大人の女性のための、赤のアイテムを使ったコーディネートに関するまとめ記事です。ラグジュアリーファッション誌『Precious』のこれまでの記事から、赤のトップス、スカート、パンツ、ワンピースなどを使った、大人の女性のための着こなしや、黒と赤・全身赤のコーディネートを厳選してご紹介。派手な印象にならない、品の良い赤の着こなしの参考にしてください。

【目次】

赤トップス 春コーデ


【1】クルチアーニの赤カーディガン・ニット×黒パンツ

【1】クルチアーニの赤カーディガン×黒パンツ
パンツ(feerique)、カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

細身パンツとはいえ、春夏に黒が多めのバランスは重く見えがち。ボトムインしたプルオーバーにスカーフで華やかな立体感を授けたり、カーディガンの肩がけで動きを出したり、と目線を上に導きましょう。パンツは深みのある黒と、リッチなとろみ感が特徴のジャージー素材。幅広のウエストベルト+サイドに斜めに配したボタンが、ウエストから腰周りを引き締めてくれます。

赤スカート 春コーデ


【1】赤レーススカート×黒ニット

【1】赤スカート×黒ニット
撮影/Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒レザーニットに赤スカートの洗練されたスタイルです。『ピーカブー』にカラフルな『ストラップユー』を飾るリース。

赤パンツ 春コーデ


【1】ジョゼフの赤パンツ×ベージュトレンチコート

【1】ジョゼフの赤パンツ×ベージュトレンチコート
パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、コート(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役の赤のカラーパンツはさらっとした肌触りのコットンストレッチ素材だから、適度にカジュアル感も漂い、赤いパンツでも重くならず、今っぽく決まります。赤とベージュをつなぐ、白小物を効果的にちりばめて。

【2】ユナイテッドアローズの赤パンツ×カーキジャケット

【2】ユナイテッドアローズの赤パンツ×カーキジャケット
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、ジャケット(マディソンブルー)、靴(J.M. WESTON 青山店)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色のパンツの日は、ほかの色はできるだけ引き算してモノトーンとシックカラーに限定。カットソーやスニーカーなどで白の分量を多めに加えることで、インパクトの強い色を取り入れた着こなしも、爽やかかつクールな印象に仕上がります。

【3】ADOREの赤パンツ×白トップス

【3】ADOREの赤パンツ×白トップス
トップス・パンツ(ADORE)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、チェーン・チャーム(シャンテクレール 東京店)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「すっきり映え」スタイルに効果的なメリハリ配色。春夏の気分にマッチする赤と白の鮮やか色で、いつもの着こなしをフレッシュにしてくれます。

赤と黒でつくるコーデ


【1】ユナイテッドアローズの赤パンツ×黒カーディガン

【1】ユナイテッドアローズの赤パンツ×黒カーディガン
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

鮮やか色をワードローブに加えたら、着こなしのハッピー感が大幅に高まります。こうしたインパクトの強い赤色は、シンプルな黒のカーディガンと白のカットソーに合わせるのが、大人のバランス感覚。辛口なバッグと時計が、フレッシュかつラフになりすぎない着こなしを完成させます。

【2】ユナイテッドアローズの赤パンツ×黒ニット

【2】ユナイテッドアローズの赤パンツ×黒ニット
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ(ピーチ〈ヴィオラドーロ〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、バングル(日本橋三越 ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

まとうだけで心ときめく赤色のパンツを主役に。こんな鮮やか色を街で着る日は、黒トップスと合わせ、小物の色も控えめに。メリハリがありながらも、おしゃれ感のある上品な印象が完成します。

【3】ピアッツァ センピオーネの赤パンツ×黒シャツ

【3】ピアッツァ センピオーネの赤パンツ×黒シャツ
リネンのシャツ(ストラスブルゴ〈バルバ〉)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、チェーンネックレス・ペンダント・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈グッチ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店〈ラドロー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

黒を基調に赤を鮮やかに差して、クラシックなローファーで引き締めた端正なカジュアル。ホースビットのゴールドが、ジュエリーとマッチして、リッチな印象に仕上がります。

全身赤のコーデ


【1】エスカーダの赤ワンピース×カラフルサンダル

【1】エスカーダの赤ワンピース×カラフルサンダル
靴『ARPEGE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ワンピース・サングラス(エスカーダ・ジャパン)、バングル(オーガスト〈ジヤ ケニア〉) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

旅のワンシーンを飾る真っ赤なワンピースは、非日常へと誘う風合い。靴はターコイズやオレンジ、イエローと、アフリカの太陽や海を彷彿とさせる色彩に心躍らせて。フォルムの美しさは健在で、カジュアルに楽しげなアクセントを添えてくれます。

【2】サヤカ ディヴィスの赤ワンピース×白かごバッグ

【2】赤ワンピース×白かごバッグ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ワクワクする春の気持ちを洋服に託せるサヤカ ディヴィスの赤色ワンピース。華やかな色のワンピースは一枚で着こなしが完成するような気分になりがちだけど、小物使いに手を抜かないのがポイントです。このバランス感覚が、まったりしない休日スタイルを演出してくれます。

春の赤コーデ


【1】ロエベの赤バッグ×キャメルコート

【1】ロエベ の赤バッグ×キャメルコート
ジャケット・バッグ・パンツ(ロエベ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(コロネット〈アントニーニ〉)、 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

大きなアウトポケットと、肩の切り替え部分に、明るいベージュを配したキャメルカラーのジャケットは、斜めがけのバッグでアクティブに遊んで。発色のいいオレンジレザー×ラフィアが爽やかなコンビ素材のバッグは、タフなジャケットとも調和して、より上級なカジュアルスタイルを描きます。バッグの赤は、ナチュラルなベージュに合わせることで、強い色でありながらも目立ちすぎず、大人のリッチ感を香らせます。

【2】サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロの赤バッグ×ベージュトレンチコート

【2】サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロの赤バッグ×ベージュトレンチコート
コート・Tシャツ・デニム・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ヴィンテージブルーデニムがトレンチのクラシカルなムードにマッチ。スパンコールのボーダー模様Tシャツや、真っ赤なパテントバッグで強い光沢をちりばめて、モダンに仕上げましょう。

【3】グッチの赤バッグ×ネイビージャケット

【3】グッチの赤バッグ×ネイビージャケット
バッグ『オフィディア』・ジャケット・スカート・イヤリング・リング(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2018年

深みのある赤と存在感のあるゴールドチェーンの組み合わせが、着映え効果を発揮。程よい収納力を備えつつ、着席したときにレストランの椅子の背もたれと体の間にすっきり収まるサイズも優秀です。

赤コーデの関連記事