「フォーシーズンズリゾート フアラライ」には、太平洋のすぐそばにある立地を生かしたスペシャルディナーがある。太平洋を一望でき、沈みゆく夕日を眺めながらディナーを堪能できるのだ。目的やその時の気分によって選べるプランがハワイの滞在を楽しませてくれる。この素晴らしいロケーションを生かし、卓越した技術を持つシェフたちが演出する最高の食の体験はかけがえのない思い出になるはずだ。

ロケーション抜群!「フォーシーズンズリゾート フアラライ」のスペシャルディナー

ビーチに用意された特別なダイニングスポット「スターライトディナー」

太平洋の彼方に沈みゆく夕日を眺め、波の音を聞きながらビーチでのディナーを楽しめるのが「スターライトディナー」だ。

テーブルコーディネートもロマンティックな雰囲気

2〜12名まで対応するこのディナーには、ホスピタリティに溢れたサービスが続く。専属サーバーに案内されたテーブルには、フローリストによるフラワーアレンジメントと上質なリネン、高級食器が飾られ、料理への期待が高まる。腕をふるうのは、このディナーだけのプライベートシェフだ。

料理は4つのコースから、希望に合わせて選ぶことができる。

前菜にサーブされたハワイ島で採れた食材に、塩で味付けしたサラダ
グラスフェッドビーフのステーキや、地元産マッシュルームを使ったフライドライス

オプションでワインペアリング、ギターやウクレレの演奏、天文学者の説明を聞きながら天体望遠鏡を使って星空観察などをつけることもできる。

波音だけが聞こえる静かなビーチに、ウクレレの音色がやさしく鳴り響く

季節の花を使ったレイやテーブルのまわりに蘭の花びら、ディナー後に客室にフラワーバスを用意するなど、花をふんだんに使ったロマンティックな演出もオプションで対応してくれる。

記念日など大切な人との忘れられないディナーをしたい時に最適だ。

スターライトディナー

  • 2名$1,000 ※オプション別料金

「ベアフット テーブル」で素足に砂浜を感じながらカジュアルなイタリアンを

グループなど、カジュアルにビーチでのディナーを楽しむならレストラン「ビーチツリー」のアウトサイドテーブルで行われる「ベアフット テーブル」へ。

サンダルを脱いでテーブルへ。一度に12名まで着席できるテーブルが用意されている

ディナーはミス・ハワイのノエさんによるフラダンスでの歓迎からスタート。

ゆったりとしたフラダンスが、のんびりとした時間が流れるビーチにマッチする

フランダンスを堪能したら、ウェルカムシャンパンで乾杯。料理は“Farm to table”をコンセプトに、すべてローカルの食材を使用したイタリアン。自分の好きなものを取っていくカジュアルなスタイルだ。

ピザをはじめ、シェフおまかせの前菜を取り揃えたアンティパスト

料理は、テーブルのすぐ横に設置されたグリルで専属シェフが作ってくれ、出来立てをサーブ。熱々の食事を仲間と一緒に味わうと、よりおいしく感じる。

専属シェフによる料理の仕上げを間近で見ることもできる

料理は基本的にはシェフのチョイスだが、希望があれば聞いてもらえる。同じテーブルにつけるのは20名までだ。

スタート時はまだ太陽が顔を見せていたのに、少しずつ暮れなずんでいき、終わる頃には夜のとばりが下りている。景色の変化も同時に楽しめるプランだ。

ベアフット テーブル

  • $150(フードの注文は1人最低$1,500〜)

シェフとハワイ料理を語らう「ウル オーシャングリル シェフズテーブル ディナー」

ハワイの料理について、シェフと語らいながら食事したいなら「ウル オーシャングリル シェフズテーブル ディナー」を。これはシェフがライブクッキングをしてくれるプランだ。

バーナーでの炙りなど、ライブクッキングらしいダイナミックな演出も

食にこだわりある御仁ならば、食材や料理の背景が気になるものだ。調理しているシェフに食材やハワイの料理に関する歴史や食材などを尋ねてから、食事をすると、料理の味わい方が変わるから不思議だ。

「ケアホレ産ロブスター ジンジャー&レモングラスBBQソース クリスピーライス」

ハワイの旬の食材をふんだんに使用したコースは5皿。極上ワインとともに楽しもう。

ウル オーシャングリル シェフズテーブル ディナー

  • $295

どれもハワイの魅力をふんだんに取り入れたプランであり、旅をより豊かなものへと格上げしてくれるだろう。1日の締めくくりにふさわしい極上ディナーは楽しまないと損である。目的や一緒に食事をする相手に合わせて選びたい。サプライズ演出としても喜ばれること請け合いだ。

問い合わせ先

最上級の贅沢をフォーシーズンズですべて叶える関連記事

この記事の執筆者
フリーランスのライター・エディターとして10年以上に渡って女性誌を中心に活躍。MEN'S Preciousでは女性ならではの視点で現代紳士に必要なライフスタイルや、アイテムを提案する。
TAGS: