10連休となったゴールデンウイークにリゾートでのバケーションを計画中の方も多いはず。リゾートでのマストアイテムは水着なわけですが、「体型の変化に対応する、大人の女性にふさわい水着が見つからない」そんな声を聞くことも少なくありません。

「大人の女性にこそおすすめなのが、ランジェリーブランドがつくる水着」と言うのは、下着のプロである川原好恵さん。まずは、その理由から紹介していただきましょう。

ボディーラインを美しく魅せる技に優れた「ランジェリーブランドの水着」。その魅力は?

ヨーロッパの百貨店のランジェリー売場やランジェリー専門店に行くと、必ずと言っていいほど水着が一緒に並んでいます。それはヨーロッパの主要ランジェリーブランドは春夏シーズンに水着を展開していることが多く、水着は泳ぐためというより、ランジェリー同様ボディーを美しく飾るためのもの、と捉えられているから。バケーションを前に「ランジェリー売場で水着を買う」というのは女性達にとって当たり前のことなのですね。

大人の女性が、そんなランジェリーブランドがつくる水着を選ぶメリットを下記にまとめてみました。

美しいボディーラインを叶える水着の魅力とは

(1)ビキニはトップ(ブラジャー)とボトム(ショーツ)が別売りされているので、より体に合ったサイズが選べる。
(2)ビキニのトップがブラジャーと同様、カップ&アンダーのサイズ展開なので、バストラインが美しく整う。
(3)ボディーラインを美しく魅せることを第一にしているため、デザインが大人っぽくてシック。

ビキニの場合、トップとボトムを別々に買えることで、「Mを買ったら、バストにはぴったりだけど、ヒップには小さい」なんて悩みも解決。

それに、トップとボトムのデザインバリエーションが豊富な場合が多いため、ボトムはハイウエスト1種類でも、トップはバンドゥとトライアングルの2種類を購入してアレンジすることなども可能。ワンピースもカッティングでウエストを細く見せるなど、ボディーラインが気になり出した大人世代にはうれしい配慮がいろいろです。

「水着なんて何年も着ていないから……」「今さら水着なんて……」そんな方にこそチャレンジしていただきたい、ランジェリーブランドの水着。ヨーロッパのマダム達のように、自信をもってビーチでのおしゃれを楽しみましょう!

美ボディーを叶える技に拍手!大人女性にこそオススメのブランド4選

ボディーラインを美しく魅せる技に優れているランジェリーブランドの水着。その中から選りすぐりの4ブランドを、川原さんにピックアップしていただきました。

■1:華やかなデザインのなかに隠れテクニックがあるトップメゾン「ラペルラ」

ターコイズブルーのラペルラの水着
ワンピース ¥36,900(ラペルラジャパン〈ラペルラ〉)

ランジェリーのトップメゾンとして知られるイタリアブランド「La Perla(ラペルラ)」。その洗練されたデザインは、ラグュアリーなリゾートがぴったり。ウエストに向かって入ったドレープがお腹部分をカバーし、大きなリボンのベルトはウエストをシェイプして見せる効果あり。優雅なデザインの中に、メリハリボディーのテクニックが隠されているあたりが流石です。

■2:ボディーに合わせてコーディネートが選べる「オーバドゥ」

3/4カップブラ¥18,000・ブラジリアンショーツ¥10,000(オーバドゥ〈オーバドゥ ジャパン〉)

フランスを代表するブランド「Aubade(オーバドゥ)」のビキニはデザインバリエーションが豊富。写真のシリーズもトップが3種類(3/4カップ、トライアングル、プランジ)、ボトムが3種類(ブラジリアン、ビキニ、ボクサー)用意されているので、9種類の組み合わせが可能です。

バストメイクしたいなら3/4カップ、バストの張りに自信があるならトライアングル、ボリュームのあるバストをホールドしたいならプランジと好みや形に合わせてセレクトできます。

■3:巧みなカッティングで美ボディーを叶える「アンドレサルダ」

アンドレサルダの水着
ワンピース¥52,000(パリスインターナショナル〈アンドレサルダ〉)

上品さとセクシーさを兼ね備えたデザインが魅力のスペインブランド「ANDRES SARDA(アンドレサルダ)」。太いラインをクロスさせてサイドを開けたデザインは、ウエストを細く見せる効果も抜群。この巧みなカッティングが美ボディーを叶えます。ビキニの展開も多く、もちろんトップはブラジャーと同じサイズ展開でセレクトできるのも魅力的。

■4:ワコールとの共同開発で生まれた、「San-ai Resort」の優秀ビキニ

San-ai Resorのビキニ
ダブルアップブラビキニ¥14,000・吸水速乾UPF50+ガウン¥8,900(San-ai Resort〈Coral veil〉)

「三愛水着楽園」が「San-ai Resort」の名でリブランディングし、大人のリゾートウェアや水着がそろうようになりました。なかでも注目したいのが、ワコールとの共同開発で生まれた、ノンワイヤーなのにぷっくりとした美胸をつくる「ダブルアップブラ」。

カップに内蔵されているワイドシートが、左右のカップが広がるのを抑えて美しい胸の形をキープ。また、下部のパッドがボリュームをアップ。試して見る価値、大いにアリです!

実は意外な落とし穴、水着を着る前の下着選びに要注意

グンゼの黒い下着
ハーフトップ¥1,800〜・ハーフショーツ¥1,000(グンゼ〈KIREILABO〉)

せっかく素敵な水着を着ていても、肌に下着の跡がくっきり……では、残念。そんな失敗に陥らないために、水着を着る前はできるだけゴムを使用せず、締め付けのない下着を選ぶのが正解。伸縮性に優れた素材を使い、接着技術で仕上げたこんな下着を選べば万全です!


最近は水着を着るシーンが増えたことを受け、2019年2月にリニューアルオープンした松屋銀座のランジェリー売場で水着が通年買えるようになったり、伊勢丹新宿店のランジェリー売場でも水着のポップアップストアがお目見えしたり、日本でも水着を取り巻く環境が変わってきています。今年こそ、お似合いの水着を見つけてくださいね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
文化服装学院卒業後、流通業界で販売促進、広報、店舗開発を約10年経験した後、フリーランスとして独立。下着通販カタログの商品企画などを経て、現在はランジェリーを中心に、雑誌、新聞、ウェブサイトなどで執筆・編集を行なう。モットーは「ラグジュアリーからプチプラまで」。国内外の展示会・店舗を幅広く取材する。
Instagram へのリンク
PHOTO :
AFLO(Image)
WRITING :
川原好恵
EDIT :
石原あや乃