リゾートといえばビーチであるが、それと同じぐらいに存在感があるのが「フォーシーズンズリゾート フアラライ」のプールだ。太平洋のすぐそばという地形を生かしたプールが7つ用意されている。海を利用したプールであったり、熱帯魚と泳げるプールであったりと、とにかくスケールが違うのだ。景色やデザインどれをとっても、日本では決して体験することのできない極上のプールを紹介する。

ハワイならではの楽しみ方ができる「フォーシーズンズリゾート フアラライ」のプール

太平洋と一体になれる天然のプール|オーシャンプール

プールと呼んで良いのだろうか。浅瀬を囲んだ溶岩の壁が防波堤の役割を果たす天然のプールが「オーシャンプール」だ。

太平洋の一部を利用した「オーシャンプール」

波にたゆたいながら、足元にはもちろん砂浜のシャリシャリとした感触もある。遊泳範囲の水深は最深部で1.5mと安全性を確保しながら、カメなどの生物と触れ合うチャンスもある。

一般的なプールと違い、間近で水平線が感じられる

プライベートビーチを持つ「フォーシーズンズリゾート フアラライ」ならではの自然が生んだプールと言えるだろう。

オーシャン・プール

  • 営業時間:毎日日の出~日没

ランチサービスもあるメインプール|ビーチツリープール

同リゾートのメインダイニングのひとつである「ビーチツリー」の隣にあるプール。目の前に太平洋が広がるロケーションは、何ものにも代えがたい贅沢さがある。

四方をキャノビーやパラソルが囲む

四方にはプライベート性があるキャノビーや、開放感を感じられるパラソルが並び、プールサイドでもゆったりとした時間をすごすことができる。

浮き輪などの道具は持ち込み不可で、静かに泳げるのも魅力。

太平洋と大空を眺めながら泳ぐひと時は特別だ

インフィニティプールではないが、太平洋に溶け込みそうなスタイリッシュなプールで泳ぐのは格別なひと時だろう。ランチサービスも実施している。

ビーチツリープール

  • 営業時間:毎日 ※日の出~日没(ランチサービス11:00〜16:30)

21歳以下は立ち入り禁止! |パームグローブプール

21歳以下は立ち入り禁止なのが、ガーデニアとプルメリアの花に囲まれ、かぐわしいアロマが香る「パームグローブプール」だ。

コンパクトな作りながら、大人しかいないため静かな時間が流れる

玄武岩に囲まれたプールの太平洋に面した先端部分は、弧を描いた優雅なフォルム。プールサイドにはシェーズロング24脚、デイベッド4台、ハンモック2つが用意され、1時間ごとにプールサイドアメニティーが提供される。

デイベッドから太平洋を眺めているだけでも気力が湧いてくる

さらにスイムアップバーやベンチでは、特製シェイブアイスや自然をテーマにしたカクテルを楽しめる。

プールサイドにあるバーカウンターは、プールに入ったままでオーダーできる

パームグローブプール

  • 営業時間:毎日日の出~日没(スタッフサービスは9:00〜日没、ランチサービス11:30〜16:00、バーカウンター11:00〜17:00)

4000匹の熱帯魚と泳ぐ「キングス・ポンド」

4つめは「フォーシーズンズ リゾート フアラライ」ならではの変わり種だ。

その名のとおり、池のような「キングス・ポンド」

「キングス・ポンド」は溶岩を切り出した680万Lの巨大な海水プール。マダラトビエイをはじめとする98種以上、4000匹もの熱帯魚が暮らす天然の水族館で一緒に泳ぐことができる。

触れるほど近くで熱帯魚が泳いでいる

海洋生物学者に海洋生物の生態を教えてもらいながらシュノーケリングできるプログラムもあり、ハワイの熱帯魚の魅力に迫ることができる。

キングス・ポンド

  • 営業時間:毎日10:00~16:00
  •  

「フォーシーズンズリゾート フアラライ」のプールは、その時の気分に合わせて使い分けられるのもうれしい。ビーチでくつろぐのも楽しみではあるが、落ち着いたプールでリラックスするのも楽しみ方のひとつだろう。より充実したステイにするためにも、参考にしていただきたい。

問い合わせ先

最上級の贅沢をフォーシーズンズですべて叶える関連記事

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
TAGS: