2月28日はは、全国ビスケット協会により制定されたビスケットの記念日です。

ところでビスケットとはクッキーやクラッカーと似ていますが、どう違うのでしょうか? また、海外から伝来したといわれるビスケットですが、最初に日本人が食べたビスケットはどんなものだったのか、なぜ2月28日がビスケットの日なのかの由来を、全国ビスケット協会の方にインタビューしました。

普段、あまりビスケットを食べないという人も、おいしいビスケットには目がないという人もぜひ、ビスケットの基礎知識や豆知識を学んでおきましょう!

そもそも「ビスケット」の定義とは?

ビスケットについて、どのくらい知っていますか?

「ビスケットってそもそも何?」と疑問に思いませんか? まずは定義から確認しておきましょう。全国ビスケット協会の専務理事である島田 純さんは、次のように話します。

「ビスケットとは『ビスケット類』のことです。いわゆる典型的なビスケットであるハードビスケットだけでなく、クッキー、クラッカー、プレッツェル、乾パン、カットパン、パイ、これらの加工品のクリームサンドビスケット、チョコレートで覆われたものなどのすべてを含みます。また、サブレは多くの場合、クッキーの一種と位置づけられます。

これらのビスケット類の共通点は、小麦粉を主原料として練った生地を成型して焼くという点。乳製品や卵、糖類、食用油脂などの使用される副原料によって、多様な製品が生まれています。

なお、ビスケットについては、公正取引委員会(現・消費者庁に移管)の承認を受けた『ビスケット類の表示に関する公正競争規約』が昭和46年(1971年)に制定され、その定義が定められています」

クッキー、クラッカー、プレッツェル、これらすべてがビスケット類だったとは、意外ですね!

ところで、ハードビスケットはクッキーとクラッカーとどう違うのでしょうか? 島田さんに教えていただきました。

クッキーとは?

クッキーとは?

「実は同じものを、イギリスではビスケット、米国ではクッキーと呼んでいます。それなのに、わが国ではビスケットとクッキーを分けています。このため、消費者やマスコミの方から『ビスケットとクッキーの違いは何か』という質問を受けることがあります。

前述の『ビスケット類の表示に関する公正競争規約」のなかでは『ビスケットのうち、手づくり風の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもの』についてクッキーと表示してもよいとされています。これは、この規則が制定された昭和46年当時、消費者団体から『消費者はビスケットよりクッキーのほうが高級なものと認識しているので、クッキーについてなんらかの定義付けをしてほしい』との要請があり、それに応えたものです」

クラッカーとは?

クラッカーとは?

「ビスケットが甘いのに対して、クラッカーは塩味のものが多いことから、クラッカーはビスケットとは別物と思われる方もおられるかと思います。しかし、クラッカーもビスケットの一種です。小麦粉を主原料とする生地をイーストで発酵させ、成型して、高温で短時間に焼き上げます。クラッカーの特徴であるサクサクとした軽い口当たり、食感は、発酵と焼き上げによるものです」

クッキーが高級品としての呼び名だったなんて驚きです。また、ビスケットからは遠いイメージのあるクラッカーもビスケットのひとつだったんですね。

2月28日が「ビスケットの日」の由来は?

ところでなぜ、2月28日がビスケットの日に制定されたのでしょうか。

「1543年、種子島に漂着したポルトガル人は、鉄砲とともにカステラ、ビスケット、ボーロといった南蛮菓子を我が国に伝えたといわれています。しかし、当時、ビスケットは全国に展開することなく、長らく長崎の周辺にその名残をとどめたに過ぎなかったようです。

そして江戸時代になり、水戸藩の蘭医であった柴田方庵が、保存が効く食料であるビスケットに注目し、長崎留学中にオランダ人から製法を学び、そのつくり方を手紙に納めて、安政2年(1855年)2月28日に水戸藩に送ったとの記録があります。これが我が国最古のビスケットの記録です。この史実に基づき、2月28日を『ビスケットの日』としています」

2月28日は、実質、日本中にビスケットが伝わったきっかけとなった歴史的できごとのあった日というわけですね!

その初めてのビスケットのレシピでつくられたビスケットは、どんなものだったのでしょうか?

「この文書のレシピと再現されたビスケットが、下の写真です。当時のビスケットは、長期の航海に用いる保存食料としての機能を果たすためのものでした。そのため、食べれば歯が欠けそうなほど硬く、小さく割って、口の中で溶かしながら食べたと思われます」

「方庵日録」(画像は一般社団法人全国ビスケット協会提供)
「方庵日録」に基づき再現されたビスケット/イトウ製菓(株)製作(画像は一般社団法人全国ビスケット協会提供)

日本にはロングセラービスケットがいっぱい!

そして日本にビスケットが普及したのは、明治維新以後。島田さんによれば、現在のようにビスケットが親しまれるようになったのは第2次世界大戦後のことだそうです。                             

今では、日本中にビスケットがあふれていますよね。調査したところ、なかには100年や50年の歴史をもつロングセラーのビスケットもあるようです。

例えばビスケットといえば森永製菓ですが、ファンも多い「マリー」は1923年(大正12年)に生まれたと森永製菓の公式サイトに書かれていることから、2019年で96年目ということ!

また「ハードビスケット」や「米蜜ビスケット」で知られる北陸製菓は、1918年に石川県に日本あられ株式会社を設立し、石川県産のもち米を原料に、あられの生産を開始。2018年4月で100周年を迎えたところです。

イトウ製菓は創業67年のビスケット、クッキーの専業メーカー。なかでもチョコチップクッキーやバタークッキーが有名な「ミスターイトウ」は、親、子、孫の三世代に愛されるロングセラーブランドとなっています。

さらに「たべっ子どうぶつ」でおなじみのギンビスによる「アスパラガスビスケット」は1968年に誕生して以来、2018年で50周年!

その他、有名メーカーからたくさんのビスケットが出ています。2月28日のビスケットの日には、お気に入りのビスケットを食べてみるのもよいのではないでしょうか。

一般社団法人 全国ビスケット協会
全国ビスケット協会は、昭和2年の設立から92年となり、最も歴史のある食品業界団体のひとつ。会員は全国のビスケットメーカー25社で、会長は伊藤雄夫(イトウ製菓会長)。今年も、ビスケットまつりキャンペーンを実施。クイズに答えた方のなかから抽選で、2019年10月に登攀禁止になる「エアーズロック&シドニーへの旅」(14組28名)、ビスケットセット(2,280名)をプレゼント。当選者数は2月28日のビスケットの日にちなんだものです。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
石原亜香利
TAGS: