職人の魂、文化を継承するブランドとしての意思

フランスのラグジュアリーメゾン エス・テー・デュポン。日本の旗艦店である銀座ブティックが、新コンセプト店舗「エス・テー・デュポン 銀座ブティック」として、2019年4月5日にリニューアルオープンしたばかり。

エス・テー・デュポンは1872年創業のフランスのラグジュアリーブランド。創業以来継承されてきた職人のノウハウにより製造される高級ライター、筆記具、レザー製品、メンズアクセサリーを展開、セレブリティーや著名人をはじめ世界中に根強いファンが存在しています。

日本には1976年に上陸。フランスの文化を継承するブランドとして、同国の歴史的重要文化財であるノートルダム大聖堂の再建支援を決定したのだそう。素敵な取り組みですよね。

■対象製品│4月に登場したばかりの新作!限定モネコレクション「印象、日の出」

エス・テー・デュポンは毎年限定コレクションを展開。2019年はモネコレクション「印象、日の出」(2019年4月発売)

売り上げの一部が寄付の対象となる製品は、今年の4月に登場したばかりの、モネコレクション「印象、日の出 」。毎年さまざまなインスピレーションを基に展開される、限定コレクションです。

フランス印象派の代表的画家クロード・モネ(1840年〜1926年)の作品にインスパイアされた、この限定コレクションは、印象派の最初の作品として知られるこの作品が、エス・テー・デュポンと同じ1872年に描かれたことに因んで発売されたもの。ペン、ライターと、各アイテムを含むライティングキット、スモーキングキットで展開されています。

■1:万年筆

モネコレクション「ラインD」万年筆【14.7x1.6cm 約45g】¥253,000

■2:ボールペン

モネコレクション「ラインD」ボールペン【14.7x1.6cm 約40g】¥188,000

■3:ライター

モネコレクション「ライン2」ライター 【6.1x3.6×1.0cm 約118g】¥274,000

メゾンの職人技が存分に発揮されたこの限定コレクション、ブルーナチュラルラッカーとイエローゴールドの艶やかなカラー、ゴールドパウダーを纏った煌めきが印象的です。

それぞれのアイテムには、モネの「印象、日の出」が原画と同様の顔料で丁寧な手仕事により描かれ、モネのサインもエングレービングで施されています。美しく変化するブルーと日の出のオレンジ色が素敵な仕上り。それぞれ1872個の個数限定で展開されるとのこと。


ブランドの世界観を特別な気分で味わえる銀座ブティックをはじめとする直営店舗は、GWのお出でかけ先にもおすすめ。オフィシャルECサイトでも、さまざまなコレクションをチェックすることができます。ラグジュアリーメゾンならではのアートピース、職人の魂に触れてみてはいかがでしょうか。

対象店舗│エス・テー・デュポン直営店 および ECサイト

銀座ブティック/新宿タカシマヤ 3F/西武 渋谷店 B館 6F/西武 池袋本店 5F/そごう 横浜店 5F/大丸 梅田店 9F/大丸 心斎橋店 11F/大丸 福岡天神店 本館 4F/名鉄百貨店本店 メンズ館1F

詳細はオフィシャルサイトにてhttps://www.st-dupont.jp/f/retail

エス・テー・デュポン オフィシャルECサイトwww.st-dupont.jp

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。