「See」「look」「watch」は同じ「見る」という英単語だけれど、それぞれどんなシーンに使う?

「See」「look」「watch」

「見る」を意味する3つの英単語、「See」「look」「watch」…それぞれ、どんな場合に使う英単語でしょうか? これらは中学生向け和英辞典で、明確に違いを説明されている英単語たちです。

というわけで、クイズです。「See」「look」「watch」、次のどの場合に使う英単語でしょうか? ひとつずつ当てはめてみてください。

1:面白い動画を「見る」

2:すぐそこに学校が「見える」

3:先生のお手本をじっくり「見る」

・・・はたして、正解は?

正解? 不正解?…正しく使い分けできますか?

1:watch 継続して動きを見る際に使うので、動画を「見る」はwatchが正解!

2:see  自然に目に入る際に使うので、学校が「見える」はseeが正解!

3:look  意識して目を向ける際に使うので、先生のお手本を「見る」はlookが正解!

「見る」の英語表現、あなたはきちんと使い分けできそうですか?

来年は東京オリンピック!外国人観光客に道案内をする際に笑われないよう、しっかりおさらいしておきましょう!

参考文献:プログレッシブ中学英和・和英辞典(小学館)
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出真朱
TAGS: