レモン色やマスタード、黄土色など、さまざまな黄色を使った大人の爽やかコーデを雑誌『Precious』から集めました。夏の下に映える黄色をぜひフレッシュに着こなしてください。

【目次】

黄色のトップスコーデ


【1】黄色のニット×ブラウンパンツ

ニット・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ブレスレット/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・パンツ・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ブレスレット/私物 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ときには無条件に心ときめく、きれい色を合わせて、ベーシックに変化をつけたいもの。濃厚なブラウンのパンツには、彩度の高いイエローのニットを合わせて、楽しげな着こなしに。

さらりとした質感のニットは、大胆にあしらわれた、波打つようなフリルがアクセント。美しい配色を完成させるには、小物合わせも重要と心得て、バッグと靴はブラウンの濃淡で統一しましょう。

【2】黄色ブラウス×黄色パンツ

ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)ペンダント・リング(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
ブラウス(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)ペンダント・リング(ブルガリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

穏やかさがありつつ、夏らしいエスニックムードのある「シナモン」は、トップス&ボトムの色味をそろえて着ると、より今年らしい佇いに。ソフトなシナモンのグラデーションは、おなじみのベージュワントーン感覚で挑戦しやすいのも魅力です。

ギャザーが優しげなコットンオーガンジーブラウスは、シリアスなビジネスシーンでも余裕ある雰囲気を醸し出して。アンティークコイン×ゴールドのペンダントが、キャリアにふさわしい風格とシャープな煌めきをオンしてくれます。

【3】黄色シャツ×白スカート

ブラウス・スカート(コロネット〈ニナ リッチ〉)ベルト・バッグ(トッズ・ジャパン)、バングル(エルメスジャポン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ベルト・バッグ(トッズ・ジャパン)、バングル(エルメスジャポン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

オフィスの定番的なブラウススタイルが、くすみイエローの「クミン」で夏らしくエキゾチックにアップデート。清新な白とのコンビネーションで、会議やプレゼンにも万全な、爽やかで知的なスタイルに仕上がります。

バングルで取り入れたグレージュが、クミンと絶妙なニュアンス配色を奏でるのにも注目を。メインのブラウスはきちんとしたシャツ風デザインながら、ゆったりとしたビッグシルエットでさりげなく今の気分を表現。艶やかなシルクサテンは肌映りがよく、大人にうれしい素材です。

黄色のパンツ・スカートコーデ


【1】黄色パンツ×ベージュジャケット

ジャケット・バッグ『エルメス・ツインズ』・パンツ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ『エルメス・ツインズ』・パンツ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

マリンディテールのさわやかなロープ使いが印象的なコットンキャンバスのショートアウターで颯爽と。エルメスの春夏のキーテーマのひとつは、航海の世界を表現しています。

【2】黄色スカート×シルバーブルゾン

ブルゾン・プルオーバー(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、イヤリング・リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブルゾン・プルオーバー(アンテプリマジャパン〈アンテプリマ〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、イヤリング・リング(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ペリーニ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(ヒラオインク〈クレジュリー〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

ジャケットやカーディガンでは甘さが強くなるきれい色スカートを、涼やかなシルバーブルゾンで颯爽と着こなしましょう。インは同素材ニットで端正に。

【3】黄色パンツ×黒パフスリーブトップス

トップス・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
トップス・パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

フラワー柄のジャカード素材でパフスリーブという甘めのデザインも、黒なら大人仕様に。

この夏、挑戦してみたいのが、鮮やか色のパンツを合わせる、小粋な着こなし。意識的に色数を絞り、バッグ、靴、ジュエリーを黒&ゴールドでまとめると洗練された装いに仕上がります。

【4】黄色パンツ×コットンブラウス

エアロンのトップス・フォルテ フォルテのパンツ(コロネット)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、サンダル(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年
エアロンのトップス・フォルテ フォルテのパンツ(コロネット)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、サンダル(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2019年

さらりと肌触りのいいカナリアイエローのパンツを主役に。合わせる白のコットンブラウスも、背中を大胆にのぞかせるバックシャンなタイプをチョイス。

黄色のワンピースコーデ


【1】黄色フレアワンピース×サンダル

靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ワンピース(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
靴 (ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ワンピース(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、ピアス・リング・ブレスレット(ジョージ ジェンセン ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

イエローという幸せ色の『メイセール』を主役に、さらりと心地いいワンピースをまとって。心から笑顔があふれる贅沢な時間は、とっておきの靴とともに過ごしたいものです。

【2】黄色レースワンピース×ベージュジャケット

 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

招待されたディナーがある日は、旬の華やかさのある総レースのセットアップに、ベージュでも顔周りをきりりとシャープに見せるVネックジャケットを合わせて。まさに知的で着映える会食スタイルを実践しましょう!

【3】黄色ワンピース×ネックレス

ネックレス・ブレスレット/右手・左手・リング/右手人さし指・右手薬指と左手(ハリー・ウィンストン) ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ネックレス・ブレスレット・リング(ハリー・ウィンストン)、ワンピース(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

愛らしい「忘れな草」をダイヤモンドとサファイアで華麗に表現。ワンピーススタイルがさらに女性らしく映ります。

黄色の小物コーデ


【1】黄色カフタン×スイムウェア

カフタン・スイムウエア(エルメスジャポン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カフタン・スイムウエア(エルメスジャポン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

ストライプの上にバックル柄をモダンに描いた、楽しげな水着でプールサイドへ。鮮やかなイエローのカフタンを合わせて、太陽のような華やかなオーラをまといましょう。

【2】黄色スカーフ×Tシャツ

スカーフ『カレ』・ニット・スカート(エルメスジャポン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカーフ『カレ』・ニット・スカート(エルメスジャポン) 撮影/川田有二 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

スカーフを対角線で細長くたたみ、片端を長く遊ばせるように結んで表情豊かに。

夏の黄色コーデ関連記事