「Precious.jp」の記事の中から40代~50代女性におすすめのカーラーを使った髪型をピックアップ。前髪のアレンジや、簡単な巻き方まで盛りだくさん。ぜひ自分にあった新しいヘアスタイルにチャレンジしてみてください。

【目次】

カーラーで前髪スタイリング


■まとまりのある毛束と丸みのある内巻きヘア

完成
サイド
バック
スタイリング前

【スタイリング方法】

1:前髪と頭頂部をカーラーで巻く
前髪は短い髪だけ。トップは分け目の毛流れに沿わせるように巻くのがポイント。正面から見たときにカーラーが横向きになっていればOK。
2:全体の毛先をコテで内巻きにする
コテは32mmを使用。毛束は多めに取るとまとまりとツヤが出る。巻き終わったら前髪とトップのカーラーをオフ。
3:スタイリング剤を毛先に揉み込む
バームとオイルを1:1で混ぜたものを手のひらになじませて毛先にオン。

頭頂部のカーラーは分け目の毛流れに沿わせるように巻きましょう。毛先は太めのコテでワンカールして、毛束を多めにとって巻くと、まとまりとツヤが出ます。スタイリング剤はキープ力のあるバームとツヤが出るオイルを1:1で混ぜたものがオススメ。髪の乾燥や広がりが気になる方はオイルを少し多めにしてもOK。艶やかでみずみずしい印象に仕上がります。

頬骨・エラ張りを矯正できると話題!菱形シルエットの「内巻きボブ」とは?

■ペタッとなる頭頂部をカーラーでふんわりヘアに

完成
サイド
バック

毛量も太さも十分にあるものの、頭頂部だけペタッとしてしまう友澤さんの髪。

「耳の後ろあたりの襟足部分の毛量が多く、膨らみやすいので、内側からすいて量を調節しています。表面にレイヤーを入れすぎると扱いづらくなると同時に、ちょっと古くさいスタイルになってしまうので、おすすめしないですね」(natura Aolaniのスタイリスト・玉山智士さん)

スタイリング前

【スタイリング方法】

1:最初に頭頂部、次に後頭部、最後に前髪の毛束をカーラーで巻く
毛束を頭皮に対して垂直に引き上げた状態で毛先からカーラーに巻き付ける。中央と後頭部のカーラーは後頭部方向に、前髪は顔方向に巻き付ける。
2:160度のストレートアイロンで髪の中間部から毛先に向かって通す
毛先はカールを付けたい方向に手首を返すだけで、カールアイロンを使ったようなカール感に。

多すぎる毛量は表面ではなく内側で調節しましょう。表面にレイヤーを入れ過ぎないのが若見せのポイントです。スタイリングの仕上げにアイロンを使ってツヤをプラスしましょう。

「トップはぺちゃん、襟足広がる」髪はカーラーとストレートアイロンのW使いが正解!

ショート×カーラーの巻き方


■トップと奥行きにボリュームを出すカーラーの巻き方

2.トップと奥行きにボリュームを出した襟足を引き締めるメリハリスタイル
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1:太めのカーラーでつむじの毛を巻き込みながら、頭頂部の髪を毛先から内巻きに
毛先からカーラーに巻き付けるとき、毛束の根元を前傾させるイメージで巻くのがポイント。
2:太めのカーラーで前髪を毛先から巻く
カーラーに毛先から内巻きに巻き付ける。

クセやうねりはcカールに揃え、ボリュームが不足しがちなトップの髪は根元から立たせる、襟足部分はボリュームを抑えてメリハリをつけると若々しく見えます。

首やデコルテが美しく見える!ショートヘアには、秘密があった

■女性らしさもかっこよさも醸し出すショートの巻き方

■女性らしさもかっこよさも醸し出すエレガントヘア
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1:クシでつむじ付近の髪を前に持ってくる
つむじより少し前にある毛束をクシで前に持ってくる。前髪を増やすようなイメージで。
2:フロントに持ってきた髪と前髪を大中小のホットカーラーで巻く
つむじ付近の毛束は5㎝くらいの大きなカーラーで、中間は4㎝くらい、前髪は3㎝くらいの小さなカーラーですべて前向きに巻く。
3:両サイドの髪を熱風で後ろに流す
手グシでサイドの髪を後頭部に流しながら熱風を当てる。逆サイドも同様に。
4: こめかみと耳上の髪を引っ張りながら熱風でクセ付ける
仕上げに耳上、こめかみの髪を後ろに引っ張りながら熱風を当てる。逆サイドも同様に。

