遊び心を武器に、エッジの効いたデザインを得意技とするホテルブランドの、Wホテル ワールドワイド、通称W(ダブリュー)。オーストラリアにはかつてシドニーに存在したこともありましたが、2018年6月、ブリスベンに再登場しました。2020年にさらにメルボルンとシドニーの開業を控え、オーストラリアでW旋風が巻き起こる予感がします。

Wのオブジェ
サービスのポリシーは「Whenever/Whatever」(いつでも/どんなことでも)。“W”がキーワード

Wブリスベンが位置するのは、この街の象徴であるブリスベン川のほとり、セントラル・ビジネス・ディストリクト。312室のすべての客室から、蛇行する川の眺めが楽しめます。

ラグジュアリーな客室
大きな窓からブリスベン川やヒンターランドの山並みを望みます

Wといえば、その土地柄のアイコニックなモチーフを、遊び心を効かせてデザインに取り入れるのが特徴。ここブリスベンでは、川面のきらめきや、葦の林、幾度となく氾濫を繰り返し堆積した地層など、ブリスベン川にまつわるものが印象的です。また、パイナップルやオウム、カブトムシやワニなど、クイーンズランド州ならではの植物や生物もあちこちに登場しています。ちなみに、コアラやカンガルーは出てこないのが、Wらしいところです。

エッジの効いた客室は、土地の特長をWらしくアレンジ!

33階からなるホテルウィングは、各フロアで11~12室のみに客室数を絞り、その分、ゆとりある間取りになっています。客室の壁はウッドを貼った、クィーンズランド州の伝統的なVJウォールパネル(※板張りの壁)を採用。部屋の一角にはパイナップルの置物が目を引くポップなバーコーナーがしつらえてあります。そしてユニークなのがバスタブ。10ガロンの鉄製のドラム缶をかたどった、なんともワイルドなスタイルです。見渡す限りアウトバックの荒野でドラム缶風呂に浸っている自分を想像し、雄大な気分でバスタイムを楽しめそう。

客室内のバーコーナー
見ているだけで楽しくなる客室内のバーコーナー
ドラム缶をモチーフにしたバスタブ
10ガロンのドラム缶をモチーフにしたバスタブ。気分は豪快なアウトバック

憧れは、ルーフトップ33階にある「エクストリームWOWスイート」。大きな窓からはブリスベン川はもちろん、遠くはヒンターランドまで見渡せるパノラマビューが広がります。リビングの天井はガラス張り、VJウォールパネルに描かれた模様もポップ、とにかくロックスターのお部屋のように華やか。天井から吊るされたチェアも、格好の遊び道具です。

ルーフトップ33階にある「エクストリームWOWスイート」
グラマラスなデザインの「エクストリームWOWスイート」(AUD4500~/泊+税 ※1AUD=79.72円 2019年2月7日現在)

オーストラリアらしくオーガニックにこだわったレストランやスパも充実

レストラン&バーは3か所。そのうちメインは“農場からお皿へ”をコンセプトに掲げるオーガニックな人気店「スリー・ブルー・ダックス」。クイーンズランド州初出店となります。オーガニックな食材を使用するのみならず、雰囲気までも農場にいるよう。ブリスベン川を見渡すテラス席は、晴れた日に気持ちいい時間を過ごせそう。

オーガニックなレストラン
“農場から皿へ”をコンセプトにした、シグネチャーレストラン

ロビー階にあるリビングルームバーは、昼間はくつろぎのラウンジ、夜はDJがプレイするカクテルバーに。「ミロ」のエクレアやチョコレートを抜いた「ラミントン」などのオーストラリア製お菓子や、オーストラリアの花をクリームに使ったマカロンなどを盛り合わせたハイティーが、こちらの名物。また、華やかなデザインのプール脇にあるルーフトップバーからは、川面に揺れる夜景を眺めながら、おしゃれな夜を過ごせそう。

ラグジュアリーな雰囲気の漂うバー
昼と夜とでは表情を変える「リビングルームバー」
華やかなデザインのプール
プールは明るい社交場。Wではプールを「ウェット・デッキ」と呼びます

「アウェイ・スパ」は、オーガニックなコスメブランド「ソダシ」を使用。セラピストにはレイキマスターもいるので、より深いリラックスを得られそう。西オーストラリアのストーンや、アフリカのOUDオイルを使ったユニークなメニューもラインナップしています。

トロピカルなリラクゼーションルーム
「アウェイ・スパ」のリラクゼーションルーム。トロピカルなプリントがテンションを上げます
ライトが美しいトリートメントベッド
発光しているかのようなトリートメントベッド。おすすめメニューは「ソダシ・アンプラグド」

Wは斬新なデザインに目がいきがちですが、レストランも、スパも実力派。そして土地の文化を深く理解し、解釈したデザインが、他のホテルとはひと味違う滞在をかなえてくれるのです。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子