上品なコーデのときに重宝するグレー&ライトグレーのアイテムを、コートとパンツを中心に一挙にご紹介します。また、グレーと合う白などのアイテムとのコーディネートも取り上げていますので、チェックしてみてください。

【目次】

グレーコートコーデ


【1】ムーレーのグレーコート×黒パンツ

【1】ムーレーのグレーコート×黒パンツ
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

屋外は寒くても、屋内は暖か。寒暖差が激しい場所では、インナーダウンの脱ぎ着で温度調節するのが鉄則です。薄くて軽いからバッグにコンパクトに入れられるのも便利。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、クリーンな抜け感を演出しましょう。

【2】ebureのグレーコート×グレースカート

【2】ebureのグレーコート×グレースカート
コート(ebure)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

上品なグレーグラデーションをまとったN.Y.マダムをイメージ。モヘア混のコートはストライプ織りを選び、グレーの濃淡をつなぎましょう。

【3】ムーレーのグレーコート×黒パンツ

【3】ムーレーのグレーコート×黒パンツ
コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、ピアス・リング(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

初上陸のイタリアのアウターブランド・ムーレーで買ったばかりのインナーダウン付きカシミヤコートを主役に。防寒とリュクスな着こなしが両立する一着で、湖畔の散歩もおしゃれに、快適に過ごせます。

【4】アンノウンのグレーコート×白ストール

【4】アンノウンのグレーコート×白ストール
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(Theory)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(edit & co.)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉)、カメラ『ライカM10』・レンズ(ライカサポートセンター) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートのシアリング面を表に。グレーに色なじみのいい白のストールで動きを出して、白スニーカーで抜け感をつくると軽やかな洗練バランスが完成します。

【5】ラルディーニのグレーコート×白シャツ

【5】ラルディーニのグレーコート×白シャツ
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、パンツ(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ハイブッリッジインターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

大人にふさわしい品格を物語るグレーのジャケットコートを主役にしたコーディネート。光沢のある黒パンツを合わせ、タキシードスタイルのような特別感と華やぎを加えましょう。シャイニーなきらめきバッグで女らしさを演出。

【6】ラルディーニのグレーコート×黒ワンピース

【6】ラルディーニのグレーコート×黒ワンピース
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ストール(トラデュイール)、グローブ(キートン銀座店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーククロス〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

グレーのジャケットコートの襟元に、ボリュームのあるファーストールを巻けば、アウターを脱いでも華やかさはキープできます。

【7】ラルディーニのグレーコート×デニムパンツ

【7】ラルディーニのグレーコート×デニムパンツ
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ニット(ebure〈ebure〉)、デニム(ヤコブ コーエン GINZA SIX)、マフラー(チェルキ〈ピノロッソ〉)、バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

きちんと感を意識したいオフの日に、ジャケット感覚で着こなせるコートは大活躍。グレーニット×デニムという一見地味な着こなしも、白のニットマフラーを加えれば、華やぎを帯びてくるから不思議です。

【8】ラルディーニのグレーコート×白パンツ

【8】ラルディーニのグレーコート×白パンツ
コート(ストラスブルゴ〈ラルディーニ〉)、ニット(スローン)、パンツ(ストラスブルゴ〈インコテックス〉)、ネックレス(カオス丸の内〈アフター シェイブ クラブ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

マニッシュなグレーのジャケットコートに、爽やかなオフホワイトのスティックパンツで、すっきりとした縦シルエットを強調。トップスには、顔周りを華やかに彩るピンクのニットを選んで、好感度アップを図りましょう。

【9】ヘルノのグレーコート×カーキ系グリーンニット

【9】ヘルノのグレーコート×カーキ系グリーンニット
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(トラデュイール)、スカート(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

陰影を描く太畝ヘリンボーンの織り地が、絶妙なグレージュ感を印象づけるチェスターコートを主役に。ニット&バッグで投入したカーキ系グリーンとも相性抜群です。トラッド調の着こなしを、キャメルのスエードブーツが盛り上げてくれます。

