「Precious.jp」の記事の中から、おすすめの美白クリーム&ケア方法をまとめました。紫外線が強いこの時期、毎日の美白ケアを怠らず、シミやそばかす知らずのお肌に!

【目次】

おすすめの美白クリーム


■シャネル「ル ブラン クリーム HL」

シャネル ル ブラン クリーム HL
肌細胞を活力に満ちた状態に高め、ストレスに対する抵抗力をつけておくことで、美白効果をさらに引き出せるように。保湿力もアップ。シャネル ル ブラン クリーム HL50g ¥13,500[医薬部外品]

2002年より、もともと構想のあった新規美白有効成分の研究開発が日本でスタート。足かけ9年、外資系メーカーとして初の承認を取得した成分が「TXC」です。この「シャネル」独自の有効成分の秀逸なところは、メラニン生成に関わる情報伝達のあらゆる段階に働きかけられる点。そしてもうひとつ、メラニンの生成をストップさせるのではなく、最適化してくれる点。

肌の白さを重視するのではなく、その人自身のいちばんキレイで色ムラのない肌色に導くことが可能に。この「TXC」だからこそ、「シャネル」の美白が目指す世界基準な美しさを体現できるようになったのです。

【2011年の進化】シミ生成の各段階に働きかけるマルチな有効成分「TXC」、誕生!
開発に要したのは約9年。承認が下りるまでに3年かかり、厚労省に提出した書類の数は52000枚に及んだとのこと。「TXC」のシミを防ぐ効能はもちろん、安全性も高く評価されています。

【2014年の進化】酸化による黄ぐすみに働きかける「2yearsパールエキス」を配合し、さらに肌色を美しく
四国の宇和島で、2年の歳月をかけてていねいに育てられたパールには、保湿成分がたっぷりと含まれているうえ、表皮の酸化を防いで黄ぐすみなどを一掃させる効果があり、第二世代に追加。

【2019年の進化】細胞自体を活性化させ、回復力を高める「ウメフラワーエキス」で驚きの効果が!
ひとつひとつていねいに手摘みされた梅の花から抽出された「ウメフラワーエキス」が、今年の進化のポイントに。色ムラを抑制し、細胞のダメージを修復し、健康な細胞の成長を促す効果が。

「肌が綺麗」と褒められる肌へ!シャネルの名品美白クリーム「ル ブラン」がさらに進化

■ラ・プレリー「イルミネーティング クレーム エクストラ オーディネア」

ラ・プレリー イルミネーティング クレーム エクストラ オーディネア 60ml ¥77,900
ラ・プレリー イルミネーティング クレーム エクストラ オーディネア 60ml ¥77,900

しつこく残った色ムラ、くすみを一掃し肌を明るくしてくれます。革新的成分を高配合し、加齢による色ムラを解決するために、15年の歳月をかけて新成分を発見。さらにハリと明るさを高める成分を組み合わせたことで、凹凸のない、冴えた白肌を育成します。朝晩の化粧水、美容液のあとに顔全体に使用。エアレスポンプ式で1~2プッシュが適量。

薬レベルの実力を誇る!8つの最新「美白コスメ」を美容賢者が徹底検証

■エスティ ローダー「リニュートリィブ UR ホワイト クリーム」

2018年4月13日(金)発売 リニュートリィブ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000(税抜き)[医薬部外品]
エスティ ローダー リニュートリィブ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000[医薬部外品]

1:「ジャパニーズ アンジェリカ」「ホワイト チュベローズ」は最強美白成分!

このラグジュアリークリームには2種類の花の成分が使われており、いずれも肌の炎症の軽減を助けることで知られています。

ひとつめの花の成分は、雄大な自然を抱く北海道の地で生育している「ジャパニーズ アンジェリカ」の花のエキス。これは、肌に蓄積された色素の分解を助けることで、既に現れている「シミやソバカスなどの悩みを改善してくれる」ことが証明されているエキスです。肌のメラニンの生成反応の活性化を抑制して、新たなシミの発生も防いでくれます。

もうひとつの花の成分は、「ホワイト チュベローズ」。夜に開花し、エイジングケア効果を持っていると、古くから言い伝えられているお花です。特にこの「ホワイト チュベローズ」エキスは、最高純度とエイジング効果を持ち、極めて貴重なものと言われています。これらの2種類の花の成分が、細胞レベルでの炎症の軽減に著しく効果的で、肌の炎症のサイクルを断ち切り、未来のシミの生成と出現を抑制してくれることから、今あるシミだけでなく、これから出てくるシミまでも抑え、美白へと導いてくれるのです。

2:独自のイオン水「ブラン フローラリクシール™デュウ」が美白成分を増強!

「ジャパニーズ アンジェリカ」「ホワイト チュベローズ」の花エキスにはそれぞれ、肌の炎症を鎮め、より明るく導く効果がありますが、この効果を研ぎ澄まし、増幅させるために配合されているのが、独自成分「ブラン フローラリクシール™デュウ」です。

「ブラン フローラリクシール™デュウ」は、既にニュートリィヴのほかの商品にも採用されている、独自製法のイオン水。肌に吸収されやすく、ビタミンやミネラルを高濃度に含んでいるのが特徴です。このイオン水に、2種類の希少な花のエキスを加えた瞬間、さらに目覚ましい効果をもたらす仕組みになっています。そのことから、使い続けることで肌は明るく澄み渡り、色ムラまで均一になり、キメの整った若々しい肌へ導いてくれる「最強の美白クリーム」が完成しました。

3:「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」が長寿遺伝子に働きかけ、エイジングケア!

