「Precious.jp」の記事の中から、40代・50代の女性におすすめの人気コンシーラーを集めました。定番のデパコスコンシーラーで、クマやシミ、ニキビ跡などをキレイにカバーしていきましょう!

【目次】

デパコスで人気のブランドコンシーラー


■シャネル「パレット エサンシエル」

シャネル パレット エサンシエル ♯150 ¥7,000(税抜)  © CHANEL
シャネル パレット エサンシエル ♯150 ¥7,000  © CHANEL

ナチュラルかつヘルシーなツヤ肌をつくるのに必須のコンシーラーとハイライター、チークカラーの3つのアイテムが収められたパレット。左のコーラルレッドを頬の高い位置から少し下に向けて円を描くように薄く塗って。

チークの2色使いで若々しく!疲れた顔を華やかにするアンチエイジングメイク

■SUQQU「ラディアント クリーム コンシーラー」(写真:右)

(写真:右)SUQQU ラディアント クリーム コンシーラー 全3色 4g ¥5,000
(写真:右)SUQQU ラディアント クリーム コンシーラー 全3色 4g ¥5,000

重ねても透明感のあるカバー力と艶感で清潔感のある仕上がりに。保湿効果も高いので、目元に特にオススメ。年齢とともに目立ってくるクマやほうれい線。色でカバーしようとすると厚ぼったくなり、よく動く部分でもあるのでヨレる原因にも。上手にカバーするなら、光感で飛ばすのが得策です。

「SUQQU」は光と艶、さらに潤いまでも足して欠点をカバーしてくれる新名品。

これさえあれば「若見え肌」に!最強の脇役ベースメイクアイテム11選

■イヴ・サンローラン「ラディアント タッチ ハイカバー」

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ ハイカバー 全3色 ¥5,000
イヴ・サンローラン ラディアント タッチ ハイカバー 全3色 ¥5,000

1992年に誕生した、イヴ・サンローランの「ラディアント タッチ」。コンシーラーとハイタッチを超えた、魔法の筆ペンとして、長く人気を集めているアイテムです。「ラディアント タッチ ハイカバー」は、そんな「ラディアント タッチ」に、より高いカバー力をプラスしたアイテム。2種類のピグメントが新たなバランスで配合されており、高いカバー力がありながらも、透明感のあるナチュラルな仕上がりを叶えます。

もう厚塗り肌と言わせない!イヴ・サンローランのパワーアップした伝説コンシーラーと最強下地

クマ隠しにはこれ!おすすめコンシーラー


■エックスリュークス「プロケアビヨンド ライティング コンシーラー」(写真:右)

(写真:右)エックスリュークス プロケアビヨンド ライティング コンシーラー ピンク、オークル 各¥3,000
(写真:右)エックスリュークス プロケアビヨンド ライティング コンシーラー ピンク、オークル 各¥3,000

ヒト幹細胞培養液などの美容成分配合で、メイクしながらスキンケアもかなう。コンシーラーは広げすぎず、カバーしたい部分のみにピンポイントでオンするのがポイント。

大人かわいいメイク|抜け感のあるナチュラルなかわいさを作るメイク方法まとめ

■レ・メルヴェイユーズ ラデュレ「コンシーラー デイセラム」(写真:左)

(写真:左)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ コンシーラー デイセラム 01 ¥7g ¥2,800 
(写真:左)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ コンシーラー デイセラム 01 ¥7g ¥2,800 

保湿成分たっぷりのコンシーラー美容液。メイクの上にも使えるのでタッチアップのおともに。乾燥くずれしたときのメイク直しのときの強い味方です。厚塗りは老け見えの原因になってしまうので、分量には注意。

乾燥くずれVS皮脂くずれ!肌タイプ別・正しいメイク直しテクニック

乾燥肌にも安心なコンシーラー


■ローラ メルシエ「フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー 1N」(写真:左)

(写真:左)ローラ メルシエ フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー 1N ¥3,500
(写真:左)ローラ メルシエ フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー 1N ¥3,500

オイリー肌、または乾燥肌の人におすすめのコンシーラー。オイルフリーで軽やかなつけ心地。光を拡散させるソフトフォーカス効果で、肌の欠点をカバーしてくれる。

乾燥くずれVS皮脂くずれ!肌タイプ別・正しいメイク直しテクニック

■シスレー「インスタント イルミネーター ペン」

シスレー インスタント イルミネーター ペン 全3色 各¥6,200
シスレー インスタント イルミネーター ペン 全3色 各¥6,200

シスレーから発売された「インスタント イルミネーター ペン」は、メイクアップ効果とスキンケア効果を兼ね備えた、ハイライターペン。肌の影を明るくし、くすみやクマなどの気になる部分をピンポイントでカバーしながら、使い続けるほどに明るく美しい肌に整えてくれます。

光を効果的に吸収&反射する色素「スペキュラー ライト ピグメント」を配合した独自の処方。ダイヤモンドに近い屈折率で、実際に取り込んだ量よりも多くの光を拡散します。さらに、無数の小さな鏡のように光を反射させ、肌をなめらかに見せるとともに、瞬時に美しさを高める光のハレーションをつくり出します。

美人度がアップするシスレーのコンシーラー「インスタント イルミネーター ペン」とリップ「フィト ルージュ」

コンシーラーの使い方を徹底解説


くすみ、シミを消すコンシーラーの塗り方

PROCESS1:ファンデーションとコンシーラーを混ぜる

ファンデーションと混ぜることで肌なじみがよくなる。
ファンデーションと混ぜることで肌なじみがよくなる。

コンシーラーを筆に取ったら、少量のファンデーションと混ぜます。混ぜることで、コンシーラーの色がよりファンデーションの色に近づくので、肌なじみがよくなるんです。

PROCESS2:目の下のくまをカバー

筆を用いて目尻から入れます。
筆を用いて目尻から入れます。

まずは目の下のくまから。1で混ぜ合わせたコンシーラーを筆に取り、筆の平な面を使って放射状に入れます。次に、筆に残ったコンシーラーを放射状の間を埋めるようにのせましょう。間を埋めるときは、筆を小刻みに動かすと厚塗りになりません。

PROCESS3:スポンジでなじませる

ファンデーション用のスポンジでなじませます。
ファンデーション用のスポンジでなじませます。

2で入れたコンシーラーを、スポンジでなじませます。スポンジの先を使って軽くパッティングするように動かしましょう。このとき、幅広に伸ばしてしまうと、目の下全体が明るくなってしまうので、広げすぎないように注意して。

PROCESS4:シミとシミの周りをカバー

肌の気になるシミ部分にもコンシーラーを。
肌の気になるシミ部分にもコンシーラーを。

シミやニキビ跡をカバーするときは、シミとその周りに広めに塗りましょう。気持ち広めに塗ることで、ファンデーションとなじみやすくなります。

PROCESS5:スポンジでシミの周りをぼかす

塗ったら、ぼかすの繰り返し。
塗ったら、ぼかすの繰り返し。

最後に、スポンジの先を使ってコンシーラーをなじませます。そのとき、シミではなく、シミの周りをぼかすようにすると、シミ→シミの周り→ファンデーションの境目が綺麗なグラデーションになって、自然な仕上がりになるんです。

くすみ、シミは「ファンデとコンシーラーを混ぜる」で消せる!


※商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。