スニーカーやリュックなど、カジュアルなアイテムでも上品に着こなすヒントが満載! 大人の女性のためのきれいめコーデを、アイテム別にご紹介します。

【目次】

スニーカーのきれいめコーデ


【1】サントーニの白スニーカー×白ストール

【1】サントーニの白スニーカー×白ストール
靴(リエート〈サントーニ〉)、コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、パンツ(Theory)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(edit & co.)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、カメラ『ライカM10』・レンズ(ライカサポートセンター) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートのシアリング面を表に。色なじみのいいストールで動きを出して、白スニーカーで抜け感をつくると軽やかに洗練されたきれいめバランスが完成します。

【2】J.M.WESTONの白スニーカー×キャメルコート

【2】J.M.WESTONの白スニーカー×キャメルコート
スニーカー(J.M.WESTON 青山店)、コート(トラデュイール)、ニット(wb)、デニム・ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、ファーストール(ADORE)、バッグ(ピエール アルディ 東京) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

黒トップス+ベージュボトムが定番だった人も、今年はこんな縦長ラインを強調する色使いに更新しましょう。旬の気分が高まるだけでなく、すっきりとスマートに見えるのも魅力。足元に白スニーカーを合わせ、きれいめに仕上げて。

【3】アクリスの白スニーカー×赤ジャケット

【3】アクリスの白スニーカー×赤ジャケット
ジップアップジャケット・パンツ・バッグ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ダブルフェースのカシミヤのジップアップジャケットは、スポーティーなのに決してラフにならない上質さが魅力。後ろ身ごろがやや長くなり、ヒップ周りがカバーできるAラインのシルエットも、大人好み。黒の細身パンツと白スニーカーを合わせ、軽快に着こなしましょう。

【4】サントニーニの白スニーカー×グリーンコート

【4】サントニーニの白スニーカー×グリーンコート
靴(リエート〈サントニーニ〉)、コート(Vince 表参道店)、パンツ(HAUNT代官山〈HAUNT〉)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)  撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

温もりたっぷりの深いグリーンのコートを主役に。きれいめな白スニーカーを合わせても、シックな印象に仕上げてくれます。

【5】フェンディの黒スニーカー×グレーコート

【5】フェンディの黒スニーカー×グレーコート
靴・コート・バッグ『バイ ザ ウェイ』・別売りのFFロゴのショルダーストラップ・パンツ・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

暖かなミンクコートとスニーカーをチョイスした旅行にも◎なきれいめコーデ。コートとデニムのグレーでまとめたワントーン着こなしに。カーキバッグも、パウダリーな色調を選ぶとなじみます。

【6】ファビアナフィリッピのグレースニーカー×グレーワンピース

【6】ファビアナフィリッピのグレースニーカー×グレーワンピース
靴・ワンピース(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

幾重にも重ねたチュールスカートのインナーワンピースに、ニットをレイヤードしたドッキングスタイルのワンピース。モヘア入りのふんわりしたニットには極小のスパンコールが施され、動くたびに繊細な輝きを放ちます。グレー×モーヴの上級配色もコーディネートいらずのきれいめワンピースだから気軽に挑戦できるのも魅力のひとつです。

【7】ピエール アルディの白スニーカー×グレーパンツ

【7】ピエール アルディの白スニーカー×グレーパンツ
靴(ピエール アルディ 東京)、シャツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、トランク(サン・フレール〈ファブリカ ペレッテリエ ミラノ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ネイビー&グレーのシックカラーで端正にまとめたぶん、足元はスニーカーでフレッシュな抜け感を。レザーのきれいめ白スニーカーなら、大人のきちんとした装いにも浮かず、1足あれば、幅広いシーンで頼りになります。

リュックのきれいめコーデ


【1】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白ファーリュック×黒コート

【1】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの白ファーリュック×黒コート
バックパック・コート・パンツ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

はっ水、防風性の高いナイロン素材に、内側はシープスキンのファーを使用した、とことん機能性にこだわったミリタリーコートは、サンローランの誇るシグネチャーのひとつ          。甘さを徹底的に省いたアウトドアなスタイルに、白いふわもこの表面感がきれいめなバックパックをワンポイントに。