優れた美白効果をもつ、この「リニュートリィブ UR ホワイト クリーム」には、2で触れたイオン水に加え、エイジングケア成分として、長寿遺伝子に働きかけエイジングをサポートする「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」も配合。このテクノロジーは、肌のハリを高め、うるおい保持力を改善し、バリア機能を高めることが科学的も証明されているそうです。「サーチュイン-1(SIRT-1)テクノロジー」が、高い保湿効果と維持を実現し、肌にのせた瞬間にふっくらとしたハリをもたらし、乾燥による小ジワを目立たなくして、しなやかで弾力のある肌へ整えてくれます。

4:まろやかなテクスチャーとシトラス&フローラル系の香りで心まで満たされる!

ひとたび肌に塗ると、肌に溶け込むようなまろやかなテクスチャー。普通の美容クリームでは味わえない、まさにラグジュアリーな体験と言えます。香りはフレッシュなグリーンとシトラスをベースに、ジャスミンとスズラン、バラの花びらの甘美なフローラルをほのかなアクセントにした、フェミニンブーケをイメージ。美容クリームなのに、時間が経つとシダーとサンダルウッドのウッディノートがあり、まるで香水のように香りの変化も楽しむことができます。

1956年から、ラグジュアリークリームとしてトップを走る続けるエスティ ローダーの「ラディアント」シリーズは、一度使うと手放せない魅力があると言います。科学的に証明された確かな効果、そして驚くほど肌に馴染むテクスチャーと、香水のように変化する香りが、スキンケアを至福の時にしてくれるのは間違いないでしょう。

肌の欠点を消し去る!エスティ ローダーの「美白クリーム」が絶賛される理由

日焼け後におすすめの美白クリーム


■ポーラ「ホワイトショット RXS」

2019年5月1日発売 ポーラ ホワイトショット RXS 医薬部外品 50g ¥12,000 、リフィル ¥11,500(ともに税抜)
ポーラ ホワイトショット RXS 50g ¥12,000 、リフィル ¥11,500(医薬部外品)

暑さを感じるだけで増えるメラニンを抑制!

気温が高くなると、紫外線に対して肌が過剰に反応し、メラニンを増やしてしまい、さらには不要なメラニンを分解する力も低下するということを発見したポーラ。オリジナル複合成分「トラネキサム酸RXS※1」を配合した「ホワイトショット RXS」は、そんな暑さでメラニンが増えてしまう「暑さヤケ」を防ぐことができる最新の美白クリームなのです。

また、美白有効成分のほか、肌の透明感、肌の糖化、肌荒れを防ぐ成分も配合し、美白だけでなく美肌まで叶えてくれるスペシャルクリーム。

テクスチャーが変化する「スプラッシュショット感触」が心地いい!

テクスチャーが変化するひんやりジェルクリーム。
テクスチャーが変化するひんやりジェルクリーム。

テクスチャーはみずみずしくひんやりとしたジェルクリーム。手に取ったときはひんやり冷たく、肌に伸ばすと潤いが満ちるような感覚、塗布後は透明感のある滑らかな肌にテクスチャーが変化する「スプラッシュショット感触」。普段のスキンケアの一番最後に、顔全体に塗布するだけで、美白と美肌ケアが実現する優れもの。

夏の「暑さヤケ」に着目した期待の美白クリーム「ホワイトショット RXS」がポーラよりお目見え

日焼け後美白クリームを塗る前のケア


■美白クリームは、炎症を起こした肌を完全にクールダウンした後で

うっかり日焼けをしてしまった直後、おそらく大半の人は肌が赤くなっているはず。これは肌が炎症を起こしている状態なので、まずはクールダウンすることが大切です。濡らしたタオルや冷たいおしぼり、保冷剤をタオルで包んだものなどで冷やしてあげましょう。

タオルなどが手元にない場合は、水道水などで冷やしてあげてもOK。熱を持っているときは熱いお風呂やシャワーも控え、とにかく冷やすことを心がけましょう。触れると痛いからと言って、そのまま放置するのはNGです。

冷やす時間は日焼けの程度によるので一概には言えませんが、赤みが少しおさまる、熱を持っていたのが引いてくるなど、肌の状態に応じて対応するようにしてください。

また、シミにさせないために美白ケアを……とすぐに美白化粧水や美白クリームなどをつける方もいるかもしれません。しかし、日焼けは肌が炎症を起こしている状態。そのため普段使っている化粧水でもしみることがあります。炎症を悪化させてしまう恐れもあるので、十分にクールダウンしてから行うようにしましょう。

■保湿はクールダウンの後に

日焼け後は乾燥が気になることも。ただし、日焼けした肌はとてもデリケートな状態。保湿をするのは、肌をクールダウンさせて赤みや熱が少し引いてからにしましょう。肌の状態を見ながら行うようにしてください。

保湿には、美白クリームもいいのですが、ひんやり効果があり、テクスチャーも優しいジェルタイプのスキンケア用品をオススメします。冷蔵庫で冷やして使うとひんやり感がよりアップし、肌にも心地良いはず。鎮静効果のあるアロエが配合された「ベラリス」やコパトーンの「アフターサンオイルフリージェル」、そのほか、ナチュリエの「ハトムギ保湿ジェル」といった商品がオススメです。

鎮静効果のあるジェルを冷やして使えばひんやり快適。
鎮静効果のあるジェルを冷やして使えばひんやり快適。

日焼けアフターケア|日焼け後におすすめの美白アイテムや痛い日焼けのアフターケア方法


※掲載した商品はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。