公の場で遭遇しがちな、フォーマルな言い回し。大切な場面でうっかり読み方を間違うと、教養を疑われ、さまざまなお引き合いのチャンスを、逃してしまうかもしれません。Respect(尊敬される)女性から、Shame(残念な)女性にならないために、間違いやすい日本語の読み方や意味を、いま一度おさらいしていきましょう!

【問題1】「軽々に」の正しい読み方は、次のどちら?

「軽々に」

1:かるがるに

2:けいけいに

「かるがるに」「けいけいに」

 …あなたはどちらを選びますか?

間違った日本語? 正しい日本語?

2:けいけいに が正解!

「軽々」という表記は、後につく助詞や接続詞、または意味合いによって、読み方が変わってきます。

「軽々と」と表記する場合は、「軽々」は「かるがる」と読みます。

やや文語的な言い回しとして「軽々に」と表記する場合は、「軽々」は「けいけい」と読むのです。

あとに「に」が付く場合は「軽々(けいけい)に」と読みます。

意味も微妙なニュアンスが違います。

「軽々(かるがる)」は、「たやすく、いかにも簡単に」という意味で、難易度を表す言葉。

「軽々(けいけい)」は、「慎重さを持たない、軽い気持ちで」という意味で、ものごとの重要度を表す言葉です。

ややこしいですね。あなたはきちんと使い分けできそうですか?

ではもう一問、「軽々」の会話での応用編クイズを出題します。


【問題2】次の会話例では、「かるがる」「けいけい」どちらの読みがふさわしいでしょうか?

1:彼は思い荷物を軽々と運んだ。

2:この問題を軽々に論じる事はできない。

3:彼の発言はあまりに軽々であった。

4:軽々しく話せる問題ではない。

間違った日本語? 正しい日本語?

…正解は?

1:かるがる

2:けいけい

3:けいけい

4:かるがる

が正解!

1:彼は思い荷物をかるがると運んだ。

2:この問題をけいけいに論じる事はできない。

3:彼の発言はあまりにけいけいであった。

4:かるがるしく話せる問題ではない。

となります。

4のように「軽々(かるがる)しい」と形容詞化した場合は、「けいけい」と読む場合と同じく、物事の重要度を表現する言い回しに変化します。

難易度を表現する場合は「かるがる」、重要度を表現する場合は「けいけい」です。

正しい読み分け、使い分けを身に着けて、フォーマルな場でも軽々と会話を楽しめる、素敵な女性で参りましょう!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出 真朱