デニムのきれいめコーデ


【1】マザーのブラックスキニージーンズ×グレーコート

【1】マザーのブラックスキニージーンズ×グレーコート
ブラックデニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、ジレ(ストラスブルゴ〈MANZONI24〉)、コート(コロネット〈ムーレー〉)、ニット(クルチアーニ 銀座店)、ピアス・リング(シハラ ラボ〈シハラ〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

コート×ジレ×タートルネックニットの、トリプルカシミヤレイヤードで寒さ対策もばっちりなきれいめコーデ。ボトムと靴は動きやすさ重視でチョイスしましょう。

【2】マザーのデニムパンツ×グレージュムートンコート

【2】マザーのジーンズ×グレージュムートンコート
ブラックデニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、コート(ウィム ガゼット 青山店〈アンノウン〉)、ニット(スローン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(コロネット〈カレン ウォーカー〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

ムートンコートと大判ストールの合わせ技で寒さ対策も万全のきれいめコーデ。大判サイズでも素材がしなやかなので、きゅっと巻けるのがうれしいポイントです。

【3】マザーのブラックスキニージーンズ×グレーコート

【3】マザーのブラックスキニージーンズ×グレーコート
ブラックデニム(サザビーリーグ〈マザー〉)、コート(コロネット〈ムーレー〉)、シャツ(ウィム ガゼット 青山店〈ゲミニー〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

屋外は寒くても、屋内は暖か。寒暖差が激しい場所では、インナーダウンの脱ぎ着で温度調節するのが鉄則。ヒップが隠れる丈の白シャツの裾をのぞかせて、きれいめ&クリーンな抜け感を演出したコーデです。

【4】レッドカードのデニムパンツ×シルバーファージレ

【4】レッドカードのジーンズ×シルバーファージレ
デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ジレ(showroom SESSION〈カール ドノヒュー〉)、ニット(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)、サングラス(ミラリ ジャパン〈レイバン〉)、ピアス・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

シルバーのファージレをリッチになじませながら、黒ニットで引き締めたシックかつ、きれいめなコーデ。

【5】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロのデニムパンツ×ベージュムートンコート

【5】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロのジーンズ×ベージュムートンコート
デニム・コート・シャツ・バングル・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フレアデニムの旬の抜け感を生かして、ラムファーのジャケットコートを先取りしたきれいめコーデ。インは白のとろみブラウスで軽やかに。足元はエレガントなパンプスを選ぶと、クロップド丈の女らしい肌見せが引き立ちます。

【6】ヴァレンティノのブラックスキニーデニムパンツ×グレーコート

【6】ヴァレンティノのブラックスキニージーンズ×グレーコート
デニム・ケープ・ニット・バッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉)、ピアス(フレッド) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

量感のあるケープコートをバランスよくまとめるブラックのスキニーデニムは、ワードローブの必須アイテム。すっきりとした脚線美を描くモードなシルエットと、快適な着心地を両立した究極の一本です。

ワイドパンツのきれいめコーデ


【1】ADOREの柄ワイドパンツ×黒コート

【1】ADOREの柄ワイドパンツ×黒コート
パンツ(ADORE)、コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ベスト(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

マキシ丈コートの存在感に負けない、ゆったりとしたワイドパンツを合わせ余裕あるきれいめな着こなし。しっとりとしたコート、なめらかなハイゲージニット、ふんわりとしたミンクベスト…多彩な風合いを重ねると、着こなしに深みが出ます。

【2】カオスのネイビーワイドパンツ×オレンジブラウス

【2】カオスのネイビーワイドパンツ×オレンジブラウス
パンツ(カオス丸の内〈カオス〉)、コート(エストネーション〈ファーリング バイ ガンニ〉)、ブラウス(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(マルベリージャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ムートンコートを脱いでいてもおしゃれな着こなしを心がけたいから、華麗なブラウスを合わせて。鮮やかなオレンジと、胸元を彩るボウが決め手のきれいめコーデです。

【3】エリザベス アンドジェームスの白ワイドパンツ×黒ジャケット

【3】エリザベス アンドジェームスの白ワイドパンツ×黒ジャケット
パンツ(コロネット〈エリザベス アンドジェームス〉)、ジャケット(ニールバレット ギンザシックス)、シャツ(ジャンポールノット 青山店)、イヤリング・ブレスレット(ドレスアンレーヴ〈エスティーム〉)、ペランのバッグ・マノロ ブラニクの靴(ブルーベル・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