ライトグレーコートコーデ


【1】アンノウンのライトグレーコート×白ニット

【1】アンノウンのライトグレーコート×白ニット
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(マドリガル 南堀江店〈エバゴス〉)、靴(J.M.WESTON 青山店)、靴下/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

顔映りのいいホワイトのニットとパールジュエリーで気分も明るく! コートを主役にしたメンズライクな着こなしに、冬でもかごバッグを取り入れて、こなれた表情を加味しています。

【2】アンノウンのライトグレーコート×白マフラー

【2】アンノウンのライトグレーコート×白マフラー
コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、パンツ(サザビーリーグ〈マザー〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ライトグレーのムートンコートと大判ストールの合わせ技で寒さ対策。大判サイズでも素材がしなやかなのできゅっと巻けるのがうれしいポイントです。

【3】ブランカのライトグレーコート×白パンツ

【3】ブランカのライトグレーコート×白パンツ
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、カシミヤニット(トラデュイール)、パンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント・バングル(ラリック銀座店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

ファーの毛並みは、色味にニュアンスをつけてくれるもの。異なる質感のファーを重ねることで、グレージュはさらに表情豊かになります。淡いグレーのムートンにグレージュのミンクを重ねたコートは、それひとつで圧倒的なオーラを放ちます。黒のレザーベルトとブレスレットで、淡色コーディネートをキュッと引き締めましょう。

【4】ブラミンクのライトグレーコート×白パンツ

【4】ブラミンクのライトグレーコート×白パンツ
ウールのコート(ブラミンク)、カシミヤシルクのニット(トラデュイール)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ストール(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

淡いグレージュのコートは、上品だけれど、ともするとコンサバティブで地味になりがち。ファー付きのグレージュストールでちょっと派手めなくらいのゴージャスさを加味しましょう。

【5】ファビアナフィリッピのライトグレーコート×グレーパンツ

【5】ファビアナフィリッピのライトグレーコート×グレーパンツ
取り外し可能なファー襟付きウールカシミヤ混のコート・ニット・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男前なチェスターコートを、グレージュで女らしく着こなすのが気分。今年らしさを演出するには、トーンの幅を広げながら、ファー、カシミヤ、レザーのさまざまな質感で表情豊かに盛り上げることです。

【6】エアロンのライトグレーコート×グレーワンピース

【6】エアロンのライトグレーコート×グレーワンピース
コート(コロネット〈エアロン〉)、ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ネックレス・チャーム(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ライトグレーのコートをはおり、グレージュのロングブーツでまとめて颯爽と。統一された色合わせが知性あるムードを演出してくれます。

グレーパンツコーデ


【1】レキップのグレーパンツ×白コート

【1】レキップのグレーパンツ×白コート
パンツ(レキップ)、コート(wb)、ブラウス(Vince表参道店)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、イヤリング・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ふんわりと軽やかなシャギーコートをはおり、冬の街を颯爽と歩いて。ビルが立ち並ぶモダンな街並みになじむのは、色味を抑えたシックな着こなしです。カーキのとろみブラウスやグレーのパンツで、シックカラーの濃淡をつくれば、決して地味にならず、洗練されたスタイルができ上がります。

【2】Theoryのグレーパンツ×白コート

【2】Theoryのグレーパンツ×白コート
パンツ(Theory)、カーディガン(イーストランド〈コー〉)、ノースリーブカットソー(スローン)、キャミソール(ブティックシーン 青山店〈モレッタ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ダークなグレーパンツに合わせたいのは、イタリア「モレッタ」のウールシルクのリブ編みキャミソール。肩ひもはアジャスター付きで使いやすい逸品です。

【3】Theoryのグレーパンツ×オフホワイトマント

【3】Theoryのグレーパンツ×オフホワイトマント
パンツ(Theory)、マント(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、ミトン(カオス丸の内〈ソフィア ジー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

華やぎオーラ満載のリッチホワイトのカシミヤマント。手元に添えたのはファーのミトン。マントの白に自然となじむオペークベージュは絶妙な活躍カラーです。ボトムにダークグレーを配置したら、大人かわいいテイストもシックに決まります。

【4】Theoryのグレーパンツ×グレーセーター

【4】Theoryのグレーパンツ×グレーセーター
パンツ(Theory)、ニット(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、イヤーマフ・ミトン(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(シシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

グレーニット&パンツのワンツーフィニッシュの着こなしに、小物使いでしっかり防寒。ともすると幼く見えがちなミトンやイヤーマフは素材と色を厳選しましょう。カール ドノヒューの上質なトスカーナラムなら大人っぽく決まり、ウォームグレーの色調もシックな雰囲気を高めてくれます。

【5】イレブンティのグレーパンツ×グレーコート

【5】イレブンティのグレーパンツ×グレーコート
パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、コート(クルチアーニ銀座店)、ニット(スローン)、サングラス(アイヴァン PR)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冬のカジュアルシーンで選びたいのは、軽やかなラムファーの一枚。スタンドカラーや淡いブルーのカラートーンが、従来のファーコートにはない、フレッシュなムードをつくり出します。シルバーの小物をプラスし、キレ味よく仕上げましょう。

【6】ウィークエンド・マックスマーラーのグレーパンツ×ネイビー系柄ニットカーディガン

【6】ウィークエンド・マックスマーラーのグレーパンツ×カーディガン
カーディガン(サードカルチャー〈マチルダカシミヤ〉)、カットソー(トラデュイール)、チャコールグレーのパンツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

冬旅に1枚あると便利なニットアウター。ジャカードの織柄にカントリー調の味わいのあるガウンカーディガンは、たくさんのフリンジの装飾感が今の気分。ネイビー×グレー配色で、都会的なリラックス気分を伝えたい。

ライトグレーパンツコーデ


【1】ヤクのライトグレーパンツ×グレージュニット

【1】ヤクのライトグレーパンツ×グレージュニット
ヤクのパンツ・プレインピープルのニット・デザイン バイ ソニアのペンダント(プレインピープル丸の内)、ニットジレ(サードカルチャー〈マチルダ カシミヤ〉)、フロアランプ『ツィギー レットゥーラ』(カッシーナ・イクスシー青山本店)、ソファ・テーブル・ラグ『マハラム セミスラグ』(ハーマンミラーストア)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

室内でこそ活用したいニットのロングジレ。動きやすいだけでなく、軽くはおるだけで佇いが変わるので、ニットスタイルが一気にあか抜けます。グレージュトーンを重ねて心安らぐ配色に仕上げましょう。

【2】ブルネロ クチネリのライトグレーパンツ×ブルーニット

【2】ブルネロ クチネリのライトグレーパンツ×ブルーニット
パンツ・プルオーバー・シャツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・リング(ブレゲ ブティック銀座) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

主役のニットはスパンコールを通した糸で編み上げた「カシミヤ・シルク・ダイヤモンドニット」。デコルテをきれいに見せるV開きがポイントです。トップスが派手な分、ボトムスは落ち着きカラーのグレーでバランスよく着こなしましょう。

【3】インコテックスのライトグレーパンツ×グレームートンコート

【3】ライトグレーパンツ×グレームートンコート
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

どんな寒波もしのげるストラネスのムートンコートは冬旅になくてはならない存在。グレージュ×黒のコンビネーションや、軽快なジップデザインもポイント。コートのインナーは、ジェイ・クルーのデニムシャツとヴィンスのタンクトップで、温度調整がしやすいようにあえて薄手のものをセレクト。インコテックスのウールカシミヤパンツやセリーヌのスリッポンで、上品なカジュアルを目指します。冬の足元はグレージュのモヘアソックスが活躍。

【4】ペセリコのライトグレーパンツ×ネイビームートンコート

【4】ペセリコのライトグレーパンツ×ネイビームートンコート
パンツ・ニット(ウールン商会〈ペセリコ〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ニット帽(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ネイビーのムートンコートは、カジュアルななかにも、とびきり贅沢なリラックス感を運んでくれるから、飛行機に乗る前からバカンス気分も高まります。機内でくつろぐときは、リブタートル×ジョグパンツのリラックスしたニットスタイル。帽子、ニット、パンツをグレーでそろえて、Iラインをつくり、ボリュームのあるムートンコートを軽快に着こなしましょう。

グレーコーデの関連記事