この春の流行色、グリーンのアイテムを使ったコーデを集めました。パッと目を引く明るいグリーンから、落ち着いたダークグリーンや渋めのカーキ系グリーンまで。お気に入りのグリーンコーデを見つけてください。

【目次】

グリーンのトップスを使ったコーデ


【1】ボスのグリーンニット×黒スカート

【1】ボスのグリーンニット×黒スカート
ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ウールのスカート(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

大人のブラウス選びのポイントは一枚でも華やかであること。ただし、スカートや小物まで甘めにすると過剰で野暮ったくなるので、あくまでも辛口に徹するべきです。きりっとしたスリット入りのタイトスカート、パンチの効いた小物やジュエリーが洗練されたスタイルに。

【2】Theoryのミントグリーンニット×グリーンパンツ

【2】Theoryのミントグリーンニット×グリーンパンツ
ジャケット(コロネット〈エアロン〉)、カシミヤのニット・パンツ・靴(Theory)バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

このコーディネートの最大のポイントは色使い。例えば、トップスだけグレーやベージュにすると、インパクトは半減。ワントーンでそろえるところが重要な鍵になります。また、デザインはベーシックなものにすることで、仕事中も邪魔にならず、動きやすいという利点も。簡単に洗練度アップできる「色合わせ」はぜひマスターすべきです。

【3】シクラスのライトグリーンニット×カーキパンツ

【3】シクラスのライトグリーンニット×カーキパンツ
コート・ニット(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、パンツ(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アマン〈ア ヴァケーション〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ライトグリーンのコートに、ワッシャー加工が施されたカーキのパンツを合わせたら、シンプルでもニュアンスのある着こなしに。柄のバッグで、さらにセンスアップさせましょう。

【4】ジョン スメドレーのグリーンニット×グリーン系スカーフ

【4】ジョン スメドレーのグリーンニット×グリーン系スカーフ
ニット(リーミルズエージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカーフ『赤道直下』(エルメスジャポン)、時計『ロングアイランド プティ』(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・リング・カフブレスレット(ステディ スタディ〈トムウッド〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

リズミカルな着こなしに鮮やかなグリーンが上品になじみ、着映えるのがカーキの魅力。グリーン×ブルーベースのスカーフ、パールグリーンの時計のストラップ…と、思いきってきれい色を投入しましょう。

【5】ブルネロ クチネリのグリーン柄ブラウス×カーキスカート

【5】ブルネロ クチネリのグリーン柄ブラウス×カーキスカート
ブルゾン・カーディガン・ブラウス・スカート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、イヤリング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、リング(エストネーション〈アリアナ ブザード ライフォル〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

オリーブブラウンのブルゾンに、オリーブカーキのスカート、多彩なグリーンが彩るトップス…。丁寧に色を重ねるだけで、おしゃれ鮮度が高まります。

【6】ブラミンクのミントグリーンニット×ベージュスカート

【6】ブラミンクのミントグリーンニット×ベージュスカート
カシミヤシルクスカーフ(エルメスジャポン)、ニット・スカート(ブラミンク)、ネックレスにしたブレスレット・ネックレス・リング(ポメラート・ジャパン)、サングラス(ケリングアイウエア ジャパン〈カルティエ〉)、バッグ(モラビト帝国ホテル店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

シンプルニット×クロコダイルバッグのトラディショナルな濃淡グリーンの組み合わせに、モノトーンで描かれたプリントスカーフが上品に溶け込みます。ボリュームリングやポップなサングラスで外し、今風の遊び心もさりげなくプラスしましょう。

グリーンのスカートを使ったコーデ


【1】シクラスのグリーンスカート×白シャツ

【1】シクラスのグリーンスカート×白シャツ
スカート(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、シャツ(ebure)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(コロネット〈フォルテ フォルテ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

今季の流行色、みずみずしいグリーンのスカートを休日のカジュアルスタイルに投入! 白シャツに合わせるだけでハッとするほど新鮮に。インパクトのあるバッグで着映えましょう。

【2】ボスのピーコックグリーンスカート×黒ドット柄ブラウス

【2】ボスのグリーンスカート×黒ドット柄ブラウス
スカート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ブラウス(レキップ)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ルック〈フィラージュ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ピーコックグリーンがはっと目を引く台形シルエットのラッププリーツスカートに合わせたのは、黒地にベージュの小さなドットが浮かぶブラウス。エアリーな風合いが着こなし全体にやわらかなニュアンスを授け、若々しさのなかにも大人の余裕が香る着こなしに仕上がります。スカートはプリーツをあしらったフロントスカートを左で留めるラップ仕立て。長く垂れたベルトが軽やかに揺れて、たたずまいを表情豊かに見せてくれます。

【3】エストネーションのカーキ系グリーンスカート×グリーンニット

【3】エストネーションのカーキ系グリーンスカート×ライトグリーンニット
シャツ・スカート(エストネーション)、ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴にちりばめて。仕上げは、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけして、リッチ感を演出しましょう。

【4】ブラミンクのグリーンスカート×キャメルジャケット

【4】ブラミンクのグリーンスカート×キャメルジャケット
ジャケット・スカート(ブラミンク)、Tシャツ(マッキントッシュ青山店)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(イレアナ・マクリ/ザ・ショーケース バイ デルパン GINZASIX店〈イレアナ・マクリ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

「目立つ色はボトムに!」は、色に苦手意識をもつ大人におすすめしたい攻略法のひとつ。インパクトのある光沢グリーンのスカートは、Tシャツやサファリ風ジャケットでさりげなく着くずすのがこなれて見せるコツです。

【5】M・filのグリーンスカート×白ブラウス

【5】M・filのグリーンスカート×白ブラウス
スカート(オールウェイズ〈M・fil〉)、エスカーダ スポートのブラウス・エスカーダのカーディガン(エスカーダ・ジャパン)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(GALERIEVIE 丸の内店〈SHAINA MOTE〉)、バッグ(ストラスブルゴ〈モンパナマ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

みずみずしいグリーンのスカートは涼やかなリネン素材です。オフ白のトップスを重ねて清潔感のある装いに。

グリーンのパンツを使ったコーデ


【1】J&M デヴィッドソンのグリーンパンツ×黒ジャケット

【1】J&M デヴィッドソンのグリーンパンツ×黒ジャケット
パンツ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、ジャケット(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)、カットソー(ステディ スタディ〈ベラ・フロイド〉)、ピアス・ネックレス・リング・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

主役のアップルグリーンのパンツは、王道のシルエットで人気の定番モデルの新色。織り感のある生地だから脚の線を拾わずすっきり見えます。艶黒のスモーキングジャケットには、あえてロゴTシャツで外しを加え、堅い印象にならない大人のカジュアルを提案。

【2】ドゥロワーのミントグリーンパンツ×黒ニット

【2】ドゥロワーのミントーンパンツ×黒ニット
パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉、カーディガン・ニット(スローン〈スローン〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、時計・白のレザーストラップ(ヴァシュロン・コンスタンタン〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉)、バッグ(マルティニーク丸ノ内〈カパフ〉)、 靴(クリスチャンルブタン ジャパン〈クリスチャンルブタン〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ミントグリーンのパンツは裾に向かって細めに絞ったラインが美脚と評判のモデル。ハリのあるコットンストレッチ素材です。着こなしはジャッキーをイメージしたパンツスタイル。遠目からでも印象的な色だからこそ、シックな黒と合わせてクラシカルにまとめましょう。

グリーンのアウターを使ったコーデ


【1】バリーのグリーンブルゾン×カーキスカート

【1】バリーのグリーンブルゾン×カーキスカート
ブルゾン(バリー 銀座店)、ニット(ebure)、スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエアジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ペンダント(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

旬のムードが漂う配色なら、淡くまろやかな色合いでももたつきません。バッグで光沢を添えるのがポイントです。

【2】バブアーのカーキ系グリーントレンチコート×オーガニックグリーンパンツ

【2】バブアー のオーガニックグリーントレンチコート×グレーパンツ
トレンチコート(バブアー 二子玉川店)、ニット(RHC ロンハーマン〈RHC〉)、パンツ(ブラミンク)、エメラルドグリーン×白のスカーフ(エミリオ・プッチ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

カーキ系グリーンのトレンチとオーガニックグリーンのパンツという装いに、エメラルドグリーン×白が鮮やかなスカーフをプラス。グリーン系の柄を加えるのも、華やかなこなれ感を生むテクニックです。

【3】ファビアナフィリッピのグリーンカーディガン×ベージュパンツ

【3】ファビアナフィリッピのグリーンカーディガン×ベージュパンツ
カーディガン・カットソー(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バングル(ザ ストア バイシー 代官山店〈アグメス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、ストール(ロンハーマン〈アソース メレ フォー ロンハーマン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

コットン、リネン混のニットとパンツを重ねた着こなしも、どこかモダン。鮮やかなグリーンの小物を重ね、ニュアンスのある休日スタイルに仕上げましょう。

【4】アクリスのグリーンジャケット×ベージュパンツ

【4】アクリスのグリーンジャケット×ベージュパンツ
ジャケット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、カットソー(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈トーマス・マイヤー〉)、ピアス・ペンダント・ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

インナーや小物で白を随所に効かせて抜け感をつくると、春夏らしく清々しい着こなしに仕上がります。

グリーンコーデの関連記事