くすみのない白のパンツが、暗がりのシーンに映えて。バンドカラーのコットンシャツも、白で統一すれば、華やぎも十分。視線を集める、きれいめなジャケットスタイルが完成します。

【4】ラルフ ローレン コレクションのグレージュワイドパンツ×黒ジャケット

【4】ラルフ ローレン コレクションのグレージュワイドパンツ×黒ジャケット
パンツ・ジャケット・ニット・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

細かいシルバーのラメが施された、とろみのあるパンツは、ドラマティックなシーンにも映える一本です。王道のネイビージャケットにしなやかな「きれいめパンツ」を合わせれば、ヴィクトリア・ベッカムのような、ハンサムで女らしい最旬の装いが完成します。

【5】サルヴァトーレ フェラガモの黒ワイドパンツ×黒ジャケット

【5】サルヴァトーレ フェラガモの黒ワイドパンツ×黒ジャケット
パンツ・ジャケット・シャツ・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉)、ピアス(ダミアーニ銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

男性的でかっちりとした印象の強かったダブルブレストのジャケットが一新! ウエストシェイプが効いてきれいめでモダンな印象を与えるダブルのジャケットとボリュームたっぷりのパンツが、凛とエレガントな印象を醸し出します。

【6】ザ・ロウの黒ワイドパンツ×黒ジャケット

【6】ザ・ロウの黒ワイドパンツ×黒ジャケット
パンツ・ジャケット・ニット・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

流行のたっぷりパンツをスーツスタイルで。やや大きめのシルエットが今っぽい一着は、やわらかく着くずれしにくい最高級のウール素材も手伝って、まとうだけでゆったりと優雅に仕上がります。

ワンピースのきれいめコーデ


【1】エリザベス アンド ジェームスの白ワンピース×白ニット

【1】エリザベス アンド ジェームスの白ワンピース×白ニット
伸縮性のあるシルクリネンのワンピース・カシミヤシルクのニット(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、カシミヤのストール(トラデュイール)、ネックレスチェーン・チャーム(ローリー・ロドキン銀座店)、靴(ビルケンシュトック・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

冬の白は豊かさの象徴。そんなおしゃれの贅沢を冬ごもりにも取り入れましょう。オフホワイトでまとめれば、きれいめで清潔感あふれるリラックススタイルが完成します。

【2】ブルマリンの白ワンピース×グレージュコート

【2】ブルマリンの白ワンピース×グレージュコート
ブルマリンのワンピース・ペセリコのファースヌード(ウールン商会)、コート(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈ジョルジオ アルマーニ〉)、スカーフ(スローン)、グローブ(ebure〈ガーラグローブ〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ジョルジ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

顔周りのリッチなテクスチャーは、大人の女性の表情を美しく際立たせてくれるもの。ファーとスカーフをミックスしたダブルツイスト巻きでボリュームを出したら、その代わり、全身のシルエットはコート×タイトワンピースですっきりとさせましょう。

【3】フェンディの黒ワンピース×黒ファー

【3】フェンディの黒ワンピース×黒ファー
ワンピース・ストール・バッグ『ミニ ピーカブー』・靴(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ひざ下丈の上品なきれいめのネイビーワンピース。グレージュ×ブルーのバイカラー使いが魅力のバッグをアクセサリー感覚で添えて、華やかさを演出したコーデです。

【4】アニオナのグレンチェックワンピース×黒コート

【4】アニオナのグレンチェックワンピース×黒コート
ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉)、コート (トラデュイール)、バッグ (ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

よく見ると流行のグレンチェック柄があしらわれ、旬の気分も楽しめるきれいめワンピース。やや長めの丈感だから、座ったときもひざが出ず、どんなシーンでもエレガントな印象に。胸元に配した千鳥格子柄のラインが、顔周りを際立たせ、上半身に注目が集まる講演などの場にも最適です。

【5】ランバンのグレージュワンピース×グレーファー

【5】ランバンのグレージュワンピース×グレーファー
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ドレープが美しいランバンのきれいめグレージュワンピースには、ジャンニ・キアリーニのバッグやフィリップ オーディベール&ヴィンテージのブレスレット、セルジオ ロッシのパンプスで鈍い輝きのシルバーをグラデーションで添えて。このグレージュの着こなし、実は少し日焼けした肌のほうが似合います。洋服の組み合わせはもちろん、そんな肌感とのマッチングも重要です。

きれいめコーデの関連記事