つむじ周りの髪をフロントに持ってきて前髪をボリュームアップしましょう。サイドの髪はタイトにまとめると顔がシャープになります。うねりやすいこめかみ付近の髪にツヤを与えてまとめるのがコツです。

【丸顔×ペタ髪さん必見】丸い顔がシャープに、小顔になる!「前髪を厚め」にするだけ

■トップがペタッとならないカーラーの巻き方

トップにボリュームをもたせ、全体的なシルエットを菱形に整えるのがポイントです。いちばん膨らませたい菱形の横の角を頬骨よりちょっと高めに設定すると、引き締まった顔印象になります。

完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

スタイリング前
1:ドライヤーをあてながら、手ぐしで左右にとかしながらブローする
ドライヤーのあたる風向きに、手ぐしで地肌からとかすのがポイント。
左右にとかしながら、根元からしっかり乾かす。
2:頭頂部の毛束の根元にカーラーをあて、垂直に引き上げてから巻く
頭頂部の真ん中をカーラーで巻いたら、その後ろも同様にしてカーラーで巻く。

髪を乾かすときから髪の根元を立たせることを意識してドライヤーをあて、カーラーで巻くときは根元を立たせるように垂直に引き上げて巻くのがポイントです。菱形のピークを頬骨より下にしないようにしましょう。

あごのラインがシュッと見える「骨格矯正ショート」で小顔に!

ショートボブ×カーラーの巻き方


■後頭部の丸みの洗練シルエットを作るカーラーの巻き方

3.絶妙毛流れと後頭部の丸みの洗練シルエット
完成
サイド
バック

【スタイリング方法】

1:指で根元をこするようにドライヤーを当てる
ドライヤーで地肌をこすりながら乾かすと根元が立ち上がり、毛束にツヤが出る。
2:頭頂部をホットカーラーで巻く
カーラーは直径3㎝くらいのものを使用。つむじ前の毛束をふたつに分けて、後ろの毛束は後方に巻き、前の毛束は前方に向けて巻きつける。
3:髪の根元にワックスをもみ込む
パール粒大ふたつ分のワックスを根元にON。根元にワックスをもみ込まないと髪が立たないのでしっかりともみ込んで。
4:頭頂部の毛束をひとつまみして根元にスプレーをする
仕上げにハード系スプレーを根元にシュッとひと吹き。立ち上がった根元をキープして束感を作る。

スタイリングのコツは、根元をこすって根元をグッと立たせること、ワックスは毛先につけない!根元にだけON、自然にできた毛束をスプレーで長時間キープの3つです。

「若返り」と「小顔」のダブル効果を実現!ボリュームゾーンで毛束が動くふんわりショートボブ

■カーラーで仕上げる菱形ショートボブ

完成
サイド
バック

髪が柔らかく、頭のはちあたりで膨らみやすい女性は、トップがペタッとなりやすい傾向があります。カットの際には、トップに高さを出すためにレイヤーを入れ、後頭部がふんわり膨らむようにカットしてもらうといいですね。

スタイリング前

【スタイリング方法】

1:分け目とは逆サイドの毛束をとり、真っ直ぐ上に持ち上げてドライヤーを根元にあてる
垂直に持ち上げた状態でドライヤーを根元にあてると、根元がふんわり立ち上がりやすくなる。
2:3本のマジックカーラーを分け目をまたぐように頭頂部に巻く
中央と後ろのカーラーは後ろ巻き、前のカーラーは前向きに、毛先から巻く。
3:ハードタイプのワックスを髪の中間から毛先に揉み込むようになじませる
10円玉くらいのワックスを両手のひらに広げ、髪を揉み込みながらなじませる。

白髪が目立ちやすい部分にハイライトを入れ、トップをふんわり立たせてボリュームをつくるようにしましょう。後頭部を膨らませ、襟足を引き締めて菱形シルエットをつくると若見えします。

たるんだあごのラインが引き締まる!襟足を絞った「菱形ショートボブ」で小顔美人に

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。