上のラインの延長線上との交点から伸びる垂直線の内側に、「勾玉形」で描きましょう。鼻と唇の間の半分のラインより下に、はみ出ないようにするのがポイントとなります。初めて試すときは「思いっきり笑った」状態で、淡色のリップペンシルなどで薄く印をつけるとわかりやすいですよ。

■2:頰の最も高い場所にブラシをおき、そのまま髪の生え際へと流していく

頬の最も高い位置にブラシをおき、髪の生え際に向かって流すように
頬の最も高い位置にブラシをおき、髪の生え際に向かって流すように

クリームタイプは、頬の最も高い場所に指先でおき、人さし指と中指の2本の腹でポンポンと広げて。

■3:ケースの付属はNG。大きな鏡で、横顔だけでなく正面からも確認を

大きな鏡を使い、正面&横顔の両方で正しく描けたかをチェック
大きな鏡を使い、正面&横顔の両方で正しく描けたかをチェック

チークのケースについているような、小さな鏡を使っていてはダメ。左右対称に正しく描けたかどうかの確認は、必ず顔全体が写る鏡で正面から行いましょう。次に横顔で、勾玉形に収まっているか、頬の最も高い部分が濃くなっているか、そしてチークの輪郭がいまひとつ肌になじんでいない部分を、笑った状態でチェックしていきます。

■4:中指の腹がポイント。スポンジも併用して輪郭をぼかしたら完成!

中指の腹全体を使って、輪郭をぼかしていく。仕上げにはスポンジで軽く押さえて
中指の腹全体を使って、輪郭をぼかしていく。仕上げにはスポンジで軽く押さえて

最後に輪郭をなじませるのは、プロのメイクアップ・アーティストも必ず実践している重要なステップ。左右の縦方向のラインは中指の腹全体を当て、外側から中心部に向かい、一気に指を滑らせていきます。上下の曲線部分は、指先の腹でポンポンと。なじみきらなかったり、濃いムラがある場合は、ファンデーションのスポンジで軽く押さえて完成です!

上品で若々しい!「大人のチーク術」をマスターする簡単4ステップ

※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。