築50年のミッドセンチュリーな建物を洗練のホテルに

香港島の中環(セントラル)のビジネス街と緑豊かな香港公園との境に、2018年1月オープンした「ザ マレー香港 ニッコロホテル」。香港政府が発表した歴史的建築物のひとつ、1969年に建造されたかつての政府機関を、アイコニックなデザインを残しながらリノベート。香港において、久しぶりのラグジュアリーなホテルのオープンとあって、話題を呼んでいます。

正方形の窓が美しい「ザ マレー香港 ニッコロホテル」
正方形の窓枠が規則正しく並ぶ外壁。実はサスティナブルなデザインとしてアワードも獲得

印象的なのは、ヘリテージともいえる秀逸なデザインが見て取れる外観でしょう。25階建ての外壁一面に、正方形の埋め込み式窓が規則正しく並んでいます。このガラス窓が優れもの。45度に角度をもたせることで直射日光を避け、エアコンなどの省エネにつながるサスティナブルな設計になっています。

また、かつてドライブウェイとして使われていた1~3階は、巨大なアーチ状の柱が連なるデザイン。この場所はイベント会場として、シャネルやディオールのファッションショーやポルシェのモーターショーも開催されています。

プライベート感が心地いい、上質を集めたホテル空間

白と黒のコントラストが美しいロビー
白と黒の大理石、そして漆黒のシャンデリア。シャープな印象のロビー

樹齢100年のカシアの大木が涼しげな木陰をつくるコートヤードを横目に、ホテルのエントランスへ。ショッピングモールとの合体型ではなく、独立したホテルであるせいか、落ち着きのある風情を感じます。

1~3階まで吹き抜けになった光あふれるロビーは、白の大理石にゴールドの縁取りがアクセントに。見上げれば、韓国のアーティストによる、炭でつくった漆黒のシャンデリアが。プライベート感になごみながらも、インパクトのあるファーストコンタクトです。

N2グランドルーム
広さ50平方メートルのN2グランドルーム。ローテーブルの上には生花や写真集などが
ゴールドのシャワーヘッドが特徴のシャワールーム
ゴージャスなゴールドのシャワーヘッド。バス・アメニティーはグロウン・アルケミスト
チョコと天気予報のサービス
ターンダウンサービスの後のベッドには、明日の天気予報とチョコレート

336の客室は、その75%が50平方メートル以上。香港のホテルの平均的な客室の広さは35平方メートルなので、それを大きく上回る、ゆったりとした間取りです。

デザインのコンセプトは「コンテンポラリー・アーバン・シック」。大きな窓からは香港のシティビューや香港公園の眺めが広がります。ミニバーのラインナップやさりげなく置かれたコーヒーテーブルブック、16種から選べる枕メニューなど、細部までこだわりがたっぷり。ちなみに、リビングとガラスの壁で仕切られたバスルームは、スイッチひとつでマジックミラーに変わります。

マレー・スイートのベッドルーム
マレー・スイートのベッドルーム
マレー・スイートのバスルーム
マレー・スイートのバスルーム。シンクのミラーは一角が拡大鏡になっています

客室の最上位クラスは4室のみの「マレー・スイート」。リビングやダイニング、ベッドルームなどに加え、フィットネスルームやパントリーまでも備え、広さ225平方メートル。

なかでもバスルームの広さには目を見張り、ちょっとしたワンルームの部屋くらいはありそう。外光が降り注ぐ室内に巨大なバスタブ、カスタムメイドの大きなシンクが置かれ、フレッテ社製のふかふかのタオルやバスローブ、グロウン・アルケミストのバス・アメニティーなどが用意されています。

エグゼクティブの旅に必須な、5つのレストランやウェルネス施設も充実

ルーフトップのレストラン&バー「ポピンジェイ」
ルーフトップのレストラン&バー「ポピンジェイ」。シームレスに香港の風景と同化したような空間

レストラン&バーは5か所。新たな香港のナイトスポットとして注目を浴びるのは、ルーフトップの「ポピンジェイ」。フルハイトの大きな窓が270度ほどめぐらされ、ビジネス街や緑の香港公園、市街地のパノラマビューが広がります。

モダン・ヨーロピアンの「ザ・タイ・パン」、アフタヌーンティが人気の「ザ・ガーデン・ラウンジ」、金融街にまつわるネーミングのカクテルなどでウォール街を思わせるバー「マレー・レーン」。そして、ミシュランの星を獲得した「國福樓」も入っています。

メインレストランの「ザ・タイ・パン
モダン・ヨーロピアンを供するメインレストランの「ザ・タイ・パン」
「ザ・タイ・パン」のビュッフェとホットディッシュ
宿泊ゲストの朝食は「ザ・タイ・パン」にて、各種ビュッフェとオーダーするホットディッシュを

24時間利用できるジムやグリーンウォールの屋内プールなど、ウェルネス施設は3階に集合。スパはシンプルなメニューながら、カウンセリングのあとで、目的に応じてマッサージオイルを調合。その種類は100パターンを超えるそうです。

豊富な種類のオイル
スパではカウンセリングのもと、5種のベースオイルと20種のエッセンシャルオイルから目的に応じて数種類を調合して使用

上質を追及しつつ、プライベート感がくつろげるこのホテル、香港のノンストップな街遊びから戻ると、ほっとできる空間です。

問い合わせ先

  • The Murray Hongkon, a Niccolo Hotel TEL:852-3141-8888
  • 住所/22 Cotton Tree Drive, 香港, 中国
  • 料金/N1デラックス 6,000香港ドル/泊、マレー・スイート 51,300香港ドル/泊(税、サービス料別)
この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
WRITING :
古関千恵子
EDIT :
安念美和子