2019年春、伊勢丹新宿店メンズ館が全館リモデルオープンした。メンズプレシャスはフロアごとの詳細を徹底取材、第4回となる本記事では、オーダーメイドの楽しみの幅を広げる、1階のシャツ&タイフロアを取り上げる。

メンズプレシャス・エグゼクティブファッションエディターの矢部克已も、その多彩なサービスに舌を巻いていた。

 

1階のシャツ&タイフロアの様子を動画でお伝えする。

世界の名門ブランドのシャツを常時オーダーできる、リッチな空間

メンズファッション専門の売り場とはいえ、1階のフロアにこれだけ多くのシャツを揃えるところに、伊勢丹の凄さがある。

 1階のシャツ&タイフロアも、さらにリッチな空間にリモデルされた。これまでも、イギリスやイタリアなど、多くの名門ブランドの仕立てのいいシャツを提案してきたが、今回のリモデルでは「オーダーシャツの強化」がテーマとなった。

矢部が思わず「1着つくりたい!」と唸った、ヴィンテージのファブリック。バイヤーの渡部氏(右)が仕入れた逸品だ。

 つまり、よりパーソナルなカスタマイズが楽しめるのである。シャツは肌に触れる繊細なアイテムのため、サイズのなじみ具合に加え、ディテールの仕様を実感しやすい。オーダーサービスの強化は、願ってもない進化である。既製シャツが並んだ隣に、オーダーシャツのコーナーを拡張し、余裕を持ってシャツ選びが楽しめる場をつくり上げた。

リモデルの柱は3つ! ヴァーチャルなオーダーと既成+αのオーダーも

襟型、カフス、ボタンなど選択肢は多彩。

1:いつでもシャツがオーダーメイドできる

 まず、『巧みなシャツがいつでもオーダーメイドできるサービス』だ。パリの老舗「シャルベ」、英国王室御用達の「ターンブル&アッサー」、しなやかなシャツをつくるナポリからは「アンナ マトッツォ」「ルイジ ボレッリ」「マリア サンタンジェロ」「フィナモレ」、コストパフォーマンスに長けたポーランドの「エマニュエル バーグ」、そして日本のつくり手の「ミナミ シャツ」を合わせて、計8ブランド。

 名門ブランドから注目の日本ブランドまでのシャツは、オーダー相談の場となるカウンター越しから、それぞれの襟型やカフスが閲覧できる。そのうえ、渡部智博バイヤー(シャツ&タイ担当)が、現地の工房で手に入れたヴィンテージのファブリックも着分で用意。

 今話題の1980年代を彷彿させる、鮮やかな色柄が目立つ稀少な生地は、売り切れが必至だろう。そして年2回、本国からオーダーメイドの担当者が訪れ、現地での採寸などを堪能できるオーダー会も開催。まさに、ここは『メンズプレシャス』と親和性の高いラグジュアリーな視点からも、十分に注目したい。

デジタル化されたオーダーメイドでは、店頭のモニターで仕上がりのリアルなイメージを確認することができる。2回目以降のオーダーが、スマートフォンなどでオーダーできるシステムも、2019年6月下旬から開始される予定。

2:PCを使ってオーダーメイドできる

 ふたつめは、『PCを使いデジタルで体験するオーダーメイド』。生地選びは、インポート生地の「アルモ」「モンティ」「カンクリーニ」や、日本産では「マスターシード」など、なんと約700種類がそろう。

 用意された生地はすべて、アプリケーションに取り込まれているため、たとえばお探しの織りや柄を検索すると、該当する生地が何種類もモニターに表れる。生地を選ぶと、立体的なシャツの画像となって映し出される。襟型やカフスなどは、微妙な仕様の違いをモニターで瞬時に比べられるのが、なんとも便利。

 ヴァーチャルゆえに、客観的にシャツの完成を想像できるのも面白い。2回目以降のオーダーでは、メンズ館に足を運ばなくとも、手持ちのスマートフォンなどから注文が可能だ。サイズなどの情報がすでにインプットされているので、生地を選んで送信し完了。シャツの生産は、日本の優れた工場で展開する。

3:既成のシャツをカスタマイズできる

 3つめが、『イセタンメンズ・スマートオーダー』である。

 わかりやすく言えば、既製シャツをカスタマイズするメニューだ。既製シャツと同じ価格で、約2週間で、自由な裄丈と襟サイズ(37〜43cm)、約100種類ある生地のバリエーションから、自由な組み合わせでシャツを作れる。

 スーツに合わせるドレスシャツにまで、オリジナルを追求してこそ粋な紳士である。好みの生地を選んで、着心地のいいスマートなラインに合わせ、パーソナルなスタイルを表現する。シャツ&タイフロアも、時間を忘れるほど入り浸ってしまう空間だ。

問い合わせ先

関連記事

この記事の執筆者
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
PHOTO :
永田忠彦(Quarter Photography)
MOVIE :
永田忠彦(Quarter Photography)