美しい自然や生物の多様性、豊かな文化を未来に繋ぐべく生まれたリゾート

タヒチの1環礁1リゾート、ザ・ブランド
タヒチ島の北約50キロ、12の島々からなるテティアロア環礁。ザ・ブロンドのゲストはこの美しい自然の中で日々を過ごします

往年のハリウッドスター、マーロン・ブランドがタヒチのテティアロア環礁へ訪れたのは、映画『戦艦バウンティ』の撮影時。そのとき、パラダイスに近づいた感触を得た彼は、撮影後に舞い戻り、この環礁を購入しました。

美しい自然、鳥や海洋生物の多様性、そして豊かな文化を、未来へつなぐ使命を感じた彼の志を引き継いで誕生したのが、ザ・ブランドというリゾートです。1島1リゾートならぬ、1環礁1リゾートなのです。

植栽に囲まれたプランジプール
メインプールは植栽の配置によりプライバシーの確保が行き届いています。各ヴィラにもプランジプールはあります

ザ・ブランドが位置するのは、タヒチ島から北へ約50キロ、専用機に乗り込み約20分。12の島々からなるテティアロア環礁のうち、“オネタヒ”という小島のみにリゾートは展開しています。35棟のヴィラは広々としたリビングと書斎のようなメディアルーム、ベッドルームにドレッシングルーム、バスルームからなり、広さはトータル162平方メートル。プライベートビーチエリアやプランジプール、ガゼボなど屋外エリアも広々。邸宅にいるようなくつろぎを感じます。 

ホスピタリティーにあふれたもてなしやクオリティーの高い食がオールインクルーシブ

プライベート空間のようなヴィラ
1室のみの3ベッドルームヴィラ(9000ユーロ/泊+税。※オフシーズン料金 ※オールインクルーシブ制 ※連続2泊以上の宿泊が条件)
ゆったりくつろげるベッド
ガーデンに向かって配置されたベッド。即物的なテレビは収納して目隠しできるなど、細やかな配慮が随所に

部屋の中を探検してみると、テーブルの上にはウエルカムサービスの、この島で採れたハチミツを使ったマカロンとルイナールのシャンパン。ウォークインクローゼットにはビーチサンダルとバッグ、ロゴ入り水筒、そして日焼け止めローションにボディーローション。すべて旅の思い出と一緒にお持ち帰りできます。各戸には人数に合わせて自転車も用意。リゾート内を気ままにサイクリングするのも自在です。

外光がたっぷりと差し込むバスルーム
外光がたっぷりと差し込むバスルーム。屋外にバスタブがあります
リゾートのロゴが入った充実なアメニティグッズ
リゾートのロゴ入りアメニティは滞在中、大活躍。お持ち帰りもできます

ヴィラ内での細々としたケアはバトラーが担当。ガーデンのガゼボに朝食をセッティングしてもらうのもエクストラなしでお願いできます。ちなみに、このリゾートは宿泊料金に飲食やスパの利用、アクテビティー料金を含んだオールインクルーシブ制(※一部別料金あり)なので、ミニバーもプレミアムなお酒以外は気兼ねなく楽しめます。

ギー・マルタン監修のフレンチレストラン「レ・ミュティネ」
ギー・マルタン監修のフレンチレストラン「レ・ミュティネ」。船底をイメージしたデザイン

食のクオリティーの高さは、ここが南の島であることをすっかり忘れてしまうほど。なかでもファインダイニングの「レ・ミュティネ」は、パリのミシュラン2つ星レストラン・グランヴェフールのシェフ、ギー・マルタンがプロデュース。

ひと口大のオードブル、アミューズ・ブーシュから始まり、一皿ごとに驚きのあるコース料理は、フーディーも魅了されるはず。日本人シェフが腕を振るう「波  鉄板焼き」も本格派です。熱帯のガーデンにたたずむ「ボブズ・バー」は、ザ・ブランドの前身の「ホテル・テティアロア」へ訪れたことのある人にも懐かしく感じられるでしょう。

内陸のラグーンに面したスパ「バルア・テ・オア」
内陸のラグーンに面したスパ「バルア・テ・オア」。水草が鬱蒼と茂り、熱帯の島のイメージとは異なる風景

島の中央の天然ラグーンに面して立つスパ「バルア・テ・オア」は、ミキミキの木の枝で組んだ鳥の巣のようなフォルムに驚くはず。この島はもともとタヒチ王朝が憩った聖域。そこで受ける「タウルミ」マッサージは、モノイオイルを使い、深部まで癒しを届けてくれます。ラグーンに面したタイマッサージパビリオンやヨガスペース、紅茶をそろえたティーラウンジなども併設されています。

ミキミキという木の枝を使ったトリートメントルーム
ミキミキという木の枝を使ったトリートメントルーム。鳥の巣のよう

ただのリゾートの枠に収まらない、自然環境を守る取り組みを体感

ザ・ブランドがただのラグジュアリー・リゾートで収まらないのは、島の秘密(⁉)に触れる体験型見学会で体感できます。「グリーンツアー」では、島内にある海洋深層水を使った発電所やゴミをたい肥にする施設、ソーラー施設やオーガニックファームなど、いわばリゾートの裏側を見学します。

ザ・ブランドではできるかぎり再生可能エネルギーを活用し、日々研究を重ねています。その成果が実り、米国の環境評議会によるLEED認証の最高位のプラチナを獲得しました。

美しい海と浜辺
環礁内の島をホッピングするエクスカーションでは、テティアロア環礁の多彩な魅力に触れられます

また、「テティアロア・アルティメットツアー」では、バード・サンクチュアリや赤ちゃんサメの生息域、古代ポリネシアの祭壇のマラエなどを訪問。環礁の豊かな自然や文化に触れられます。 

鳥のサンクチュアリに生息するアジサシ
鳥のサンクチュアリで見かけたアジサシ。テティアロア環礁には7種類のアジサシが生息

ラグジュアリー&エシカルなザ・ブランド。ピッパ・ミドルトンやマーゴット・ロビーも、ハネムーンの旅先に選ぶ、ユニークな憧れリゾートです。

問い合わせ先

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子