隈 研吾氏設計、スノーピーク初となる体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」

スキーやスノーボードはもちろん、キャンプやトレッキングなどオールシーズンで大自然を満喫できるリゾートとしての注目が高まっている⻑野県白馬エリア。

そんな白馬に、2020年4月18日(土)、スノーピーク初となる最大級の体験型複合施設「Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬)」がオープンします。

白馬を舞台に、キャンプやスノピークが手がけるサイクリングやピクニックなどの新サービス、1日2組限定のスペシャルな宿泊体験が待っています。

アウトドア_1
Photo © 隈研吾建築都市設計事務所

この施設は、全体の意匠設計を世界的建築家の隈 研吾氏が担当。

①スノーピーク商品がレンタルできる新サービス「Snow Peak GO(スノーピークゴー)」があり、サイクリングやピクニックなどいったアクティビティが体験できる「野遊びエリア」

②スノーピークランドステーション白馬店やスノーピークレストラン「 Restaurant 雪峰(せっぽう)」などの物販と食が楽しめる「店舗エリア」

③白馬三山を眺めながら、本格炭火BBQのプランが楽しめる「イベントエリア」

という、3つのエリアが融合した施設です。本記事では、この施設の魅力を7つのポイントでご紹介します。

■1:白馬を舞台にアクティビティを体験できるサービス「Snow Peak GO」

アウトドア_2
「Snow Peak GO」はスノーピーク製品のレンタルに加えて、特製ランチや温泉入浴等をパッケージにした新サービス

「Snow Peak GO」は、スノーピーク製品のレンタルに加えて、特製ランチや温泉入浴、さらにe-BIKE(電動アシスト自転車)のレンタル、リフト券等をパッケージにした新サービス。手軽に野遊びを楽しめる半日プランと、モバイルハウス「住箱―JYUBAKOー」に宿泊する2つのプランが用意されています。

■2:白馬の歴史文化を肌で感じられる、ワンランク上の「サイクリング体験」 

e-BIKEをレンタルすれば、白馬の自然を満喫できるサイクリング体験が可能。ルートは、昔ながらの街並みが残る「岩岳ルート」、⺠宿発祥の地であり白馬ジャンプ競技場が残る「八方ルート」の2つが用意されており、約9~12kmの距離を走る、本格的なサイクリングができます。

■3:標高1,200mから白馬の絶景を堪能できる、ピクニックやキャンプを開催

リフトやゴンドラに乗り、山岳エリアを巡る「ピクニック体験」と「デイキャンプ体験」といったサービスを展開。

アウトドアファン御用達のスノーピークアイテムとともに、山頂で本気の「ピクニック体験」

「ピクニック体験」では、ケトル、ドリッパー、マグカップなど比較的持ち運びしやすく、ピクニックシーンで必要となるスノーピークのアイテムがレンタルでき、標高1,200m以上の山頂でワンランク上のピクニック体験ができます。コースは、「白馬岩岳マウンテンリゾート」と「北尾根高原」の2コースが用意されています。

スノピークアイテムを使って、お手軽だけど本格的な「デイキャンプ体験」

「デイキャンプ体験」では、ケトル、ドリッパー、マグカップに加え、タープやローチェアなど気軽にキャンプを楽しめるアイテムがレンタルでき、施設の芝生があるエリアでキャンプ体験が可能。

大自然の中で淹れたてのコーヒーを一服

アウトドア_3
スノーピーク製品「トラメジーノ」を使ったホットサンド

ケトル、ドリッパー、マグカップ、コーヒー豆は、「ピクニック体験」と「デイキャンプ体験」共通のサービスで、大自然の中で淹れたてのコーヒーを味わうことができます。

白馬の絶景を目の前に、サンドイッチや白馬の食材を使用したデリとスノーピークのギアで淹れたコーヒーを味わう「野遊び×コーヒー」は、ここならではの注目の新サービスです。

■4:1日2組限定、隈 研吾氏と共同開発したモバイルハウスに宿泊が可能

隈 研吾氏と共同開発したモバイルハウス「住箱―JYUBAKOー」では、1日2組限定、1泊2日3食付きのスペシャルな宿泊体験が可能。宿泊者には、白馬村中心部から清流姫川の源流を巡る、約23kmのロングツーリングコースのほか、「Restaurant 雪峰」で宿泊者限定のディナーが提供されます。

■5:ミシュラン三ツ星シェフが監修するレストラン「Restaurant 雪峰」

旅行_1
信州サーモンや信州福味鶏を使ったランチ

注目の食では、ミシュラン三ツ星を獲得した日本料理の名店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏監修のレストラン「Restaurant 雪峰(せっぽう)」がオープン。ランチに加え、ディナーでは、アラカルトやコースを楽しむことができます。

旅行_2
信州牛を使ったディナーの肉料理 
旅行_3
料理に合わせた信州産ワインなどドリンクメニュー

石川氏から受け継いだ「食材の純粋なおいしさを引き立てる」調理方法を駆使した料理は、地元食材を使った前菜や溶岩石で焼き上げるグリルなど、和のエッセンスを感じるこだわりのメニューばかり。

難しいことは考えず、身体と舌で白馬の食材をダイレクトに味わえるのも、ここならではの体験。さらに信州産を含む、自然派ワインが豊富にそろっているので、料理とともにマリアージュも楽しめます。

■6:スノーピーク限定商品や信州産の食材など、充実したお土産が買える!

「Restaurant 雪峰(せっぽう)」の他、「店舗エリア」には、ショッピングが楽しめる「スノーピークランドステーション白馬店」、「スターバックス コーヒー スノーピークランドステーション白馬店」、「白馬村観光局インフォメーション」を設置。

「スノーピークランドステーション白馬店」では、他では手に入らない限定の商品展開や、信州産の食材などの土産品の販売が予定されています。

■7:クッキングイベントなど体験プログラムも実施予定

さらに住箱やキャンプサイトでは宿泊者が楽しめるシェフ特製BBQプラン、施設前の「イベントエリア」 では白馬三山を眺めながら利用できる本格炭火BBQプランも実施予定。その他、生産者と来訪者を繋ぐ活動として、収穫やクッキングイベント、アウトドアディナーなど体験プログラムの定期開催も予定されています。


一緒に行く仲間や参加するアクティビティによって、多彩な体験ができる新感覚のマウンテンリゾート。自分なりにカスタマイズして、オンリーワンの休日を叶えてみてください。

問い合わせ先

  • Snow Peak LAND STATION HAKUBA(スノーピークランドステーション白馬
  • 開業日/2020年4月18日(土)
    営業時間/
  • スノーピークランドステーション白馬店(物販)11:00~20:00 
  • Restaurant 雪峰 11:00~15:00、17:00~22:00(L.O.21:30)
  • スターバックス コーヒー スノーピークランドステーション白馬店 白馬村観光局インフォメーション 9:00~17:00
  • ※各店舗の営業時間は繁忙期変更あり 8:00~21:00 
    予約受付/宿泊の予約開始日時、予約方法は2020年4月1日(水)12:00頃、施設Webサイト、施設公式Facebook アカウント等で発表の予定。
  • TEL:0120-010-660(ユーザーサービス)
  • 住所/⻑野県北安曇郡白馬村大字北城5497(予定)
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。